Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

複合機を取り巻くセキュリティ脅威と対策

複合機を取り巻くセキュリティ脅威と対策

情報化社会の発展と共に、コンピュータウィルスや個人情報の漏えい、外部からの不正アクセスなど様々な脅威が我々の周りを取り囲んでいます。多様化する脅威に対し、お客様にとってセキュリティ対策の取り組みが、最も重要な課題のひとつとして取り上げられています。

このようなセキュリティの脅威は、パソコンやサーバー、ネットワークに限られた話ではありません。複合機についてもIT機器のひとつとして捕らえ、適切な設定・運用をすることによりセキュリティの脅威を軽減することが可能です。リコーでは複合機のセキュリティ対策にいち早く着目し、あらゆるセキュリティ脅威を可能な限り想定して下記のような様々な取り組みを行っています。

オフィスセキュリティの「脅威」!?

ネットワークからの不正アクセスと対策

ネットワークからの不正アクセスと対策

ネットワークに接続された複合機は、侵入者にネットワーク経由でアクセスされ情報漏えいなどに繋がってしまう危険性があります。ユーザー認証やフィルタリングの機能をご利用いただくことで、そのリスクを抑えることが可能です。


電話回線からの不正アクセスと対策

電話回線からの不正アクセスと対策

電話回線により外部に接続されている機器は、電話回線からアクセスされてしまうという危険性があります。リコーの複合機は、電話回線から内部のネットワークにアクセスできないように設計していますので、悪意を持った人間がファクス用の電話回線を介して社内ネットワークに不正にアクセスすることはできません。


ネットワークを流れる情報の盗聴・改ざんと対策

ネットワークを流れる情報の盗聴・改ざんと対策

複合機は、ネットワークを通じて重要な情報をパソコンやサーバーなどとやり取りしています。そのため、悪意を持った人間が外部からネットワークに不正にアクセスして、その情報を盗聴・改ざんする恐れがあります。リコーの複合機はネットワークの通信を暗号化する機能を採用しております。これらの機能をご利用いただくことで、リスクを抑えることが可能です。


操作パネルでの不正操作と対策

操作パネルでの不正操作と対策

オフィスに設置されている複合機は操作パネルからの不正な操作によるセキュリティのリスクに晒されています。情報漏えい事件の多くが内部の人間によるものであると言われています。ユーザー認証機能を使用し、アクセス権をユーザー毎に正しく設定することで、ユーザーが必要のない情報や機能にアクセスできないように管理・運用することが重要です。


記憶媒体からの情報漏えいと対策

記憶媒体からの情報漏えいと対策

複合機はアドレス帳や蓄積文書などの記録のためにハードディスクなどの記憶媒体が搭載されています。また、このハードディスクには送受信や印刷のための一時的な作業用画像データが記録されます。このような記憶媒体を、その中に保存されているお客様の重要な情報と共に持ち去られ・読み出されることによって情報漏えいに繋がってしまうという危険性があります。データの暗号化機能・消去機能を使用することで、このようなリスクを抑えることが可能です。


出力紙からの情報漏えいと対策

出力紙からの情報漏えいと対策

複合機のトレイに放置された出力紙を持ち去られたり、盗み見されたりすることで情報漏えいに繋がってしまう可能性があります。ユーザー認証や機密印刷機能をご利用いただき、情報を必要な分だけを出力し、放置しないことを徹底いただくことでこのリスクを抑えることが可能です。


うっかりミスによる情報漏えいと対策

うっかりミスによる情報漏えいと対策

悪意はなくても、機密情報とは知らずにコピーして拡散した情報が持ち出されたり、誤った宛先にファクスを送信したりすることで、情報漏えいに繋がってしまうことがあります。リコーの複合機はユーザーのうっかりミスによる情報漏えいの危険性を抑える機能を用意しています。

機器をご利用いただくお客様へのお願い(セキュリティ機能を活用した運用のお願い)

機器のセキュリティを確保するためにはお客様の環境に合わせたセキュリティ設定をしていただく必要があります。
悪意を持った攻撃者による被害を防ぐため、以下の点にご注意いただき、機器の設置および設定を適切に行っていただきますようお願いいたします。

<機器をご使用になる前に>

  1. 機器が持ち出されたり壊されたりすることなどがないように、セキュリティ管理の行き届いた環境に機器を設置してください。
  2. 機器の購入者は、本機を適切に運用して頂ける方を管理者とスーパーバイザを選定し、その方の管理下で運用してください。
  3. 管理者の方はセキュリティ機能をご使用になる前に、使用説明書を最後までよくお読みのうえ、正しくお使いください。
  4. 管理者の方は、ユーザーの方がセキュリティ機能を正しくお使いいただけるように、利用方法をご指導ください。
  5. 例外や異常な動作を確認するためには、定期的なログ情報の監査をお勧めします。
  6. 機器をネットワークに接続するときは、ファイアウォールなどによって保護された環境でお使いください。
  7. 通信中のデータを守るために、セキュリティ通信機能を利用するときは、暗号化機能などのセキュリティ通信機能に対応した接続機器をお選びください。
  8. 悪意のある第三者による不正な操作を防ぐために、機器管理者用およびスーパーバイザ用のパスワードを設定・変更してください。(最新の機種では最初の起動時にパスワード設定を促す画面を設けています。)

<機器のご利用終了時に>

機器内に残されたお客様の情報資産漏洩を防ぐため、機器の返却・廃棄・譲渡などで機器のご利用終了の際には、必要に応じてお客様ご自身で情報の消去を行ってくださいますようお願いいたします。

リコーでは情報資産を消去するための機能やサービスを提供しています。必要に応じてご利用いただけますようお願いします。詳しくは、販売店にお問い合わせください。