Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

成長の変遷

お客様や社会の期待に応えながら
価値を創出しつづけてきました

● 事業の歩み

● ESGの歩み

1936〜
創業事務機分野進出

感光紙事業から始まり、カメラ事業ではカメラの大量生産体制をわが国で初めて確立し、一般大衆へのカメラの普及を促進。事務機分野へも進出しました。

1936 ●

理研感光紙株式会社設立(リコーグループ創業)

1938 ●

社名を理研光学工業株式会社に変更

1950 ●

「リコーフレックスⅢ」を発売

1955 ●

ジアゾ複写機の1号機「リコピー101」発売

1962 ●
1962 

「リコーオートハーフ」発売
アメリカに現地法人Ricoh Industries,U.S.A. Inc.設立

1965 ●

静電複写機「電子リコピーBS-1」発売

1967 ●

電動式計算機「リコマック201」発売

画像:1936〜 創業 — 事務機分野進出

1970〜
オフィス・オートメーション(OA)を提唱

業界で初めてOAを提唱。普通紙PPC*をはじめ、さまざまな機器を提供し、オフィスの生産性向上を支援しました。

1971 ●

オフィスコンピューターの1号機「リコム8」発売

1972 ●

乾式PPC「リコーPPC900」発売

1973 ●

アメリカに生産関連会社Ricoh Electronics, Inc.設立

1974 ●

事務用高速ファクシミリの1号機「リファクス600S」発売

1976 ●

環境推進室設立

1977 ●

業界で初めてOAを提唱

1979 ●

アメリカに研究開発のための現地法人
Ricoh Systems, Inc.設立

1980 ●

食品POSシステム用の感熱紙
「リコーサーマルペーパータイプ110LA」発売

1983 ●

レーザープリンター「リコーLP4120」発売

* PPC: plain paper copier (普通紙複写機)

画像:1970〜 オフィス・オートメーション(OA)を提唱

1986〜
デジタル化を推進

アナログ複写機からデジタル複合機(MFP)へ移行、普及にも貢献。その後もネットワーク化・カラー化を推進しました。

1987 ●

デジタル複写機「IMAGIO 320」発売

1990 ●

デジタルカラー複写機「アーテージ8000」発売

1991 ●

中国・深圳市に生産会社 Ricoh Asia Industry (Shenzhen) Ltd. 設立

1992 ●

「リコー環境綱領」制定、ISO9002取得

1995 ●

御殿場事業所が「ISO / DIS14001」の日本の認証機関による第1号の認証を取得

1995 ●

アメリカSavin Corporation、イギリスGestetner Holdings PLCを子会社化

1995 

リコー初のデジタルカメラ「DC-1」発売

1996 ●

世界初の書き換え可能なCD-RWディスク発売

1999 ●

日本経営品質賞(JQA)受賞

2000 ●

社外取締役招聘、執行役員制度導入

画像:1986〜 デジタル化を推進

2001〜
グローバルカンパニーへ

グローバルな販売体制を構築し、海外売上高比率が50%を超えました。同時に、CSR室を発足させるなどグローバルカンパニーとして企業の社会的責任に本格的に取り組み始めました。

2001 ●

世界で初めて動画の処理を実現した
「JPEG2000準拠LSI」開発

2002 ●

「国連グローバルコンパクト」に署名

2003 ●

CSR室発足

2003 ●

リコーグループCSR憲章制定

2003 ●

リコーグループ行動規範制定

2003 ●

リコーグループがWEC(World Environment Center)ゴールドメダル受賞

2004 ●

日立プリンティングソリューションズを子会社化

2006 ●

2050年長期環境ビジョン策定

2007 ●

リコーとIBMの共同出資会社InfoPrint Solutions Companyが営業開始

2008 ●

カラープロダクションプリンター「RICOH Pro C900」発売

2008 ●

アメリカ IKON Office Solutions, Inc.を子会社化

2009 ●

生物多様性方針制定

画像:2001〜 グローバルカンパニーへ

2010〜
新たなお客様価値の創造へ

お客様のワークスタイルの急速な変化に伴い、リコーの価値提供領域も大きく拡がり始めました。

2011 ●

ペンタックスリコーイメージング株式会社を発足
(現:リコーイメージング株式会社)

2011 ●

超短焦点プロジェクター「RICOH PJ WX4130N」発売

2011 ●

テレビ会議システム「リコー ユニファイド コミュニケーション システム P3000」発売

2013 ●

「リコー インタラクティブ ホワイトボードD5500」発売

2013 ●

全天球カメラ「RICOH THETA」発売

2014 ●

アディティブ・マニュファクチャリング事業に参入

2015 ●

リコー環境事業開発センター開所

2015 ●

RICOH Future House開設

2016 ●

ヘルスケア分野に参入

画像:2010〜 新たなお客様価値の創造へ