Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

技術力

コア技術と独自のアイデアで新しい価値を社会に提供しつづける

お客様の働く場の変革や社会課題の解決に貢献する製品や技術を生み出していきます。

多種多様なワークプレイスに新しい価値を提供する

リコーグループは、1950年代に事務機分野に進出して以来、常に革新的なワークスタイルを提案してきました。そして現在、価値創造の領域は、一般オフィスからさまざまな業種や現場・社会を含めたワークプレイスへと拡大しています。多様なワークプレイスの仕事をデジタル化し、お客様の“はたらく”をよりスマートに変革します。個人、組織、社会に新しい価値を提供することで、社会課題の解決と新たな成長機会の創出が両立できると考えています。
働く場と社会の変革に貢献し、お客様に価値を提供しつづけていくために、リコーは、人やチーム・組織が、ありとあらゆる場所でデジタル技術を活用し、「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」を通じて、ワークプレイスへイノベーションを創出しつづけていきます。

技術

新たな領域での価値創出を目指して

リコーグループは、社会課題を解決する新たな可能性への挑戦として、プリンティング技術を進化させ“機能する印刷”をはじめとした産業革新を追求する「成長戦略1」、“オフィスのデジタル化”を推し進める「成長戦略2」を掲げています。
「成長戦略1」の主軸となるプリンティング技術は、商用印刷、産業用インクジェット、ヘルスケアなどに領域を拡げています。紙への印刷にとどまらず、さまざまな材料のインクを打てるインクジェットヘッドにより、立体的な印刷、電子回路や生体への利用などへの応用を進めています。
一方「成長戦略2」では、お客様の「知の創造」を支援するため、マシンビジョンなどによる入力、AIによる分析、表示や制御など、最適な処理を組み合わせ、さまざまなワークプレイスの革新に取り組んでいます。

研究開発体制と開発プロセス

基盤事業における開発プロセス

基盤事業における開発プロセス

画像を拡大

リコーグループでは、日本、米国、インド、中国に研究開発拠点を設け、グローバルに拠点間の連携を深めながらそれぞれの地域特性を活かした市場ニーズの調査・探索、研究・技術開発を行っています。また、世界各地にテクノロジーセンターやカスタマーエクスペリエンスセンターを開設し、お客様のサポートを通じて直接把握したニーズを製品開発へフィードバックする仕組みにより、お客様と一体となった価値共創活動を展開しています。
基盤事業における開発プロセスでは、「研究・技術開発」「商品開発」「販売・サポート」の3つのステージに分けています。技術戦略に基づいた重要技術の開発から、「作らずに創る」というコンセプトに則った効率的な製品開発、そして、お客様のニーズにより積極的に応えていくため、システムソリューション開発やカスタマイズ開発を行っています。

グローバルな研究開発体制

技術開発プロセス

ものづくりへのこだわり

オープンイノベーションの取り組み

リコーグループは、社会的課題の解決に迅速に貢献するために、大学・研究機関、企業の力を活用するオープンイノベーションを推進し、最先端技術の開発を効率的に進めています。
インクジェット技術やマシンビジョン、画像処理技術などのコア技術を応用して、国が支援する最先端研究開発支援プログラムや大学・各種独立行政法人との共同研究開発へも積極的に参画しています。また、ベンチャー企業ともよりよい関係を構築し、新規事業創出の加速を図っています。

オープンイノベーションの事例


バイオプリンティング技術

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構、日本製粉グループの株式会社ファスマックとの協業により、DNA分子の絶対数が1個単位で制御された新しいDNA標準物質を、バイオプリンティング技術を活用して実現しました。

自動運転

自動運転の持つ潜在的課題の抽出とその解決を目指し、国家戦略特区である秋田県仙北市で、AZAPA株式会社と共同実証実験を実施しています。

微細均一造粒

静岡県立大学とのコラボレーションや、静岡県産業振興財団ファルマバレーセンターでの「ファルマバレープロジェクト」への参画を通じて、医薬品製造のイノベーションを目指しています。

2017年11月、国立大学法人千葉大学と「包括連携研究協定」を締結しました。千葉大学の総合大学としての「研究力」と、リコーの「商品化・技術開発力」を集結することで、将来あるべき社会像等のビジョンを共に探索・共有し、イノベーション創出を目指しています。
また、次世代産業の発展のため、テクノロジー系ベンチャー企業(テックベンチャー企業)の創出を支援するためのファンドを2016年3月に設立しました。
このファンドを通じて、テックベンチャー企業への資金提供とともに、技術シーズの事業立ち上げ・早期実用化の支援を行い、産業界の発展に寄与することを目的としており、2018年8月時点で11社に資金提供を実施し、事業立ち上げの支援を行っています。

