Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

オフィス

オフィスプリンティング/オフィスサービス

オフィスを進化させる新しい価値の提供

「オフィスのお客様への提供価値拡大」を実現し、お客様の働き方改革を支援するソリューション、サービスを提供し、新しいオフィスのあり方をご提案していきます。

坂田 誠二

オフィスプリンティング事業担当

(株)リコー 取締役 専務執行役員
オフィスプリンティング事業本部長

坂田 誠二

戦略の方向性

画像機器や関連サービスなどの基盤事業において、規模の拡大から利益重視の戦略に転換し、商品/販売ルート/地域の選択と集中により、収益力を強化していきます。また、デジタル化によるワークフロー改善ソリューションの連携により、新たなお客様価値を創出し、ワークプレイスの生産性を向上させます。

売上高

オフィスプリンティング事業売上高

坂上 好功

オフィスサービス事業担当

(株)リコー 執行役員
デジタルビジネス事業本部長

坂上 好功

戦略の方向性

「“はたらく”をよりスマートに」する当社のエッジデバイスとサービスを、IoTや人工知能(AI)と組み合わせて提供することで、「オフィスと現場、社会をつなぐ」新しい知識・価値の創造を支援します。

売上高

オフィスサービス事業売上高

事業環境と成長領域

従来、ビジネスの起点は「一般のオフィス」にありました。しかし、ICT(情報通信技術)や働き方改革の進展に伴って、働く場としてのワークプレイスは、工場や店舗、病院などのさまざまな現場や、社会全般のあらゆる場所に広がりつつあり、それぞれのワークプレイスをつなぐコミュニケーションの重要性が高まっています。こうした環境下で、私たちリコーグループがお客様へ提供していく価値を「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」としました。
その中で、オフィス分野ではお客様への提供価値拡大を目指し、オフィスプリンティングとオフィスサービスの二つの領域で事業を展開しています。リコーグループの大きな強みは、全世界のオフィスで働くお客様への対応力です。現在、リコーグループのオフィス領域のお客様は約140万社、稼働機器は約400万台にのぼります。これらのお客様に従来から提供しているプリンティングに加え、IoTやAIなどを駆使したサービスも提供することで、お客様の働き方改革を支援していきます。その一環として、近年、業種別の販売・マーケティング体制の強化を図っています。ヘルスケア、教育、金融、製造などの業種を対象に、お客様の基幹業務プロセスを見直し、売上拡大やお客様満足の向上を支援するサービス事業を拡充しています。
また、多様なニーズを確実に取り込むために、各地域特有のニーズや独自の法規制などを把握し、総合的なソリューションの提供を目指します。加えて、マネージド・ドキュメント・サービス(MDS)の提供や、オフィスにおける情報通信インフラの企画から構築、運用管理までをワンストップで提供するITサービス、オフィスや教育、医療、製造などの意思疎通をより円滑にするコミュニケーションサービスなどの価値提供にも積極的に取り組んでいます。

オフィスのお客様への提供価値拡大

オフィスのお客様への提供価値拡大

お客様のワークフロー改善を支援するソリューションサービス

昨今のクラウドサービス市場拡大に伴い、時間や場所の制約を受けずに働く環境が整備されてきており、さまざまな業務の効率化が進んでいます。こうした課題解決ニーズの高まりを受け、MFPにおいても、開発パートナーと連携したクラウドソリューションの展開を加速しています。2016年以降に発売した中高速MFPシリーズでは、大型フルカラータッチパネルを標準搭載。MFPをクラウドサービスの入出力端末として活用し、操作パネルからクラウド上のアプリケーションサイトにアクセスすることで、業務に合わせたアプリケーションをインストールできる機能を標準装備しています。シンプルで使いやすい画面からさまざまなアプリケーションを提供することにより、特に中小企業のお客様のワークフローをサポートし、業務の生産性向上にも貢献します。
また、MFPをお使いのお客様の利便性を向上させるために、オフィス機器のリモート管理サービス「@Remote」をグローバルで提供しています。この仕組みは、遠隔管理によってお客様の機器の使用状況や稼働状況をオンラインで把握することができ、お客様からの連絡を待たずに、消耗品の自動発注を行います。さらに、故障を未然に防止するための保守活動によって、ダウンタイムの短縮・解消までを可能にしています。また、出力に限らずドキュメントに関わる運用管理業務全般を請け負うMDSによって、お客様の業務コスト削減や生産性向上を実現しています。
お客様が必要なときに必要な情報を便利に使いこなせるよう、情報インフラの構築や、文書の作成から出力、管理までのワークフローの最適化設計、導入・運用まで、改善提案を行っています。

