Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

プリンティング

商用印刷

印刷のトータルソリューションを実現

オンデマンド対応に強みを発揮するデジタル印刷機に高いソリューション力を組み合わせ、
「Offset to Digital」(オフセット印刷からデジタル印刷への転換)を推進します。

戦略の方向性

  • 既存のお客様にワークフローソリューションを提供し、利益を拡大
  • 大手商用印刷業のお客様を新規獲得し、事業を拡大
Peter Williams
  • 商用印刷・産業印刷担当
  • (株)リコー 執行役員
    CIP事業本部長
  • Peter Williams

事業環境と成長領域

リコーグループでは、印刷市場のニーズの変化に注目し、2007年からプロダクションプリンティング(PP)事業に本格参入し、企業内における集中印刷や基幹業務印刷をはじめ、商用印刷におけるプリントオンデマンド(POD)など、市場のさまざまなニーズに対応する製品・サービスを拡充してきました。特に、広告や宣伝・出版などの印刷業者をお客様とする商用印刷分野は多様なニーズが存在する成長余地の大きな分野であると考えられており、アナログのオフセット印刷を含めた市場規模は40兆から50兆円といわれています。また、従来のオフセット印刷のみならず、印刷物を必要な分量だけ随時小ロットで印刷するオンデマンド印刷やバリアブル印刷などの高付加価値印刷へのニーズが拡大しています。
こうした市場の動きに応えるため、リコーグループは印刷業のお客様に向けて、性能面・価格面に強みをもつ商品とワークフローソリューションを組み合わせた提案を行い、「Offset to Digital」を実現するとともに、大手商用印刷のお客様の新規獲得を目指します。また、リコーグループのもつプリンティング技術・ノウハウを融合した先進的な印刷プロセスの提案や、コンサルティングから印刷、デリバリーに至るお客様のバリューチェーン全体の生産性向上に寄与するソリューション提案にも力を入れています。
さらに、過去数年にわたって戦略的投資や買収を行ってきたPTI社、Avanti社、インターコネクト社等の有する技術や機能・ノウハウを活かし、お客様のビジネスのワークフローをトータルに支援できる体制をより一層整えていく考えです。

印刷事業を営むお客様の事業拡大をサポートするトータルソリューション

印刷事業を営むお客様の事業拡大をサポートするトータルソリューション

画像を拡大

新たな価値を提供する製品ラインアップ

商用印刷分野では、カラーカットシート(CS)機が収益力向上をけん引する要因となっています。
2017年1月に発売したカラープロダクションプリンター「RICOH Pro C5210S/C5200S」は用紙対応力の強化、品質の向上を実現しました。リコー独自の重合法によるオイルレスの「カラーPxP-EQトナー」や、面発光型半導体レーザー技術により高画質・高品質を実現するとともに、高速化や静音性、ウォームアップタイムの向上を図り、お客様に快適なビジネス環境を提供しています。
また、ホワイトトナーや蛍光トナーの使用が可能な「RICOH Pro C7100シリーズ」を提供。よりデザイン性が高く高付加価値な印刷物への活用が進んでいます。
モノクロプロダクションプリンター「RICOH Pro 8200シリーズ」は、前身機を上回る生産性や高画質を実現し、企業内での大量印刷ニーズが高い流通業、金融業、官公庁をはじめ、商用印刷を手がける印刷事業者のお客様で積極的に活用いただいています。