国立大学法人千葉大学と「包括連携研究協定」を締結

オープンイノベーション型ベンチャーファンドの設立

イノベーション創出にむけた研究開発投資と知的財産の取り組み

リコーグループでは、積極的にイノベーションを生み出すために、売上高の5〜6%程度を目安に継続的に研究開発投資を行っています。2018年3月期の研究開発投資額は1,110億円(売上高比率約5.4%)。そのうち、9.9%の109億円を基礎研究分野の開発に充てています。
また、技術開発の成果である知的財産は、他社との競争優位性を図る重要な経営資産のひとつです。そのため、価値ある知的財産の創出を奨励するとともに、事業の保護と成長に貢献する知的財産の獲得と活用に取り組んでいます。
さらに、基盤事業の強化、新興国での事業展開によるグローバル化、新規事業への参入などによる事業領域の拡大といった事業戦略および技術戦略に沿って、国内外で実効性の高い特許取得を継続して行っています。海外での特許登録件数は、2015年3月期以降国内登録件数を上回っています(2018年3月現在)。保有特許については、将来の市場、事業を見極めることで不要な特許権を放棄し、保有権利の新陳代謝にも取り組んでいます。

知的財産への取り組み

研究開発投資推移

研究開発投資推移 *2018年3月期より、事業の種類別セグメントを変更しています。

国内外特許登録件数の推移

国内外特許登録件数の推移

成長戦略1 プリンティング技術の可能性を拡大し、新たな価値を創出

オフィスでのプリントから始まった技術は、商用印刷や産業印刷へと用途を拡大し、衣・食・住のさまざまな領域、さらには「機能する印刷」へと展開されつつあります。

インクジェット技術の拡がり

リコーのインクジェット技術は、印刷対象に合わせてインク滴を自在な大きさにあやつり、均質で正確に打つ「インクジェットヘッド」、用途に応じて適切な画質を再現する「インク・サプライ」、印刷位置を精密に制御する「位置制御」の3つのキーテクノロジーが連携して、高い品質のプリントを実現しています。さまざまなメディアに対応するリコーのインクジェット技術が、衣・食・住、医療、産業などの分野にこれまでにない価値を提供します。

リコーのインクジェット技術の広がり

リコーインクジェットヘッド構造イメージ

リコーインクジェットヘッド構造イメージ

剛性が高く耐食性に優れるステンレスハウジング

表示する印刷

● [衣] テキスタイル

ガーメントプリンター「RICOH Ri 100」は、カセットにTシャツをセットしたら印刷実行可能です。印刷後の着心地と洗濯堅牢性も両立します。

ガーメントプリンター RICOH Ri 100

RICOH Ri 100

● [食] パッケージ・可食プリント

食品パッケージのオンデマンド印刷などのほか、耐食性に優れ、ピエゾ素子とインクが触れない構造の液室を持つインクジェットヘッドで、食品への安全な可食プリントも実現します。

ラベル・パッケージ

菓子へのデザイン印刷

食品パッケージ オンデマンド印刷

可食プリント

● [住] インテリア・装飾

トレンドサイクルが早く、多様なニーズのあるインテリア材・建材分野にインクジェット技術を活用しています。リコー独自のインクで、アクリルやガラス、木材、アルミ、鋼板など、さまざまな基材に高い密着性を実現しています。立体感や質感までも加えてデザイン性を向上します。

装飾・加飾

インテリア・装飾 印刷

“プリントのちからをどこまでも”

リコーのインクジェット技術の拡がりを紹介するサイトを公開しています。
コアテクノロジー、歴史、イノベーション事例などがご覧いただけます。

jp.ricoh.com/technology/inkjet/

機能する印刷

● ヘルスケア

バイオプリンティング技術の開発と応用

リコーは、細胞を生きたまま精密に吐出する独自のインクジェット方式を採用したバイオプリンティング技術の開発を行っています。
この技術を活用したバイオ3Dプリンターによって、生体組織構造を再現し、より生体に近いヒト組織モデル作製が期待できます。
また、遺伝子検査の領域では、検査プロセス、装置、試薬に問題がないかを高い精度で確認する“ものさし”として、DNA分子の数を1個単位で制御した標準物質「DNA標準プレート」の製造技術を共同で開発しています。標準物質とは、成分の含有量が明確に規定された、測定の基準となる物質のことで、遺伝子検査装置および試薬の精度管理で使うことができます。

