Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

技術力

新たなイノベーションの力で「安心・快適・便利」な社会を実現

イノベーションの創出により、社会課題の解決に貢献する技術や製品を生み出しつづけます。

コア技術を発展させ、新たな価値を社会に

リコーグループは、1950年代に事務機分野に進出して以来、お客様に常に新たな価値を提供するワークスタイルを提案してきました。人々の働き方やプロセスを含めて「オフィス」ととらえ、時間や場所にかかわらずスムーズなコミュニケーションを可能にするさまざまな新しい機器やソリューションを提供し、お客様のワークスタイルを革新する技術開発に継続して取り組んでいます。
また、「安心・快適・便利」な社会づくりに貢献するため、長年の製品開発で培ってきた画像処理、光学、化学、ネットワーク、ソフトウェアなどのコア技術を新たなアイデアや技術と融合させ、これまでにないイノベーション創出に挑戦しています。

技術

新たな領域での価値創出を目指して

リコーグループは、これまで培ってきたものづくり技術の強みを最大限に活かし、産業用インクジェット(IJ)、FA、ヘルスケア、環境分野に注力し、研究開発を進めています。
たとえばIJでは、産業用印刷、3Dプリンティング、さらにヘルスケア分野におけるバイオ3Dプリンター(細胞積層技術)など、応用範囲を拡げています。
また、独自の光学技術と画像処理技術の融合により生まれた全天球カメラ「RICOH THETA」は、全天球イメージをワンショットで撮影でき、お客様のライフスタイルの中に新しい映像イメージの世界を創出しています。

新しい分野

イノベーション創出を支える研究開発体制と開発プロセス

基盤事業における開発プロセス

基盤事業における開発プロセス

画像を拡大

リコーグループでは、日本、米国、インド、中国に研究開発拠点を設け、グローバルに拠点間の連携を深めながらそれぞれの地域特性を活かした市場ニーズの調査・探索、研究・技術開発を行っています。また、世界各地にテクノロジーセンターやイノベーションセンターを開設し、お客様のサポートを通じて直接把握したニーズを製品開発へフィードバックする仕組みにより、お客様と一体となった価値共創活動を展開しています。
基盤事業における開発プロセスでは、「研究・技術開発」「商品開発」「販売・サポート」の3つのステージに分けています。技術戦略に基づいた重要技術の開発から、「作らずに創る」というコンセプトに則った効率的な製品開発、そして、お客様のニーズにより積極的に応えていくため、システムソリューション開発やカスタマイズ開発を行っています。

グローバルな研究開発体制

技術開発プロセス

ものづくりへのこだわり

オープンイノベーションの取り組み

リコーグループは、社会的課題の解決に迅速に貢献するために、大学・研究機関・企業の力を活用するオープンイノベーションを推進し、最先端技術の開発を効率的に進めています。インクジェット技術や光学センシング技術、画像処理技術などのコア技術を応用して、国が支援する最先端研究開発支援プログラムや大学・各種独立行政法人との共同研究開発へも積極的に参画しています。また、ベンチャー企業とのより良い関係構築で、新規事業創出の加速も図っています。

オープンイノベーションの事例


バイオ3Dプリンター

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が主導する国家プロジェクトに参加し、大阪大学とともに共同研究を行っています。

生体磁気計測装置

横河電機株式会社から脳磁計事業を譲り受け、金沢市に医療分野の拠点を設置。脊磁計については、金沢工業大学、東京医科歯科大学と共同で研究開発を進めています。

ドローン(小型無人航空機)

東京大学、ブルーイノベーション株式会社と共同開発しています。

リコーは、次世代産業の発展のため、テクノロジー系ベンチャー企業(テックベンチャー企業)の創出を支援することも社会の取り組みとして大切であると考えています。2016年3月には、株式会社産業革新機構、株式会社三井住友銀行からのLP出資*を受け、リコー、オムロン株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社の三社でテクノロジー系ベンチャーファンドを設立しました。このファンドは、テックベンチャー企業への資金提供とともに技術シーズの事業立ち上げ・早期実用化の支援を通じて、グローバル市場で競争力のある有望なテックベンチャー企業を創出し、産業界の発展に寄与することを目的としています。

* LP出資:有限責任組合(LP)による出資

ベンチャーファンド設立

イノベーション創出に向けた
研究開発投資と知的財産の取り組み

リコーグループでは、継続的にイノベーションを生み出すために、売上高の5〜6%程度を目安に継続的に研究開発投資を行っています。2016年3月期の研究開発投資額は1,185億円(売上高比率約5.3%)。そのうち、13.5%の160億円を基礎研究分野の開発に充てています。
また、技術開発の成果である知的財産は、他社との競争優位性を図る重要な経営資産のひとつです。そのためリコーグループでは、価値ある知的財産の創出を奨励するとともに、事業の保護と成長に貢献する知的財産の獲得と活用に取り組んでいます。
さらにリコーグループは、基盤事業の強化、新興国での事業展開による事業のグローバル化、新規事業への参入などによる事業領域の拡大といった事業戦略および技術戦略に沿って、国内外における積極的な特許取得を継続して行っています。その結果、海外での特許登録件数は、2015年3月期以降大幅に増加しています。保有特許については、将来の市場、事業を見極めることで不要な特許権を放棄し、保有権利の新陳代謝にも取り組んでいます。