デザイン性に富んだ高付加価値印刷物
デザイン性に富んだ高付加価値印刷物

ホワイトトナーを使った販促物

ホワイトトナーを使った販促物

>蛍光トナーを使った販促物

蛍光トナーを使った販促物

お客様とともに、商用印刷の可能性を拡げる

2016年11月、RICOH Customer Experience Center(CEC)を、東京都大田区とタイ・ラヨーン県に開設しました。英国、米国につづいて、東京とタイにもCECを開設したことで、4極すべてにCECが設置されました。CEC TOKYOは、商用印刷の受注から編集、印刷、後加工、梱包、発送までの一連のワークフローをお客様に体感いただく、「魅せる印刷工場」をコンセプトとしています。印刷業務の自社実践を通して、お客様のビジネスを深く理解し、ものづくり(開発・企画・生産)への反映と革新的なソリューションをお客様に提供しています。また、長年リコーの生産分野で培ってきた、ものづくりノウハウをお客様へ提供し、業務課題をサポートするコンサルティングサービスを通じて、お客様の業務改善提案を行い、信頼性の強化と商用印刷市場におけるリコーのプレゼンス向上に取り組んでいます。
各極のCECが連携することで、ノウハウを共有しお客様のさまざまなご要望にもお応えしながら、成長領域である商用印刷事業のさらなる拡大を目指していきます。

Customer Experience Center TOKYO

CEC(東京)

Customer Experience Center Thailand

CEC(タイ)

産業印刷

長年培ったインクジェット技術でプリントの可能性を拡げる

産業用インクジェットヘッドに加え、作像システムや産業プリンターの提供で、
お客様のバリューチェーンの変革を支えます。

戦略の方向性

  • 産業用インクジェットヘッドとインクの開発・販売強化で、シェアを向上
  • 産業用インクジェット技術を活用した、作像システム、プリンター分野の拡大
Peter Williams
  • 商用印刷・産業印刷担当
  • (株)リコー 執行役員
    CIP事業本部長
  • Peter Williams

事業環境と成長領域

リコーグループは、信頼性とコストパフォーマンスに優れた「産業用インクジェットヘッド」や、安全性・機能性が高くお客様の用途に合わせて選択いただける「インクジェット用インク」など、40年以上取り組みつづけてきたリコー独自の技術の強みを活かし、産業印刷の分野に参入しました。
現在、他社製品への組み込みをターゲットとした「ヘッド事業」「作像システム事業」に加え「産業プリンター事業」の3つの事業を軸に、製品・ソリューションを提供しています。
産業印刷の市場では、家具や壁紙、自動車外装、服飾品生地、ペットボトルのラベル、サイネージなど、世の中のあらゆるものへ印刷する「Print to Everything」の印刷ニーズが高まっており、インクジェットヘッド分野の大幅な拡大が見込まれています。
産業プリンター分野では、プリンターメーカーの強みを活かし、インクジェットヘッドとインク、最先端自動化設備技術を融合させた、高精度・高効率な産業用インクジェットプリントシステムを提供し、お客様の業務効率の向上をサポートします。

産業印刷における新たな事業の収益貢献拡大

産業印刷における新たな事業の収益貢献拡大

画像を拡大

独自の技術を活用した産業用インクジェットヘッドの提供

RICOH MH5421シリーズRICOH MH5421シリーズ

現在、産業用インクジェットヘッドに対するニーズは多様化しています。製品や用途開発が積極的に進んでおり、今後の成長が有望視されている分野です。
リコーのインクジェットヘッド「RICOH MH シリーズ」は、幅広い種類のインクに対応し、耐久性も高いという特長があります。2017年に発売した「RICOH MH5421F/5421MF」は、ステンレスハウジングを採用するとともに、リコー独自のインク循環構造を採用。ノズル近傍までインクを常時循環させることで、ノズルの乾燥やインク粒子の沈降などを防ぎ、高い吐出安定性を実現。高精細印刷にさらなる信頼性を付与した、最大2色対応のインクジェットヘッドです。

お客様の業績拡大にプリンティング技術で貢献

プリンティング技術の可能性を拡げる分野として今後成長が見込まれるのが、作像システム・産業プリンター事業です。プロセスのデジタル化によって、少量・多品種・低コストでのオンデマンド印刷が可能となります。
作像システム事業では、ヘッド・インク・画像処理などのシステムを供給しています。完成品をお客様に納入するだけでなく、FA(ファクトリー・オートメーション)プリンターメーカーやシステムインテグレーターなどのお客様のパートナーとして、開発の早い段階から連携し、リコーの技術力・販売力を活かした提案によって、お客様のバリューチェーン変革を支えています。
また、産業プリンター事業では、多様なニーズの中から特に成長しているセグメントに対して、積極的に商品を投入しています。特に、服飾や布地などに直接印刷するDirect to Garment(DTG)は今後の大きな市場成長が予測されており、事業の拡大を目指しています。

