リコーグループの現況

(1)当年度の事業の状況

事業の経過および成果

地域別売上高の状況

地域別売上高(連結)
+
日本
7,675億円(前年度比0.8%増)

国内の売上高については、オフィスイメージングの売上高が減少したものの、ネットワークシステムソリューションにおけるソリューション商材やプロダクションプリンティングのカットシートのカラー機が伸長しました。また、産業分野およびその他分野の売上高が増加しました。結果として、国内全体の売上高は前年度に比べ 0.8%増加し 7,675億円となりました。

 
米州
6,090億円(前年度比12.2%減)

米州においては、対米ドルでの円高の影響に加え、主にオフィスイメージングの売上高が減少しました。結果として、米州全体の売上高は前年度に比べ 12.2%減少し 6,090億円となりました。なお、為替影響を除く試算では、前年度に比べ 2.7%の減少となります。

欧州・中東・アフリカ
4,564億円(前年度比14.0%減)

欧州・中東・アフリカでは、その他事業、および、カットシートのカラー機およびアフターセールスを中心としたプロダクションプリンティングの売上高が増加したものの、対ユーロでの円高の影響により売上高が減少しました。結果として、欧州・中東・アフリカ全体の売上高は前年度に比べ 14.0%減少し 4,564億円となりました。なお、為替影響を除く試算では、前年度に比べ 4.1%の減少となります。

その他
1,958億円(前年度比12.1%減)

その他地域は、オフィスイメージングの関連消耗品やサービス等の売上高が増加し、プロダクションプリンティングも拡大したものの、円高の影響に加え、ネットワークシステムソリューションの売上高が減少しました。結果として、その他地域全体の売上高は、前年度と比べ 12.1%減少し 1,958億円となりました。なお、為替の影響を除く試算では、前年度に比べ 2.8%の減少となります。

閉じる ▲
  1. 前ページ
    部門別売上高の状況へ
  2.  
  3. 次ページ
    対処すべき課題へ