Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

その他

産業プロダクツ

多様な領域で実現する価値創造

自動車業界を含む産業機器分野でこれまでに培った技術の強みを活かしながら事業を展開し、パートナー様と共に社会課題の解決に努めます。

戦略の方向性

  • オプトモジュール事業において、自動車業界におけるビジネスモデル確立とコア技術を活かした産業向け事業拡大での利益創出
  • IC/ウエハー事業において、強みを活かせる高付加価値製品を提供し、高利益体質を実現
  • 精密機器部品事業において、売上拡大と事業基盤強化による収益性の強化
中田 克典
  • 産業プロダクツ事業担当
  • (株)リコー 常務執行役員
    産業プロダクツ事業本部長
  • 中田 克典

産業プロダクツにおける多様な事業展開

産業プロダクツでは、産業用途向けに多様な分野で事業を展開し、収益拡大を進めています。
リコーインダストリアルソリューションズで手がける 「オプトモジュール事業」では、リコーの強みである光学技術と画像処理技術を活かし、2017年には、自動車の安全運転を支える世界最小の車載用ステレオカメラを開発、量産を開始しました。今後は、自動車業界へのさらなる商品・技術の拡充と、同市場で培ったノウハウの他業界への水平展開により、事業規模の拡大を進めます。
リコー電子デバイスが手がける「IC/ウエハー事業」では、車載・バッテリー分野での収益が増加しています。また、独自のプロセス技術・回路技術を有するCMOSアナログ半導体分野においては、小型・低消費電流が強みの汎用電源ICや、長年の実績がある電源保護ICを強化し、携帯機器分野で業界をリードするポジションの維持に努めます。
リコーエレメックスで手がける 「精密機器部品事業」では、自動車用精密機器部品を中心に展開しています。お客様の小型化・軽量化ニーズの高まりを先読みし、技術開発や新たな技術の獲得によって事業の成長を狙います。

産業向け製品

車載用ステレオカメラ 車載用ステレオカメラ

車載用電源IC車載用電源IC

精密加工部品 精密加工部品

Smart Vision

新たな画像・映像表現を創造

ユニークで魅力的なハードウェアとそのデータ活用により、新たな画像・映像表現を創造していきます。

戦略の方向性

  • 360°カメラ市場において、RICOH THETAのトップブランドの地位を確立
  • 画像・映像データプラットフォームの構築とサービスメニュー拡大
  • 既存カメラ市場で、狙いのユーザー層に、付加価値を重視した商品展開を実施
大谷 渉
  • Smart Vision事業担当
  • (株)リコー 理事
    Smart Vision事業本部長
  • 大谷 渉

エッジデバイスと画像データソリューションを提供

360°全天球カメラ「RICOH THETA」をコンシューマに加え、ビジネスで活用していただくために、販売体制の強化に注力しています。その場の雰囲気や位置関係をリアルに伝えられる360°画像や動画は、飲食店やホテル・観光施設、建築、自動車等での活用が期待されています。また、WEBアプリケーションとして「THETA 360.biz」を提供し、画像のクラウド保存やご契約者様のWEBサイトへの表示を手軽に行えるようにしています。加えて、4K動画撮影や防水性能を搭載したモデルなどのラインアップ拡充を図っており、市場開拓のトップランナーの地位確立を目指します。
データサービス分野では、画像・映像データを蓄積・解析するプラットフォームの構築と、サービスメニューの拡大を進めています。顔認証アルゴリズムを活用したセキュリティ、小売店舗における行動分析ソリューション、ステレオカメラによるインフラ点検ソリューションなどを通じて、多様な業種業務にとってのお客様価値向上を狙います。
従来展開しているデジタルカメラでは、プロユースに対応する一眼レフカメラ、高機能ながらコンパクトなカメラ、防水・防塵・耐衝撃性能に優れたアクションカメラなど、お客様の用途に合わせた機種をラインアップしています。

RICOH THETA V

RICOH THETA V

360°画像によるバーチャル内覧

360°画像によるバーチャル内覧

PENTAX K-1 PENTAX K-1
GRⅡ GRⅡ
RICOH WG-50 RICOH WG-50

新規育成事業

リコーの強みを活かし、将来の価値を創造

重点領域を設定し、その領域において早期の事業化を図ります。

戦略の方向性

  • 収益力のあるビジネスモデルの見極めと事業の早期立ち上げ
中村 昌弘
  • 事業開発担当
  • (株)リコー 執行役員
    事業開発本部長
  • 中村 昌弘