フルカラー複合機のラインアップ一新(2016年4月27日)

ワークフローのデジタル化による業務改善ソリューションの提供

MFPの大型タッチパネル クラウドサービスにアクセスできるMFPの大型タッチパネル

リコーグループが提供する新たな顧客価値として、MFPのクラウドソリューションと並び推進しているのが、中規模から大手のお客様を対象とした、デジタル化によるワークフロー改善ソリューションの提案です。お客様の現場では販売、受注、納品、アフターサービスまでの業務フローを改善して生産性を上げ、さらにマーケティング活動を強化して売上を拡大したいというニーズが高まっています。そこで、お客様のワークフローをデジタル化するために、エッジデバイスとアプリケーションとを組み合わせて、業務の質と効率を上げるソリューションを提供しています。その際には自社だけでなく、パートナー企業が持つコンテンツマネジメントシステム、マーケティングオートメーション、ERP*1などのノウハウも活かして迅速な課題解決を図っています。また、お客様の営業活動に関するデータを蓄積し、そのデータをAIなどの技術を用いてニーズや課題を分析することで、さらなるお客様への最適なソリューション提供につなげています。

*1 ERP
Enterprise Resources Planning
基幹系情報システム

現場の業種・業務特性に基づいた生産性向上支援

2016年には屋内位置情報サービスを開始し、施設内や地下などGPS電波の届かない屋内でも、人や物の位置情報を取得・可視化し、付帯情報とあわせて分析するソリューションの提供を開始しています。医療法人社団 札幌道都病院(北海道札幌市)では、医療従事者・患者様、医療機器の位置をリアルタイムに把握する病院むけサービスを提供。医療現場で最も貴重とされる「時間」を最大限に生み出すことで、業務効率を向上させています。今後も、デジタルの力を活用した業務・ワークプレイス改革につながるソリューションを、業種・業態別に順次展開していきます。

屋内位置情報サービス

位置情報をリアルタイムに把握するシステムナースステーションに表示される位置情報(右上)

ビジュアルコミュニケーションで円滑な業務をサポート

ビジュアルコミュニケーションで円滑な業務をサポート

近年のICTの急速な発達により、人々は時間や場所を選ばず、容易に情報にアクセスできるようになりました。また、労働人口の減少、労働生産性の向上、長時間労働の是正などから、「働き方改革」への注目が高まっています。テレワークの導入や遠隔会議の推進など、多様な働き方を取り入れる企業も増加しています。
このようにオフィスでのコミュニケーションや働き方が変わりつつある中、リコーは、時間や場所にとらわれないコミュニケーションを通してコラボレーションを促進させるビジュアルコミュニケーション製品を軸とした「働き方改革」をお客様に提供しています。たとえば、テレビ会議・Web会議システムを使って、場所にとらわれないコミュニケーションを実施。また、RICOH Unified Communication System Advancedを活用することで、クラウド上にある仮想会議室に、異なるテレビ会議システム環境やWebブラウザなどから接続して会議を行うなど、柔軟な運用も可能です。リコー インタラクティブ ホワイトボードでアイデアを結集し、創造性あふれるコラボレーションを実現。また、これらの機器やプロジェクターを組み合わせることで、必要なときにすぐに集まり、情報の共有・決定ができる“空間”を作ることができます。これらの製品を活用した仕事の効率化についてのノウハウやソリューションなどのサービスを提供し、働く環境をリコーグループがトータルにサポートすることで、お客様の生産性向上に寄与する価値提供を目指します。
さらに、在宅勤務やサテライトオフィスといった働く場・働き方の変化に対応するために、ビジュアルコミュニケーション製品とクラウドサービスを活用した業務支援にも取り組んでいきます。これにより、離れた場所同士でも顔をあわせて、また資料を共有しながら的確なコミュニケーションをとることができ、お客様の業務がより円滑なものになります。
リコーグループはこれからも、ビジュアルコミュニケーション製品を通して、「いつでも・どこでも、誰でも・誰とでも」必要なときにすぐにコミュニケーションできる、新しい働き方を生み出す環境づくりをサポートします。

