Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

技術力

コア技術と独自のアイデアで新しい価値を社会に提供しつづける

お客様の働く場の変革や社会課題の解決に貢献する製品や技術を生み出していきます。

多種多様なワークプレイスに新しい価値を提供する

リコーグループは、1950年代に事務機分野に進出して以来、常に革新的なワークスタイルを提案してきました。そして現在、価値創造の領域は、一般オフィスからさまざまな業種や現場を含めたワークプレイスへと拡大しています。多様なワークプレイスの仕事をデジタル化し、お客様の“はたらく”をよりスマートなものに変革します。個人、組織、社会に新しい価値を提供することで、社会課題の解決と新たな成長機会の創出が両立できると考えています。
働く場と社会の変革に貢献し、お客様に価値を提供しつづけていくために、長年の製品開発で培ってきた、画像処理、光学、材料・デバイス、環境、ネットワーク、ソフトウェアなどのコア技術を新たなアイデアや技術と融合させ、これまでにないイノベーション創出に挑戦していきます。

技術

新たな領域での価値創出を目指して

リコーグループでは、新たな研究開発領域として、人々の働き方をよりスマートにする「知の創造」と、プリントの可能性を拡げるインクジェット技術での価値創出を目指しています。
お客様の「知の創造」を支援するため、マシンビジョンなどによる入力、AIによる分析、表示や制御など、最適な処理を組み合わせ、さまざまなワークプレイスの革新に取り組んでいます。
インクジェット技術は、商用印刷、産業用インクジェット、ヘルスケアなどに領域を拡げています。紙への印刷にとどまらず、さまざまな材料のインクを打てるインクジェットヘッドにより、立体的な印刷、電子回路や生体への利用など「機能する印刷」への応用を進めています。

研究開発体制と開発プロセス

基盤事業における開発プロセス

基盤事業における開発プロセス

画像を拡大

リコーグループでは、日本、米国、インド、中国に研究開発拠点を設け、グローバルに拠点間の連携を深めながらそれぞれの地域特性を活かした市場ニーズの調査・探索、研究・技術開発を行っています。また、世界各地にテクノロジーセンターやカスタマーエクスペリエンスセンターを開設し、お客様のサポートを通じて直接把握したニーズを製品開発へフィードバックする仕組みにより、お客様と一体となった価値共創活動を展開しています。
基盤事業における開発プロセスでは、「研究・技術開発」「商品開発」「販売・サポート」の3つのステージに分けています。技術戦略に基づいた重要技術の開発から、「作らずに創る」というコンセプトに則った効率的な製品開発、そして、お客様のニーズにより積極的に応えていくため、システムソリューション開発やカスタマイズ開発を行っています。

グローバルな研究開発体制

技術開発プロセス

ものづくりへのこだわり

オープンイノベーションの取り組み

リコーグループは、社会的課題の解決に迅速に貢献するために、大学・研究機関、企業の力を活用するオープンイノベーションを推進し、最先端技術の開発を効率的に進めています。
インクジェット技術やマシンビジョン、画像処理技術などのコア技術を応用して、国が支援する最先端研究開発支援プログラムや大学・各種独立行政法人との共同研究開発へも積極的に参画しています。また、ベンチャー企業ともより良い関係を構築し、新規事業創出の加速を図っています。

オープンイノベーションの事例


ドローンによる橋梁点検

内閣府総合科学技術・イノベーション会議の「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」(管理法人:NEDO)の研究テーマのひとつである「橋梁の打音検査ならびに近接目視を代替する飛行ロボットシステムの研究開発(代表:大野和則)」として研究を行っています。

バイオ3Dプリンター

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が主導する国家プロジェクトに参加し、大阪大学とともに共同研究を行っています。

ステレオカメラによる道路点検

国土交通省・秋田県・秋田県仙北市・リコーICT研究所による「路面性状モニタリング実証実験コンソーシアム」で技術開発を進めてきました。

また、次世代産業の発展のため、テクノロジー系ベンチャー企業(テックベンチャー企業)の創出を支援するためのファンドを2016年3月に設立しました。
このファンドを通じて、テックベンチャー企業への資金提供とともに、技術シーズの事業立ち上げ・早期実用化の支援を行い、産業界の発展に寄与することを目的としています。

オープンイノベーション型ベンチャーファンドの設立

イノベーション創出に向けた
研究開発投資と知的財産の取り組み

リコーグループでは、積極的にイノベーションを生み出すために、売上高の5〜6%程度を目安に継続的に研究開発投資を行っています。2017年3月期の研究開発投資額は1,143億円(売上高比率約5.6%)。そのうち、10.7%の123億円を基礎研究分野の開発に充てています。
また、技術開発の成果である知的財産は、他社との競争優位性を図る重要な経営資産のひとつです。そのため、価値ある知的財産の創出を奨励するとともに、事業の保護と成長に貢献する知的財産の獲得と活用に取り組んでいます。
さらに、基盤事業の強化、新興国での事業展開によるグローバル化、新規事業への参入などによる事業領域の拡大といった事業戦略および技術戦略に沿って、国内外における積極的な特許取得を継続して行っています。その結果、海外での特許登録件数は、2015年3月期以降国内登録件数を上回っています。保有特許については、将来の市場、事業を見極めることで不要な特許権を放棄し、保有権利の新陳代謝にも取り組んでいます。

知的財産への取り組み

研究開発投資推移

研究開発投資推移 ※2017年3月期においては、「画像&ソリューション」に含まれていたカメラ事業に関する研究開発投資を、「その他」として集計しています。
前連結会計年度(2016年3月期)の研究開発投資を2017年3月期と同様の方法で集計した場合、「その他」は34億円となります。

