Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

環境コミュニケーション:ステークホルダーとの環境コミュニケーション -自然エネルギーの活用-

ラグビー・トップリーグ公式戦にグリーン電力を活用

  • 日本/リコー

ジャパン・ラグビー・トップリーグ2013-2014公式戦(主催:(財)日本ラグビーフットボール協会)、8月31日「リコー対コカ・コーラウエスト」、9月13日「リコー対キヤノン」、9月27日「リコー対東芝」(すべて秩父宮ラグビー場)のナイター3試合の電力を自然エネルギーで賄いました。
これは、リコーが購入している、日本自然エネルギー株式会社提供の「グリーン電力証書」を利用することにより、ラグビー場での大型映像装置やナイター照明などに使用される電力約6,000kWh分 (1試合あたり約2,000kWh×3試合)についてグリーン電力を活用したとみなすものです。これはCO2換算で2.3トンとなり、2,000kWhは一般家庭1世帯が約7ヵ月間に使用する電力量に相当します。
リコーは、外部で使用する電力についてグリーン電力を積極的に活用しており、トップリーグ公式戦では2010年1試合、2012年4試合をグリーン電力で賄いました。

ニュースリリース「リコー、ラグビー・トップリーグ公式戦にグリーン電力を活用」