バイオ3Dプリンター

DNA標準プレート

新規育成 - ヘルスケア

DNA標準物質製造プロセス

DNA標準物質製造プロセス

微細均一造粒

リコーでは、インクジェット技術により、微細かつ均一な粒子の生成を実現する技術の開発を行っています。この技術を医薬品(吸入薬等)に応用することで、狙った部位に薬剤を効率的に届けて作用させる、副作用を抑制するなどの効果が期待できます。
インクジェットヘッドから非常に細かな液滴を高頻度で噴射して、超高速で乾燥させることにより、ミクロンサイズの粒子を均一に生成することができます。開発した装置では、1秒間に5.2億個もの液滴を噴射することが可能です。

微細造粒技術

微細均一造粒

ソフトマテリアル

水分を多く含むナノコンポジットハイドロゲルを用い、実物と同様の軟らかさ・形状を3D造形できる臓器モデル等の作製に、3Dプリンターの活用を進めています。従来難しいとされていた中空構造も再現できます。医療の現場や医師のトレーニングに活用できる臓器モデルの技術開発を行っています。

ソフトマテリアル

生体に近い感覚で手技をシミュレーション

生体に近い感覚で手技をシミュレーション
写真提供:横浜市立大学医学部

血管の中空構造を再現し、カテーテル操作のシミュレーションが可能に

血管の中空構造を再現し、カテーテル操作のシミュレーションが可能に
写真提供: 名古屋大学医学部

● ものづくり革新

リコーは、原料をインクジェットで吐出して、所望の位置に所望のパターンで形成するインクジェットプリンティング法により、ピエゾ薄膜を数ミクロンの厚さで形成したアクチュエータの開発に成功しました。一般的な半導体製造プロセスではエッチング法でパターンを形成しますが、インクジェット法は必要なインクのみをパターン部に直接配置するため、大幅な工数・コスト削減が可能です。フレキシブルディスプレイやプリンテッドエレクトロニクス、電子素子分野での応用を目指しています。

ピエゾ薄膜の形成技術

多くの技術を組み合わせて正確なパターンを形成

多くの技術を組み合わせて正確なパターンを形成

成長戦略2 「知の創造」を通して、オフィス、現場、社会にイノベーションを

リコーは、創業以来さまざまな業種・業態のお客様に価値を提供し、現在では140万社を超えるお客様の「知の創造」を支援しています。オフィス、現場、社会をデジタルでつなぎ、お客様の新たな価値創造に貢献する技術開発に取り組んでいます。

ありとあらゆるワークプレイスの「知の創造」を支援し、 社会に活力を

人の働く場は業種や業務によって異なり、ありとあらゆる場所に拡がっています。グローバル化により、異なるタイムゾーンや環境の人がデジタルでつながり、絶え間ないやりとりをしています。リコーはこれらのやりとりこそ、「知の創造」の源泉と捉えています。エッジデバイスによる「入力」、AIなどによる「処理」、最適な方法での「可視化」の3つのステップを有機的に連携するIoTなどのテクノロジーとサービスの提供で、イノベーションを生み、社会に活力をもたらすことを目指します。

「知の創造」サポート

「知の創造」サポート

● [オフィス] コミュニケーションとAIが“はたらく”を変革

人々の“はたらく”価値観が変化する中で、企業は競争力強化を求められています。リコーはビジュアルコミュニケーション技術やAI技術の活用により、生産性、経済性、働き方などの課題を解決するソリューションを提供しています。

ビジュアルコミュニケーション

2017年10月発売の「RICOH Unified Communication System Advanced」は、異なる機器や環境をつないだ仮想会議室でコミュニケーションができるテレビ会議システムです。他社の機器やWebブラウザ、スマートデバイスとの相互接続、外部ゲストの招待もでき、必要な時に必要なメンバーで即座に会議が開けます。移動の時間や費用が大幅に削減でき、生産性向上、働き方改革に貢献します。

AIによる自動与信

金融の分野にむけ、従来、人が行っていた与信判断をAIが行う「与信モデル」を開発し、リコーリース株式会社の業務で実際に活用しています。与信業務を省力化するだけでなく、デフォルト(貸倒れ)を高精度に予測することで損失低減も可能になります。