国内外特許登録件数の推移

国内外特許登録件数の推移

「知の創造」を通して、ワークプレイスを変革

「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」を推進し、
働く人々の絶えざる「知の創造」を支援するための技術開発に取り組んでいます。

入力・処理・出力を有機的に連携し「知の創造」をサポート

リコーでは「知の創造」を支援するスマートなシステムやソリューションを提供するために、必要なステップを以下の3つに整理し、それらを有機的に連携させて価値を実現しています。

  • 入力:さまざまな情報を最適なデバイスで収集
  • 処理:収集した情報を分析・処理し、インテリジェンスに変換
  • 可視化:処理結果を最適なかたちでシステムや人に提供

スマートなワークプレイスの実現を目指すリコーのマシンビジョン2ndステージ

「知の創造」サポート

入力・処理・出力を有機的に連携し「知の創造」をサポート

● 路面性状モニタリングシステム

社会インフラである道路の維持管理のための計測は、これまで専用車両が主に利用されていました。
リコーは、一般車両で路面の状態を計測できる撮影システムを開発。ステレオカメラを複数台用いて、一度の走行・撮影で「ひび割れ率」「わだち掘れ量」「平たん性」の計測を実現します。また、人工知能(AI)の機械学習によって得たモデルで画像を判読し工数を削減。これらの結果から、維持修繕判断のための総合的な指標である「MCI(Maintenance Control Index)値」を算出し、調書作成を支援します。結果を地図上にマッピングすることも可能となり、道路の舗装状態を可視化していきます。

路面性状モニタリングシステム

AIにより、ひびのレベルを自動判定

● 公共構造物点検システム

橋梁などの構造物の老朽化は世界的に社会問題となっていますが、その検査は高所作業等の危険が伴い、近年は検査員の人手不足も課題となっています。
リコーが開発したカメラを搭載した球殻ドローンは、点検対象構造物から適切な距離を保ちながら、安全に橋梁の床版や支承部の接写(マクロ)撮影を行うことができます。このシステムは、撮影画像を自動的に3次元復元・パノラマ画像化し、撮影画像と橋梁上の位置の紐付けを行うことで、点検要領に沿った調書作成を支援します。これらにより、点検工数の大幅な削減や報告品質の均質化につながります。

公共構造物点検システム

公共構造物点検システム 橋梁を点検する球殻ドローン

● 屋内位置情報サービス

医療現場の人やものの所在をリアルタイムに「見える化」し、「ムリ・ムダ・ムラ」を改善することで、医療現場で最も貴重とされる「時間」を最大限に生み出すサービスを提供しています。
患者様や医療スタッフ、医療機器にRFIDタグを取り付け、院内に設置した受信機で電波(ID)を受信。取得した測位データは、クラウド上のリコーの位置情報サーバーに送られて処理され、それぞれの所在を院内マップ上に表示します。
人やものを探し回る手間を省くなど、非効率な業務を低減することに役立っています。

屋内位置情報サービス

屋内位置情報サービス

プリンティングの可能性を拡大し、新たな価値を創出

リコーは40年以上にわたり、独自のインクジェット技術を磨きつづけてきました。オフィスでのプリントから始まった技術は、商用印刷や産業印刷へと用途を拡大し、衣・食・住のさまざまな領域へと展開されつつあります。

均質で正確なインク滴を打つヘッドの技術

リコーのインクジェット技術は、印刷対象物に合わせて適切にインクを打つ「インクジェットヘッド」、用途に適した画質を実現する「インク・サプライ」、位置を精密に制御する「色あわせ制御技術」がキーテクノロジーです。中でもインクジェットヘッドは、インクをピエゾ素子でノズルから吐出するピエゾ方式を採用。ステンレス製のノズルやハウジングを採用し、高耐久・長寿命を実現しています。また、独自のバイピッチ方式の積層ピエゾアクチュエーターにより、さまざまな種類のインクの高精度かつ安定した吐出量の制御を可能としています。

産業用インクジェット

リコーインクジェットヘッド構造イメージ

リコーインクジェットヘッド構造イメージ

画像を拡大

● 最新の技術を搭載した商用印刷機

高速連続用紙インクジェット・プリンティング・システム「RICOH Pro VC60000」には、プロのニーズに応える高精細画像を実現する「1,200dpi デュアルプリントヘッド技術」と、ドット位置高精度化技術「Dynamic Print Head Positioning技術」を導入。また、サプライシステム技術として、ドット径を安定に保持する「アンダーコーティング技術」、紙素材の表面性状を保持する「プロテクターコーティング技術」を実装しています。
これらの技術によりオフセットコート紙をはじめ、幅広い用紙への高品質印刷を実現しました。

プリンティング

最新の技術を搭載した商用印刷機

● 細胞の3次元配置を実現するバイオ3Dプリンター

iPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の細胞を用いて生体に近い組織構造を再現するためには、複数種類の細胞を適切に配置し、3次元的に組み立てる必要があります。
リコーが研究開発を進めているバイオ3Dプリンターでは、細胞を細胞用インクと混合させて液中分散させ、かつインクジェットヘッドから細胞をつぶさずに安定して吐出することを可能にしました。この方式の実現により、生体に近いヒト組織作製の実現につながります。

バイオ3Dプリンター

最新の技術を搭載した商用印刷機

“プリントのちからをどこまでも”

リコーのインクジェット技術の広がりをまとめたウェブサイトを公開しています。

jp.ricoh.com/technology/inkjet/

リコーがこれまで培ったテクノロジーやインクジェットによるイノベーション、開発の歴史などを紹介しています。

イノベーション、開発の歴史など