Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

平成31年3月期 第3四半期決算短信〔IFRS〕(連結)

平成31年2月7日

上場会社名 株式会社リコー

上場取引所 東

コード番号 7752

URL http://jp.ricoh.com/IR/

代表者 (役職名) 代表取締役 社長執行役員 (氏名) 山下 良則

問合せ先責任者  (役職名) 取締役 専務執行役員 (氏名) 松石 秀隆 (TEL) 050-3814-2805(直通)

四半期報告書提出予定日 平成31年2月13日

配当支払開始予定日 -

四半期決算補足説明資料作成の有無 : 有

四半期決算説明会開催の有無 : 有

(百万円未満四捨五入)

1. 平成31年3月期第3四半期の連結業績(平成30年4月1日~平成30年12月31日)

(1) 連結経営成績(累計)

(%表示は、対前年同四半期増減率)

  売上高 営業利益 税引前利益 四半期利益 親会社の所有者に
帰属する四半期利益
四半期包括利益
合計額

百万円 百万円 百万円 百万円 百万円 百万円
31年3月期
第3四半期
1,489,451 △1.8 79,179 64.8 76,897 78.1 55,008 152.4 50,633 192.1 46,014 △31.9
30年3月期
第3四半期
1,516,200 3.2 48,034 68.1 43,165 65.0 21,798 152.8 17,335 321.4 67,610 461.6
  基本的1株当たり四半期利益 希薄化後1株当たり四半期利益

円  銭 円  銭
31年3月期 第3四半期 69.85
30年3月期 第3四半期 23.91

(注) 「基本的1株当たり四半期利益」及び「希薄化後1株当たり四半期利益」は、「親会社の所有者に帰属する四半期利益」をもとに算定しております。

連結経営成績はこちら

(2) 連結財政状態

資産合計 資本合計 親会社の所有者に
帰属する持分
親会社所有者
帰属持分比率
百万円 百万円 百万円
31年3月期 第3四半期 2,662,032 1,028,905 944,016 35.5
30年3月期 2,641,030 988,755 909,565 34.4

連結財政状態はこちら

2. 配当の状況

  年間配当金
第1四半期末 第3四半期末 第3四半期末 期末 合計
  円  銭 円  銭 円  銭 円  銭 円  銭
30年3月期 7.50 7.50 15.00
31年3月期 10.00    
31年3月期(予想)       10.00 20.00

(注) 直近に公表されている配当予想からの修正の有無 : 無

配当の状況はこちら

3. 平成31年3月期の連結業績予想(平成30年4月1日~平成31年3月31日)

(%表示は、対前期増減率)

  売上高 営業利益 税引前利益 当期利益 親会社の所有者に
帰属する当期利益
基本的1株当たり
当期利益
  百万円 百万円 百万円 百万円 百万円 円  銭
通期 2,040,000 △1.1 85,000 82,000 60,000 54,000 74.50

(注) 直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 無

連結業績予想はこちら

※ 注記事項

(1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無
 (連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)
 新規 -社(社名)  、除外 -社(社名)

(2)会計方針の変更・会計上の見積りの変更
 [1] IFRSにより要求される会計方針の変更 : 有
 [2] [1]以外の会計方針の変更 : 無
 [3] 会計上の見積りの変更 : 無

 (注) 詳細は、添付資料P.14「2.要約四半期連結財務諸表及び主な注記(7)会計方針の変更」をご覧ください。

(3)発行済株式数(普通株式)

[1] 期末発行済株式数(自己株式を含む) 31年3月期 3Q 744,912,078株 30年3月期 744,912,078株
[2] 期末自己株式数 31年3月期 3Q 20,047,046株 30年3月期 20,040,659株
[3] 期中平均株式数(四半期累計) 31年3月期 3Q 724,868,405株 30年3月期 3Q 724,878,605株

発行済株式数はこちら

※四半期決算短信は公認会計士又は監査法人の四半期レビューの対象外です。

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
 本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。
業績予想の前提条件その他の関連する事項については、【添付資料】P.4「1.当四半期の連結業績等に関する定性的情報(3)連結業績予想に関する定性的情報」をご覧ください。