Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs
Main content

マテリアリティに対する取り組み事例テレビ会議システムと電子黒板の組み合わせによって、場所にとらわれず多様な人材が創造性を発揮できる環境づくりを実現

SDGs 8, 9

背景と課題

持続可能な経済成長は、社会の健全な繁栄に不可欠であり、あらゆるセクターにおいて継続的な生産性向上、創造性やイノベーションの促進が求められています。

また、ビジネスがグローバル化し、場所にとらわれない働き方や多様な地域・人材との協働が増える一方、十分なコミュニケーション手段がなく、意思の疎通や確認作業に時間やコストがかかるなどの問題が発生しています。

事業を通じたお役立ち

イメージ

リコーはテレビ会議システム(RICOH Unified Communication System)や電子黒板(RICOH Interactive Whiteboard)などのビジュアルコミュニケーション機器を通して、離れた場所でも「いつでも・どこでも、だれでも・だれとでも」必要なときにすぐにコミュニケーションし、新しい働き方を生み出す環境づくりをサポートしています。

またICT技術を活用してイノベーションの実現に必要なコミュニケーション・コラボレーション変革に貢献していきます。