知的財産への取り組み

研究開発投資推移

研究開発投資推移

国内外特許登録件数の推移

国内外特許登録件数の推移

多様な用途に展開する産業用インクジェットを支える技術

リコーの強みであるインクジェットヘッド技術とインク材料技術を組み合わせ、紙だけでなく、紙以外のさまざまな媒体への印刷も可能にしました。

リコーインクジェットヘッド構造イメージ

リコーインクジェットヘッド構造イメージ

画像を拡大

• 産業用インクジェットヘッド

インクをピエゾ素子でノズルから吐出するピエゾ方式を採用。ノズルやハウジングがステンレス製のため、剛性が高く、インクによる耐食性に優れており、高耐久・長寿命を実現しています。また、内蔵のヒーターによる加熱で高粘度インクの吐出が可能なため、最近では多くの3Dプリンターに採用されています。インクの特性にあわせて、ピエゾ素子を駆動する波形を自由に設定できるので、幅広い用途向けのインクに対応し、さまざまな媒体への印刷が可能となります。

凹凸形成が可能な延伸性インク
凹凸形成が可能な延伸性インク

• インク材料

光を照射すると瞬時に硬化する光硬化型(UV)インク、熱で顔料を定着させるラテックスインクなど、各種用途に対応した機能性インクを開発しています。特に延伸性UVインクは、多種基材への高い密着性を保ちながらも、硬化した膜が伸びる特性をもっています。印刷後の加工での多様な形状に柔軟に対応できるようになったことで、3次元加飾が可能となり、自動車関連、電化製品、建材、立体絵画複製など、さまざまな用途への展開が期待されています。

光学センシングで開拓するマシンビジョンの未来

リコーは、1970年代後半から自動化生産設備の自社開発を進めてきました。検査工程でのセンサーモジュール実装などを通じ、人に代わってものを判別したり、人の能力では及ばない領域の情報を瞬時にとらえ判断する、マシンビジョンの技術が磨かれました。
これまで培ってきた光学技術・画像処理技術は、さまざまな高精度特徴をもつカメラに活かされてきました。そして現在、こうしたカメラから得られる2次元・3次元情報や不可視情報、被写体の「位置・形・性質」といった被写体情報をもとに、自動化、さらには状況を迅速に把握したうえで的確な対応がとれるインテリジェントなソリューションサービスの開発に積極的に取り組んでいます。

マシンビジョン(ホワイトペーパー)

FA分野におけるロボットの眼

左右2つのカメラの視差情報を利用して、対象物の正確な位置を3次元データとしてリアルタイムに取得できるステレオカメラ。ピッキング用ロボットのセンサとして機能します。

ステレオカメラ

ステレオカメラ

ドローンの眼

施設内・倉庫内や大型インフラ設備の中など、GPS信号を受信できない環境でも、超広角ステレオカメラにより自己位置の推定や障害物情報の取得ができ、安定した自動飛行が可能となります。

ドローン

ドローンの眼

公共インフラ点検システムの眼

道路などの公共インフラを車で走行しながら検査できるようにするため、高精度に距離を測ることが可能なステレオカメラで道路のひび割れや轍を計測するシステムの技術開発を進めています。

ステレオカメラ

ステレオカメラ

コア技術を活かして医療分野に新たな価値提供を

リコーグループは、2016年4月に横河電機株式会社から脳磁計事業を譲り受けました。それにより得られた医療機器開発・事業のノウハウと、基盤事業で培ってきた画像技術やシステム設計力、生産ノウハウなどのコア技術を掛け合わせ、疾病の予防や早期発見・治療に役立つ価値を提供し、社会課題の解決に貢献していきます。

• 生体磁気計測装置

リコーでは、2014年から脊磁計の研究開発を行ってきました。MRIなど生体の形状を画像化する装置では、脊髄の神経活動の伝達状態を可視化することが困難でした。そこで、超高感度センサーを用いて、神経活動に伴って脊髄から生じる極めて弱い磁場を検出。その計測結果を画像処理し、神経活動の伝達の「見える化」を可能にしました。

脊椎の神経活動を見える化

脊髄の神経活動の様子
脊髄の神経活動の様子

• バイオ3Dプリンター

さまざまな細胞に分化することが可能なiPS細胞(人工多能性幹細胞)は、再生医療や病気の原因解明、薬や化粧品の安全性・毒性評価などへの新しい展開が期待されています。
生体に近い組織構造を再現するためには、複数種類の細胞を任意の箇所に配置し、3次元的に組み立てる必要があります。そこでリコーは、インクジェットヘッドとインク材料の技術を応用し、細胞を細胞用インクと混合させて液中分散させ、かつインクジェットヘッドから細胞をつぶさずに安定して吐出することを可能にしました。
バイオ3Dプリンターで吐出、培養した細胞積層体を用いればヒトの機能を体外で再現することができるため、将来的には人工臓器などの再生医療や、創薬分野での薬効、毒性評価などを支援できるようになるものと考えています。

バイオ3Dプリンター

バイオ3Dプリンター

リコーインクジェットヘッド構造イメージ

環境分野での技術開発

IoT社会では、あらゆる物にセンシング機能が付与されるため、電源確保が難しい場所でも通信を可能にする自立発電型の電源技術が重要となります。そこで、太陽光や照明光、振動や熱など、身の回りにあるわずかなエネルギーを採取して電力に変換し活用する環境発電(エネルギーハーべスティング)技術が注目されています。
リコーは、この分野においてキーとなる新たな技術開発に積極的に取り組んでいます。

色素増感太陽電池

LED照明など室内の微弱光でも効率よく発電できる「完全固体型色素増感太陽電池」の開発に成功。アモルファスシリコン太陽電池の2倍以上の高出力を実現しました。

完全固体型色素増感太陽電池

完全固体型色素増感太陽電池

発電ゴム

柔軟性をもちながら、圧力や振動から従来の圧電材料と同等の高い発電性能を発揮する新材料「発電ゴム」を開発。多方面での応用に向けて実用化を進めています。

発電ゴムの開発に成功

発電ゴム