UCS Advanced

仮想会議室接続タイプ

自動与信のためのAI技術

RICOH Unified Communication System Advanced

AIが行う「自動与信技術」

● [現場] オフィスとつないだ「見える化」の活用で生産性と付加価値を向上

見えなかったものが見えると“現場”が変わります。リコーは情報の入力、処理、可視化技術を組み合わせ、さまざまな現場で「見える化」を実現し、オフィスとの連携で付加価値を向上しています。

振動データ見える化システム

設備や機械をモニタリングし、独自開発のセンサーとデータ解析技術を組み合わせ、機器の異常検知に必要なデータ抽出を可能にしました。故障の未然防止やダウンタイム短縮だけでなく、将来的には予兆検知によるメンテナンス最適化にも貢献する技術です。

振動データの見える化システム

公共構造物点検システム

RICOH Open Remote Services

リコーに蓄積したIoT技術、ビッグデータ技術、保守サービスのノウハウを活用し、製造業のお客様のビジネス支援を開始します。第一弾は、検査機器や加工装置などの産業機器を遠隔で監視するリモート監視サービスの提供を予定しています。

● [社会] 技術革新でもっと「安心・安全」な社会を

路面性状モニタリングシステム

道路や橋などのインフラや構造物の老朽化が社会課題となっています。それらを計画的に維持管理することで、社会の「安心・安全」が増大します。
リコーは、車両を走らせて路面を撮影し、劣化を計測する「路面性状モニタリングシステム」を開発。一般車両に搭載できるため、大型の専用車両では計測が困難だった生活道路にも活用できます。
ステレオカメラ*を複数台用いて、一度の走行・撮影で「ひび割れ率」「わだち掘れ量」「平たん性」の計測を実現します。また、人工知能(AI)の機械学習によって得たモデルで画像を自動判読し工数を削減。これらの結果から、維持修繕判断のための総合的な指標である「MCI (Maintenance Control Index)値」を算出し、調書作成を支援します。結果を地図上にマッピングすることも可能となり、道路の舗装状態を可視化していきます。

*ステレオカメラ:2台のカメラの視差情報を利用し、前方の対象物の奥行き情報(3次元情報)が得られるカメラ。

路面性状モニタリングシステム

路面性状モニタリングシステム

公共構造物点検システム

高所や危険があるため人が入れない橋梁などの場所で、球殻ドローンによる画像撮影とAIでの損傷検出により、安全と点検の効率を向上します。
リコーの開発したカメラで接写(マクロ)撮影を行い、撮影画像を自動的に3次元復元・パノラマ画像化します。位置を紐付け、点検要領に沿った調書作成を支援します。

公共構造物点検システム

公共構造物点検システム 橋梁を点検する球殻ドローン

自動運転にむけた環境認識技術

車社会の安全への貢献を目指し、ステレオカメラ、センシング、画像解析技術などを活用した車両搭載技術を開発しています。リコーは、これらを用いた自動運転機能の検証と潜在的課題の抽出を目的にAZAPA株式会社と共同で、秋田県仙北市などでの実証実験を行っています。
複数のステレオカメラで周囲を死角なく見渡す「全方位3D認識」で歩行者や車両などの物体を認識し、障害物の多い複雑な環境における走行判断を支援します。画像の特徴点から、「車両がどれだけ動いたか」をリアルタイムに算出し、自己位置を推定します。物体だけでなく、白線や路肩を認識し、法規的・物理的な運転可能領域(Drivable Area)を割り出します。これらにより、停止、追い越し、交差点進入など複雑な場面での状況判断を支援します。

車両の全方位にセンサーを配置 車両の全方位にセンサーを配置

生体磁気計測

リコーの技術は医療の進歩にも貢献していきます。生体から生じるわずかな磁気を、高感度センサーで計測し、ノイズ除去や信号処理により神経活動を精密に「見える化」します。
「脳磁計測システムRICOH MEG」は脳の状態を把握することで「てんかん」の診断に加え、これまで難しいとされてきた「発達障害」の早期診断にも寄与します。臨床分野だけでなく、複雑な脳機能の解明や脳科学を用いた応用研究分野での活用が期待されます。
さらに、発生する磁場がより小さい脊髄の神経活動計測にも取り組んでいます。身体への負担なく、神経活動の伝達を確認することができます。

脳磁計測システム RICOH MEG

脊椎の神経活動を見える化

脊椎の神経活動計測システム 脊椎の神経活動計測システム