世界でたった一つのデザインを印刷する楽しさを提供する小型のDTGプリンター


インクジェット技術を用いたテキスタイル用途への印刷は、従来のスクリーン印刷に比べて工程の短縮が可能であるため、エネルギー消費や化学薬品を削減できるなど環境負荷が小さくなります。また、スクリーン印刷では困難だった精細な絵柄の表現が可能となります。
リコーは、産業用インクジェット事業を強化すべく、2017年5月に北米で高性能DTGプリンター「RICOH Ri 3000/6000」を発売しました。これはリコーが2016年1月に買収したAnajet社の技術を活用したリコーブランド製品の第一号機で、Tシャツや帽子などの服飾やトートバッグへ高速、高品質な印刷を実現します。また、2017年8月には、DTGプリンターの戦略商品「RICOH Ri 100」を発表しました。40年以上にわたるインクジェット技術とオフィスプリンターの製品開発で培ってきた小型化技術や優れた操作性を融合して新たに開発したこの商品は、高画質と滑らかな肌触りを両立した高品質な仕上がりが特長です。また、プリンターと仕上機を一体化して設置できるコンパクト設計やカセット式ホルダーを用いた簡単操作により、専用オペレーターがいなくても、店頭やイベント会場で、オリジナルのTシャツやトートバッグが手軽に作成できるようになります。
「RICOH Ri 100」は、2017年秋から、アジア、中国、日本で発売し、順次グローバルに展開する予定です。お子さまが描いた絵やお気に入りの写真など、世界でたった一つのデザインを目の前で印刷する楽しみやワクワク感を提供し、新たなプリント文化を提供していきます。

DTGプリンター RICOH Ri 100DTGプリンター
RICOH Ri 100

DTGプリンター RICOH Ri 100

サーマル

お客様のニーズに応える多様な製品・サービス

世界で圧倒的なシェアを占めるリコーの高付加価値サーマルペーパー(感熱紙)をはじめ、
高い品質の製品・サービスを提供し、さらなるお客様の信頼獲得を目指します。

戦略の方向性

  • 主要市場(日本・米州・欧州・中国)における収益の最大化と、新興国での事業規模拡大
  • レーザープリンティングソリューションの事業化
森 泰智
  • サーマル事業担当
  • (株)リコー 常務執行役員
    IMS事業本部長
  • 森 泰智

熱による発色・印字の技術を多用途に応用

サーマルメディアとは、熱に反応し、紙やフィルムに発⾊・印字させるメディアです。サーマルペーパー(感熱紙)は、商品情報やバーコードなどを印字することで、食品POSや工程管理、配送ラベルなどに活用されています。熱転写リボンは、物流・在庫・検体などの管理や、衣料品の値札やブランドタグ、チケット等に使われます。これらは、高精細な画質や熱による耐久性の実現など、独自の技術で他社との差別化を図り、多くの国・地域で高いシェアを占めています。また、将来の成長が見込まれるASEAN市場にも積極的に事業展開しています。
コンシューマ市場では、飲料品・食品のパッケージやラベルをカスタム化するなど、顧客ごとに最適な情報を印字・掲載するパーソナライゼーションニーズが高まっています。リコーは、独自の材料技術と装置によるレーザー書き込み技術を組み合わせ、お客様の生産ライン内で超高速オンデマンド印刷・カスタム印刷を可能にするレーザープリンティングソリューションの提供を目指しています。高付加価値サービスとして、今後の事業化を推進していきます。

感熱紙の活用例

感熱紙の活用例

画像を拡大