RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
Main content

2018年10月13日:磐梯山

参加者:L澤田・櫻井・甲谷・中谷・佐藤・月岡・堀・伊藤・梁井・平野


久しぶりに大人数の山行となった。
磐梯山は学生の頃裏磐梯で居候していたので行くチャンスはいくらでもあったが、今まで一度も登っていない。
2時少し前にロープウェー駅の駐車場に着いたがガラガラであった。
八方台と違って翁島登山口は人気が無いのだろうか。
静かなので仮眠にはもってこいである。

10月13日(土) 晴れ時々曇り
 ロープウェー駅駐車場6:55-翁島登山口7:05-ロープウェー駅分岐8:00-磐梯山10:00/11:00-駐車場13:25

6時起床。結構寒い。
天気が良い。
ホテルの方に行って登山口を探すが見つからない。
中谷さんが持って来た周辺の拡大図を見るとゲレンデを横切る道路の辺りから登山道がありそうである。
支度をしてゲレンデを右側に向かって登り出す。
しばらく登ると登山口の標識があり一安心。
いきなり急登が始まる。

ロープウェー駐車場 ゲレンデを登る 翁島登山口 ゲレンデからの磐梯山

今日は大人数なのでゆっくり歩くように心掛けていたが若手は余裕過ぎるようである。
しばらくはゲレンデと平行する林の中を進むが、落ち葉が多く濡れていて下りは滑らないか心配なルートである。
約1hでロープウェー駅からのルートと合流した地点で一本たてる。
それなりに紅葉しているのだが、真っ赤や真っ黄色の木々は無く、9月がいつまでも暑かったのと台風が多かったことで、今年の紅葉は今一つなのかもしれない。

ちらほらと紅葉 紅葉の中

ここからもひたすら上を目指すルートが続く。
ゲレンデ脇と違って、偶に山頂や猪苗代湖が見えるのが、疲れを癒やしてくれる。
次に開けた広い所で一本たてよう。そう思うのだがなかなか良さそうな所が無い。
人数が多いと休憩場所が限られてくる。
翁島からのルートはロープウェーが動き出す前は人が少ないので助かる。

岩場の手前が広くなっているので一本たてる。
あと1ピッチで山頂に着くだろうか。
歩き出すと岩に4合目と書かれている。
まだまだ先が長いの?
そんなはずは無いのだが…
思っていたのと違う表示があるとモチベーションが下がってしまう。

山の上に人が立っている。
あれ山頂?
そう思っていると「もう一息」と書かれている。
あと少しならと思ってペースを上げる。

ひたすら登る もう一息

10:00 人でごった返す山頂に到着する。
記念撮影はあとにして、裏磐梯が見える方に進む。
裏磐梯からいつも見ていた噴火跡が足元に見え、桧原湖も見えている。
猫魔も見えている。
登っている時には見えていた猪苗代湖側がガスの中なのが残念である。
山頂ではコーヒーを淹れてノンビリする。

裏磐梯側 桧原湖 磐梯山山頂にて

11:00 下山開始。
この時点では裏磐梯側もガスの中、360°の眺望は望めなかった。
翁島登山口からもぞくぞく登って来る。
ロープウェーの運行時間になっているので、流石に人が多い。

天狗岩? 麓は? 紅葉の中を下山 今日最大の難関?

ゆっくり下って分岐からゲレンデに出る。
リフト降場が展望台のようで気持ち良い風景となっている。
猪苗代湖が良く見えている。
振り返って山頂を見るが上だけガスの中から抜け出していない。

下の方は紅葉している 翁島登山口到着 ロープウェー駅到着

13:25駐車場到着。
ホテルの前に移動して、温泉に入ってから帰路に着くことにする。

グランドサンピア猪苗代リゾートホテルの日帰り入浴は1000円。
誰もお風呂に入っていなかったので、ノンビリしてしまった。

コースタイム

記録:澤田
写真:月岡・堀・澤田