Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

その他

産業プロダクツ

多様な領域で実現する価値創造

自動車業界を含む産業機器分野でこれまでに培ってきた技術の強みを活かしながら事業を展開し、パートナー様と共に社会課題の解決に努めます。

中田 克典

産業プロダクツ事業担当

(株)リコー 常務執行役員
産業プロダクツ事業本部長

中田 克典

戦略の方向性

世の中にない技術や商品で事業領域を拡げ、よりよい社会の実現に貢献します。
自動車業界むけに光学や画像処理技術を活かした商品のさらなる展開・深耕を行うとともに映像、IoT技術を磨きあげ、工作機械など他業界へも活躍の場を拡げてまいります。

売上高

売上高

産業プロダクツにおける多様な事業展開

産業プロダクツでは産業用途むけにさまざまな分野で事業を展開し、収益拡大を進めています。
リコーインダストリアルソリューションズで手がける「オートモーティブ事業」では、リコーが培った光学技術と画像処理技術を融合し、クルマの安心、安全な高度運転支援・自動運転を支える車載用ステレオカメラを商品化しています。ステレオカメラでは、3次元画像処理技術にリコー独自のデンスステレオマッチング(高密度視差演算)技術を搭載しており、歩行者や車両、ガードレールなどの障害物の検出に加え、路面の細かい凹凸までを高速データ処理するリアルタイム認識を実現しています。これにより車両が走行可能なフリースペースの路面検出が可能となり、ハンドル制御による障害物回避等の高度運転支援に貢献しています。また、「プロジェクション事業」では、高解像度対応の投射レンズに加え、産業組込み用途の需要拡大に応えるべく小型の短焦点・超短焦点プロジェクターモジュールの提供を拡大しています。
「産業スマートシステム事業」では、センシングとコンピューティング技術の融合によりIoT時代に適した新たな価値提供を行います。例えば、独自開発のセンサーとデータ解析技術を組み合わせることで稼働設備/機械の振動を見える化し、故障未然防止やダウンタイムを短縮するセンシングシステムを開発しました。今後、稼働機器ユーザーの皆様にとって、使いやすく最適なソリューションのご提供を目指してまいります。
リコーエレメックスで手がける「精密機器部品事業」は、自動車用高精度加工部品を中心に展開しています。長年培ってきた精密加工技術のノウハウに継続的な技術革新を重ね、エンジンの環境性能向上を求めるニーズを先取りしたものづくりで、事業の成長に取り組んでいます。
「産業機器事業」では生産設備の自動化のほか、金属部品や塗装・めっき部品の外観検査装置、リチウムイオン電池関連の検査装置などを手がけ、自動車業界を中心にお役立ちの場を拡げています。

産業むけ製品

車載用ステレオカメラ 車載用ステレオカメラ

短焦点・超短焦点小型プロジェクターモジュール短焦点・超短焦点小型プロジェクターモジュール

精密加工部品 精密加工部品

Smart Vision

新たな画像・映像表現を創造

ユニークで魅力的なハードウェアとそのデータ活用により、新たな画像・映像表現を創造していきます。

大谷 渉

Smart Vision事業担当

(株)リコー 執行役員
Smart Vision事業本部長

大谷 渉

戦略の方向性

その「場」をリアルに伝えられる全天球カメラ「RICOH THETA」による360°画像や動画を、コンシューマに加え、ビジネスシーンでの情報共有によりご活用いただくために、画像ソリューションとして、クラウドサービスメニューの拡大を進めます。デジタルカメラは、コアとなるファンのお客様に長く愛される機種をラインアップ。今後、ユニークで魅力的なハードウェアとそのデータを活用した「データビジネス」を創造し、IoT社会の発展に貢献していきます。

