Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

サプライチェーンマネジメント

グローバルなSCM構造改革によりお客様満足度と利益創出の同時実現を追求

リコーグループは、日本、米州、欧州、アジア・パシフィック・中国に21の主要生産拠点をもち、各極の販売部門と緊密に連携し、地域のお客様に製品・サービスの提供を行っています。サプライチェーンマネジメント(SCM)の調達から回収・リサイクルまでの取り組みに、設計や情報システムなどを連携させることにより、リコーグループの全部門・全プロセスを包含したSCMプロセスを構築してきました。お客様起点のSCMの構築を通じて、お客様満足度と利益創出の同時実現を追求するとともに、サプライチェーンにおける社会的責任を果たすための取り組みを積極的に推進しています。

SCM構造改革の主な戦略

リコーグループではものづくり体制の強化を継続的に図っています。調達、生産、販売・サービス、物流、回収・リサイクルまでの各ステージに、商品企画、開発、設計、技術、情報システムを連携させることにより、全部門・全プロセスを包含したSCMプロセスを構築するとともに、各極・各部門と連携した全部門参画型の改善・改革活動を進めています。

SCMの考え方

グループ連結在庫の最適化

リコーグループの事業展開は、先進国だけにとどまることなく、新興国をはじめ、新しい地域への拡がりを見せています。新規のビジネス案件の増加に伴い、サプライチェーン上の製品数は増加していきます。そこで、事業拡大と事業転換を進めながら、グループ全体での在庫を抑制または削減することによって、資金調達や運用の一層の効率化を推進。生産のフレキシビリティを高めながら、それぞれの顧客要望に細かく応えられる柔軟なサプライチェーン構築を進めています。

グローバル在庫可視化ツール Global Inventory Viewer(GIV)


リコーでは、GIVというシステムツールを開発し、世界のどこにどういう在庫があるのか、日々の在庫状況を可視化しています。在庫の健全性というインディケーターを出発点に、全世界の在庫のモニタリングを遅滞なく行い、早期在庫是正のための判断とアクションをとっています。

グローバル在庫可視化ツール

<GIVの効果> ・在庫の低減 ・品不足の防止 ・偏在庫の抑制
棚卸資産および棚卸資産回転期間

棚卸資産および棚卸資産回転期間の推移グラフ

製品供給網の再編に合わせた最適な調達の仕組みと購入原価の低減

アジア各国での市場拡大等をにらんで、タイ工場を中心としたASEAN地域の生産性能力の増強や戦略機種のシフトを加速しています。この生産シフトと同期して、購入原価の低減を一段と進めるとともに、2012年度には、タイ調達センターを設立。タイにおける新規サプライヤーを開拓・拡大するなど、アジアにおける部品調達網の再編を行っています。

物流コストの削減

包装・運送・空間・積替え・保管の5つの無駄の視点を切り口に、コンテナなどの積載効率向上、輸送経路や物流拠点配置の最適化などの活動を海外拠点と一体となって、物流コストの削減と環境負荷低減の活動を同時に進めています。

生産プロセス革新によるコストダウンと省エネの推進

環境負荷削減とさらなる生産コスト低減の観点に立ち、生産プロセス革新に取り組んでいます。生産量や機種の変動にも柔軟な対応が可能で、環境負荷の低い生産方式の導入や製造設備の省エネ、自然エネルギーや天然ガスへのエネルギー転換等を進めています。また、ここで獲得したノウハウや仕組みを社会に提供していくことにより、社会の環境負荷削減にも貢献していきます。

成長事業領域へのSCM展開

経済成長の著しいBRICSやアジア諸国に向けて、事業の拡充を進めています。そのために調達・生産体制の強化や物流ネットワークの再編・最適化を推進しています。

物流導線上に組み立て拠点を設け、輸送コストとリードタイムを削減


Ricoh European Production Centre設立
MB&R型生産の新たな拠点として、オランダにある欧州極の物流拠点European Distribution Centre(EDC)内に2014年1月にRicoh European Production Centre(REPC)を立ち上げました。
これまでは、集約生産拠点であるタイや中国で基本モジュールを生産したのち、消費地生産拠点であるRicoh Industrie France S.A.S.(RIF、フランス)とRicoh UK Products Ltd.(RPL、イギリス)で、お客様のニーズに応じた仕様の製品を完成し、その後、EDCに製品を一旦輸送した後、そこから欧州各地のお客様に出荷していました。販売部門と生産部門の連携により、REPCが稼働することで、消費地生産拠点の機能を物流導線上に集約し、輸送コストやリードタイムをさらに削減することが可能となりました。この施策により、物流費等で年間1,000万ユーロ強の改善効果を見込んでいます。

Ricoh European Production Centre設立

詳細はこちら

事業継続マネジメント(BCM)

販売地域の拡大に合わせサプライチェーンも拡充してきた結果、広域なサプライチェーンを取り巻くリスクも自然災害から国際情勢の変化など、多岐にわたってきています。このためビジネスインフラとしてのサプライチェーンに対するリスクマネジメントを強化しています。一方、東日本大震災以降、有事に際してもお客様の事業を止めない、影響させない能力が取引要件として特に、求められています。また、MFPやプリンター、ファックスなどは「社会インフラ」の一部にもなっており、災害時にも使える情報伝達手段として重要な役割を担っています。
お客様の事業を止めないことと、社会インフラ企業や団体の継続維持を最優先することを基本方針に、地震・津波、水害などの広域災害や火災、事故、新型インフルエンザ等を対象として、製造拠点の二重化や部品調達系列の二重化、材料や部品在庫の積み増し等、サプライヤーのBCM強化の協力も取りつけながら、とぎれることのないサプライチェーンを構築し、企業集団としての事業継続能力向上に取り組んでいます。

詳細はこちら

サプライチェーンのCSR

私たちは、事業活動全般において広く「影響力を及ぼす範囲」を認識し、社会的責任経営を推進しています。その中で特にサプライチェーンには、関係する企業や人々が多く、意図しないマイナス影響を回避または最小化する配慮が重要です。人権・労働・環境等の国際的なガイドラインに照らしながら、自社の生産工場のみならず、サプライヤー企業も含めた倫理的な行動を徹底し、継続的に活動のレベルアップを図っています。

詳細はこちら

児童労働問題に対する取り組み

リコーグループは、TRM(トータル・リスク・マネジメント)重点活動項目のひとつとして、児童労働を取り上げ、関連部門による取り組みを行っています。すでに国内外の生産拠点における児童労働の禁止に関する法令の遵守状況を把握しており、調査結果から違反の事実がないことを確認しています。また、サプライヤーCSRセルフアセスメント結果からも、児童労働に関する違反の事実がないことを確認しています。私たちは今後も、継続的に児童労働に対する監視を行っていきます。