日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

製品・取り組み

従来のプラスティックに代わる新素材で世界を変える

目次

温暖化による気候変動やプラスチックなどの廃棄物による環境汚染が世界規模でクローズアップされ、未来の地球や社会をよりよくする取り組みは重要度を増しています。リコーは「安心して使える」があたりまえの未来を目指し、従来のプラスチックに代わる新しい素材として植物由来のPLA(ポリ乳酸)を利用した新素材を開発しました。

新素材の名前は「PLAiR(プレアー)」植物由来の原料PLAから作られています

リコーは、この環境にやさしいPLAに早くから注目し、脱炭素・循環型社会の構築に貢献する材料と考え、素材の実用化を進めてきました。PLAはカーボンニュートラルつまり、焼却しても大気中の二酸化炭素を増加させず、さらにある一定の環境下で水と二酸化炭素に分解する(コンポスタブル:生分解性)という環境にやさしい特性を持っています。

PLAはこのように環境上優れた素材ですが、一般的に成形加工が難しいとされ、また、化石由来プラスチックに比べてコストも高いため、市場への投入が進んでいませんでした。

独自の「CO2微細発泡技術」により誕生

リコーは、研究を続けることで、加工プロセスに超臨界CO2を利用し、混練工程でPLA中にフィラー(発泡核剤)を均一に分散させ、そのフィラーを核に発泡させることで、数十ミクロン単位の均一な気泡を作成することに成功しました。

この独自の「CO2微細発泡技術」により生まれたのが、しなやかで、強く、環境にやさしい発泡PLAシート“PLAiR”(プレアー)です。発泡倍率を変えることで、用途に応じて、緩衝・梱包材料から食品容器・トレーまで幅広く対応できるようになりました。

環境省の「脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業」でリコーの提案した「独自の発泡技術による軽量でしなやかな発泡PLAシート素材開発」が採択されています。

製品

PLAiR

PLAiRのサンプルなど詳しい情報はこちらから

詳しく見る

社員が語る
ショートムービー

STAFF MOVIE

PLAiRの開発スタッフが登場する動画はこちら

関連記事