Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

2018年 結果報告

「エコプロ2018 ~ SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」 展示報告

日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2018」が、12月6,7,8日の3日間、東京ビッグサイトで開催されました。リコーブースにも3日間を通じて多くのお客様にお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。 

出展レポート

リコーブースでは2017年4月経営戦略に基づき設定した「環境目標」への挑戦と、気候変動に関するイニシアティブへの参加状況、「エコソリューションの各取り組み」を中心にご紹介しました。

バーチャルブース

「エコプロ2018」に出展したリコーブースを、バーチャルでご体感いただけます。
このバーチャルブースは、360°カメラによるバーチャルツアーソリューション「THETA 360.biz」を使用しています。

展示内容

・メインステージ
持続可能な社会の実現を加速させるために、高い環境目標を設定し、パートナーの皆さんと取り組んでいる数々のソリューションをご紹介しました。

画像1:メインステージ

画像2:メインステージ

・脱炭素社会の実現
「使用するエネルギーを減らす」ための省エネソリューション(直管型LED)や、照明・空調制御システム、工場の制御をご紹介しました。また、太陽光発電がエネルギーを生み出すための太陽光発電O&Mサービスや、未利用エネルギーを活かすための「エネルギーを作る」では、マイクロ水力発電システムや木質バイオマスの利活用、リコーの開発しているDSSC(全固体型色素増感太陽電池)をはじめとする太陽電池と発電ゴムを使った球速測定システムをご紹介しました。

画像1:脱炭素社会の実現

画像2:脱炭素社会の実現

・循環型社会の実現
リコーが再生機(リコンディショニング機)を制作するためにマシンの管理をカラーコードとAGV(自動搬送車)を使って効率化していることや、細かい部品までとことん取り組んでいるリユース、管理や循環利用が可能な包装材、くりかえし再生できるプラスチック、ペットボトルについているラベルをなくしレーザーで印字を行うペットボトルのラベルレス化をご紹介しました。

画像1:循環型社会の実現

画像2:循環型社会の実現

・生物多様性の取組み
地球の再生能力向上につながる森林保全活動は、自然の生物を救うだけでなく、その地域に暮らす人達の暮らしを支えることにもなります。世界・日本各地での取り組みをご紹介しました。

・出どころが確かな記事をAIがレコメンドする、雑誌記事の配信サービス「デドコロ」のご紹介を行い、トライアル登録のご案内をいたしました。

3日間、たくさんのお客様にご来場頂き、誠にありがとうございました。