働き方改革を実現するためのビジュアルコミュニケーション製品の例

テレビ会議・Web会議システム

テレビ会議・Web会議システム

リコー ユニファイド コミュニケーション システム P3500

専用回線不要で、必要なときにいつでもどこでも複数拠点を簡単につないで、遠隔地の相手と顔をあわせてコミュニケーションできる持ち運び可能なシステム。

電子黒板

電子黒板

リコー インタラクティブ ホワイトボード D8400

パソコンやタブレットなどの情報をディスプレイに表示し、画面に直接手書きで書き込めるほかデジタル情報として保存することが可能。複数台の使用で遠隔地同士の共有も可能。
4K対応で、大規模会議室やオフィス受付、公共施設のインフォメーションボードにも最適。

プロジェクター

プロジェクター

RICOH PJ WX4152N

超短焦点からハンディ、ハイエンドまで、設置場所や機能、投写距離など目的にあわせた多彩なラインアップ。

事例

大学の教育環境を革新するソリューション


リコーグループでは、ヘルスケア、教育、金融、製造などの特定の業種に特化した製品やソリューションの提供を強化することで、お客様のワークフローのデジタル化をサポートし、提供価値の拡大を目指しています。
大学教育の現場では、教育環境の向上や研究の効率アップ、学校運営の強化などが課題となっています。その解決を目指して、最新のテクノロジーを活用した提案やサポートを世界中の大学で行っています。

オランダ

ユトレヒト大学の学生・講師の双方に学びの環境を提供するコラボレーション

リコーはユトレヒト大学に協力し「Utrecht’s Teaching and Learning Lab」でコラボレーションを展開。教えと学びの場における技術の影響をテストし、教育機関とビジネス界とのシナジー創出を目指しています。
研究室での取り組みの一環として、教室にインタラクティブ ホワイトボードや、360°全天球カメラ「RICOH THETA」、テレビ会議システムを導入したことで、講師と学生がより自然なやりとりができるようになったほか、世界のどこからでも教室にいるかのように講義に参加することが可能となっています。

オランダ・ユトレヒト大学

タイ

コンケン大学で国全体の教育水準の向上を目指した、遠隔教育の拡充

コンケン大学の教育学部は、都市部と地方の間で教育の質を均衡させ、タイの教育制度を発展させるという使命を担っています。小学校教諭に対する教育を充実させるため、大学が有する国内の小学校との独自のネットワークにリコーのプロジェクターとテレビ会議・Web会議システムを導入。大学の講義のライブ放送を、国内の高校(10校)に設置したRICOH Unified Communication System P3500ビデオ会議ユニットを経由して150校の小学校に配信することで、小学校教諭が知識を共有できる環境を整えました。

タイ・コンケン大学

RICOH Unified Communication System P3500

RICOH Unified Communication System P3500

イタリア

学生のニーズを反映した「Business to Students」ソリューション

リコーイタリアでは「学生の声を反映したサービス」による大学むけのアウトソーシングソリューションを提供しています。リコーがヨーロッパで展開するプリントサービス「Ricoh myPrint」とドキュメント管理ソリューション「Streamline NX®」を活用することで、大学側が導入コストをかけることなく、学生がオンデマンド印刷を含むサービスを使用した分だけ費用負担する仕組みを構築しました。このソリューションはヨーロッパ各国を含む、グローバルに展開が進んでいます。

イタリア