売上高

売上高

エッジデバイスと画像データソリューションを提供

全天球カメラ「RICOH THETA」のビジネス活用を広げるため、販売体制強化とサービスメニュー拡大に注力しています。その場の雰囲気や位置関係をリアルに伝えられる360°画像や動画は、飲食店やホテル・観光施設、建築、自動車等での活用が期待されています。
データサービスビジネスとして、360°画像のクラウド保存やお客様のWEBサイトでの表示を手軽に行える、WEBアプリケーション「THETA 360. biz」、その「THETA 360.biz」上でバーチャルなイメージ画像を表示可能にした「RICOH360 - VRステージング」、また、360°画像をインターネット広告に活用したコンテンツ制作・配信・保存サービスの「RICOH360 - Ad」を展開しています。同時に画像・映像データを蓄積・解析するプラットフォームの構築も進めています。
今後、プラットフォーム上での顔認証アルゴリズムを活用した顧客行動分析ソリューションなど、マーケティングやセキュリティなどの業種業務用途でお客様価値向上を狙います。
加えて、RICOH THETA Vでは、「プラグイン」の追加インストールによる多様な機能拡張を可能にしています。また複数のAPI/SDKも公開し、社外の開発者の方々にさまざまな機器やシステムとの連携を実現できるオープンな環境を提供しています。
従来展開しているデジタルカメラでは、プロユースに対応する一眼レフカメラ、高機能ながらコンパクトなカメラ、防水・防塵・耐衝撃性能に優れたアクションカメラなどにより、お客様の趣向に合わせたカメラの楽しみを追求します。

RICOH360 - VRステージング
RICOH360 - VRステージング

RICOH THETA VとSC
RICOH THETA VとSC

PENTAX K-1Ⅱ PENTAX K-1Ⅱ
GRⅡ GRⅡ
RICOH WG-50 RICOH WG-50

新規育成

リコーの強みを活かし、将来の社会価値を創造

社会に革新的な商品・サービスを提供し、持続可能で豊かな社会の実現に貢献します。

村上 清治

事業開発担当

(株)リコー 理事
事業開発本部長

村上 清治

戦略の方向性

社会課題解決にむけ、アディティブ・マニュファクチャリングでは、製造業の生産革新の実現、エコソリューションでは、脱炭素社会の実現にむけた価値提供、ヘルスケアでは、医療・介護において、ヘルスケアソリューション、メディカルイメージング、バイオメディカルの分野で、人々の健康寿命の延伸を実現し、新たな事業の拡大を図ってまいります。

アディティブ・マニュファクチャリング(3Dプリンター)

リコーグループは2014年9月から、3Dプリンターをキーとしたアディティブ・マニュファクチャリング(3Dプリンター)事業を開始しています。これまで、自社製品だけでなく、他社製品の販売も含めた3Dプリンターなどのハードウェアに加え、コンサルティング、3Dデータの設計・造形など一貫したソリューションを提供してきました。2015年10月に発売した自社ブランド3Dプリンター「RICOH AM S5500P」は、その特徴である対応材料の豊富さが評価され、機能試験用途として主に海外の大手自動車メーカーを中心に採用されています。また、さらなる特長の強化にむけて、新たな3Dプリンターむけの材料開発に取り組んでいます。
国内4ヵ所(厚木、新横浜、大阪、名古屋)に加え、海外1ヵ所(英国・テルフォード)に順次開設した3Dプリンターの体感空間「RICOH Rapid Fab」などの活用を進め、製造分野のお客様がリコーの技術者と直接対話する場を積極的に提供することで、従来の試作品に加えてダイレクトパーツや型・治具などの実践事例が増加しました。このような活動によって、お客様の理解と市場サポート力の強化が進み、3Dプリンターの活用検討から実際の導入・運用までをワンストップで対応することが可能となりました。お客様のものづくりのイノベーションを強力に支援しています。