アディティブ・マニュファクチャリング(3Dプリンター)

リコーグループは2014年9月から、3Dプリンターをキーとしたアディティブ・マニュファクチャリング事業を開始しています。これまで、自社製品だけでなく、仕入れ販売も含めた3Dプリンターなどのハードウェアに加え、コンサルティング、3Dデータの設計・造形など一貫したソリューションを提供してきました。
3Dプリンターの導入から運用まで、お客様からのご相談を承る場として、3Dプリンター体感空間「RICOH Rapid Fab」を厚木、新横浜、大阪、名古屋に開設しています。リコーの技術者と直接対話できるだけでなく、多数の造形サンプル、ダイレクトパーツや型・治具などの実践事例も用意しており、3Dプリンターの活用イメージを膨らませることができる場となっています。また、3Dプリンターの技術解説や活用法、最新製品の紹介等を行うイベントやセミナーを、毎月全国各地で開催しています。このような活動や製品・サービスの提供を通じて、お客様のものづくりのイノベーションをより一層強力に支援していきます。

3Dプリンター

RICOH Rapid Fab 厚木RICOH Rapid Fab 厚木

3D造形作例3D造形作例

RICOH AM S5500PRICOH AM S5500P

エコソリューション

リコーグループは1990年代から取り組んできた環境経営の考え方をさらに進化させ、「お客様と共に進化する環境経営」を目指しています。2016年4月には、MFPのリユース・リサイクル機能とともに、産・官・学連携のオープンイノベーションによる新たな環境関連技術や省資源、創エネ、省エネにつながる事業を創出する拠点として、静岡県御殿場市に「リコー環境事業開発センター」を開所しました。また、リコージャパンでは、太陽光発電設備の常時監視や駆けつけ対応を行う太陽光発電O&Mサービスや、電力販売サービスを提供。これらのエコソリューション全体で、2021年3月期に1,000億円規模の売上を目標として、事業の創出・拡大に取り組んでいます。

環境経営

リコー環境事業開発センター

太陽光発電O&Mサービス

電力販売サービス

MFPの資源循環の様子を展示

MFPの資源循環の様子を展示

太陽光発電O&Mサービス

太陽光発電O&Mサービス

ヘルスケア

3つの重点領域 3つの重点領域

リコーグループは2016年から、高齢化社会への対応、医療費削減、地域間の医療水準格差解消などが求められるヘルスケア分野に本格的に事業参入し、「ヘルスケアソリューション」「メディカルイメージング」「バイオメディカル」の3つを重点領域と定めて事業拡大を目指しています。
「ヘルスケアソリューション領域」では、テレビ会議システムを活用した遠隔医療システムの実証実験を推進。2017年5月には、ミネベアミツミ株式会社様とリコーが、生体情報をモニタリングするベッドセンサーシステムの共同事業開発契約を締結しました。この共同事業ではまず、高齢者を見守るための介護市場におけるプラットフォーム構築を目指します。ベッドの上の人の体重や体動といった生体情報を、非接触・非侵襲*で高精度にモニタリングするシステムで、「介護現場の見守り」「体重などの計測・記録業務の負荷低減」が可能です。「メディカルイメージング領域」では、脊髄や脳の神経活動の状況把握に役立つ生体磁気計測装置の開発を進めています。2016年4月には横河電機株式会社様から脳磁計の事業を継承し、生体磁気計測事業の展開・研究開発を加速させています。「バイオメディカル領域」では、インクジェット技術を活用し、細胞の3次元配置によりヒト組織を作成するバイオ3Dプリンターの研究開発を進めています。

* 非侵襲(ひしんしゅう):生体を傷つけないこと。

生体情報をモニタリングするベッドセンサーシステム

生体情報をモニタリングするベッドセンサーシステム

脊髄の神経活動の様子

脊髄の神経活動の様子

脳の神経活動を見える化する脳磁計

脳の神経活動を見える化する脳磁計

ヘルスケア