Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ホワイトペーパー

リコーのホワイトペーパー

リコーは、提供する製品・サービス、またさまざまな取組みや活動の考え方について、ホワイトペーパーという形で情報を整理し、公開しています。

企業活動

お客様価値を高めるための革新的ものづくりコンセプト「作らずに創る」

お客様価値を高めるための革新的ものづくりコンセプト「作らずに創る」

(PDF:29P/1.16MB)

ワーキング環境が急速に変化する中、お客様の最新のニーズにいち早く応えるためのものづくり手法が必要となっています。リコーグループは2002年以降、顧客起点でのものづくりプロセス改革「作らずに創る」を展開し、お客様価値の増大に努めてきました。本ホワイトペーパーでは、「作らない部分を増やす」「作るならロバスト性の高いものを創る」「ものを創らず検証する」「創り手を強化する」の5軸から成るこの改革がなぜ必要とされ、どのように展開され、いかなる価値提供につながったのかを明らかにしていきます。

2014 年 7 月 4 日 Version 1.0.1

持続可能な社会の実現を目指すリコーの環境経営

持続可能な社会の実現を目指すリコーの環境経営

(PDF:20P/2.44MB)

リコーは、地球環境問題に対して企業が果たすべき役割をいち早く認識し、1990 年代から環境保全と利益創出の同時実現を図る環境経営に取り組んできました。長期的な視点に立ってビジョンを描き、目指す姿の実現に向けた通過点として環境目標を設定するバックキャスティング方式を採用し、製品ライフサイクルの各ステージで技術開発と保全活動を計画的に推進しています。環境配慮型の製品やサービスを提供するだけでなく、お客様、パートナー企業と一体となって、より環境負荷の低いビジネスモデルを構築することで、社会全体の環境負荷低減を目指しています。

2016 年 4 月 7 日 Version 1.1.3

オフィス分野

新たな「コラボレーション」が組織を強くする ~事例にみる働き方の変化と新たな価値の発見~

新たな「コラボレーション」が組織を強くする ~事例にみる働き方の変化と新たな価値の発見~

(PDF:19P/977KB)

急速に進展したICT(情報通信技術)は、企業や組織においてどのように活用されているのでしょうか。扱いやすさやセキュリティ面において、気軽に安心して使うことができているのでしょうか。本ホワイトペーパーでは、リコーが提供する簡単でセキュアに使える新たなコラボレーションツールを導入したことによって、コストダウンや時間の節約だけでなく、結果的に業務の質や提供するサービスの質までもが大きく変わった事例をご紹介します。リコーのICTツールを導入してお客様自身がコミュニケーションを変革することで、組織が強化されるという新しい価値が見出されました。

2016 年 8 月 31 日 Version 1.1.1

これからのビジネスを支える新たな「コラボレーション」

これからのビジネスを支える新たな「コラボレーション」

(PDF:19P/786KB)

ICT(情報通信技術)の急速な進展は、企業や組織における仕事のやり方に大きな変革をもたらしましたが、オフィスにおける会議やコラボレーションの場にはその恩恵はほとんど及んでいません。経済環境が厳しさを増す中、ビジネスの現場では、新たな価値提供を目指したコラボレーションが急務となっています。本ホワイトペーパーでは、リコーがオフィスコミュニケーション分野での取り組みを通して得てきた知見に基づき、従来の会議やコミュニケーション環境が抱える課題を明らかにするとともに、今後求められる新たなコラボレーションのあるべき姿を提示します。

2013 年 2 月 18 日 Version 1.2.0

産業分野

快適な社会インフラづくりを目指すリコーの新世代マシンビジョン

快適な社会インフラづくりを目指すリコーの新世代マシンビジョン

(PDF:12P/736KB)

マシンビジョンの応用範囲が拡大する中、リコーは創業以来培ってきた光学、電子デバイス、画像処理技術などを融合した新たな価値提供を行っています。すでにFA、車載、セキュリティ、流通などの分野でリコーのマシンビジョンが使われています。今後も2 次元、3 次元、さらには不可視・多次元領域まで、幅広いニーズに応えられる光学システム技術を通して社会インフラづくりに貢献し続けていきます。

2016 年 9 月 30 日 Version 1.2.1