3Dプリンター

3Dプリンティング国際見本市「formnext」のリコーブース3Dプリンティング国際見本市「formnext」のリコーブース

3D造形作例3D造形作例

エコソリューション

お客様とともに脱炭素社会、循環型社会の実現をめざすため、さまざまなソリューションの提供を開始しています。電力販売サービスでは、電力単価のコストダウン提案だけでなく、リコーの省エネノウハウの提供により、お客様の電力総量削減のお手伝いもしています。また、再生可能エネルギーの利活用を推進するため、全国に広がるOA機器の販売・サービス網を活用して太陽光発電システムの稼働状況のモニタリングやメンテナンスを行う「太陽光発電O&Mサービス」により、再生可能エネルギーの安定供給を支援しています。さらに、環境・エネルギーを軸にした新たな事業創出の拠点として設立したリコー環境事業開発センターで培ったノウハウを活かし、オープンイノベーションによる地域と連携した各種実証実験を実施しています。例えば、木質バイオマスボイラーの熱利用の温浴施設への展開や、用水路などの小さな水の流れを利用するマイクロ水力発電などを行っています。

電力販売サービス

太陽光発電O&Mサービス

リコー環境事業開発センター

木質バイオマスボイラーの熱利用の温浴施設への展開

MFPの資源循環の様子を展示

MFPの資源循環の様子を展示

太陽光発電O&Mサービス

太陽光発電O&Mサービス

ヘルスケア

3つの重点領域 3つの重点領域

リコーグループは2016年から、医療や介護の従事者とともに、医療や介護サービスの質の向上に貢献し、世界の人々の健康寿命の延伸を実現することをミッションとして、ヘルスケア分野に本格的に事業参入し、「ヘルスケアソリューション」「メディカルイメージング」「バイオメディカル」の3つを重点領域と定めて事業拡大を目指しています。
「ヘルスケアソリューション領域」では、外部パートナーとの共同開発や自治体とのコラボレーションを推進し、医療や介護現場での業務のデジタル化とデータ活用を支援する製品・サービスの開発を進めています。2018年7月には、ミネベアミツミ株式会社様と共同事業開発を進めてきた介護施設むけ「リコー みまもりベッドセンサーシステム」の販売を国内市場むけに開始しました。また、国内市場むけに医療と介護をつなぐ地域包括ケアシステム、米国や新興国むけには遠隔診療システムの製品開発も進めています。
「メディカルイメージング領域」では、2014年から脊髄や脳の神経活動を見える化する生体磁気計測装置の開発に取り組んでおり、2016年4月には横河電機株式会社様から生体磁気計測装置のひとつである脳磁計の事業を継承しました。その後、金沢工業大学様の技術支援のもと開発した脳磁計測システム事業の新製品「RICOH MEG」が、米国政府の食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)への登録を完了し、日本の製造販売認証を取得。2017年12月から米国市場むけに、2018年5月から国内市場むけに販売を開始しました。
また、医療機関とのオープンイノベーションとして、東北大学様とのてんかん臨床研究、金沢大学様との発達障害臨床研究、東京医科歯科大学様との脊椎脊髄臨床研究、さらに、北斗病院様との脳ドック分野の研究などを進めています。
「バイオメディカル領域」では、プリンターで培ってきたインクジェット技術を応用し、生きた細胞を精密に吐出して生体組織構造を再現する「バイオプリンティング技術と応用製品・サービス」の開発を行っています。この技術を活用し、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構様および株式会社ファスマック様と共同で、DNA分子の絶対数が1個単位で制御された新しいDNA標準物質を開発しています。標準物質とは、成分の含有量が明確に規定された測定の基準となる物質のことで、遺伝子検査装置および試薬の精度管理で使うことができます。これを用いることで、遺伝子組換え食品検査精度の向上や、がん・感染症の見逃しを防ぐことにもつながることが期待されます。

リコー みまもりベッドセンサーシステム

ベッドの4つの脚に設置したセンサーによって生体情報をモニタリングする 「リコー みまもりベッドセンサーシステム」

脳の神経活動を見える化する脳磁計

脳の神経活動を見える化する脳磁計

細胞を1個単位で制御するDNA標準プレート

ヘルスケア