RICOH imagine. change.
画像:nano tech 2018 出展レポート1
画像:nano tech 2018 出展レポート2

リコーのプリント技術を様々な分野へ応用

2018年2月14日から3日間、東京ビッグサイトで開催された世界最大のナノテクノロジー総合展&技術会議「nano tech 2018 第17回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議 」が開催されました。
リコーは「想像しよう 未来の社会を ともに ~プリントのちからをどこまでも~」をコンセプトに、産業分野やヘルスケア分野に応用されているリコーのプリンティング技術をご紹介しました。全世界から多くのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました

リコーブースの様子

リコーは独自のインクジェット技術に40年以上取り組みつづけています。
オフィスでのプリントからはじまった技術は、産業用印刷や産業技術、ヘルスケアなど、衣・食・住のさまざまな領域へと展開されつつあります。
プリントによる新しい価値、新しい体験をご紹介しました。

ブース展示内容ダイジェスト

産業用印刷

インクジェットの用途展開

オフィスプリントから工業製品加飾まで幅広く対応

産業用インクジェットヘッド

様々なインクの高精細かつ安定した吐出が可能

製品紹介

LED硬化型UVインクジェットインク

基材対応性に優れ、生産性が高く、低臭気

小型ガーメントプリンター RICOH Ri 100

その場で簡単に衣類プリント

製品紹介

立体複製画技術

インクジェット技術を応用して筆のタッチまで再現

画像:ガーメントプリンターRICOH Ri 100

産業技術

インクジェットプリンティング法によるピエゾ膜の形成技術

振動デバイス等を印刷で形成

技術紹介

新規蓄電素子

キャパシタと二次電池の特性を併せ持つ

技術紹介

エンジニアリングプラスチックのパウダー化技術

独自の粉末加工技術による新たな価値提供

画像:ガーメントプリンターRICOH Ri 100

ヘルスケア

バイオ3Dプリンター

インクジェットで細胞の数や配置を制御し医療分野に革新

技術紹介

画像:ガーメントプリンターRICOH Ri 100