Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

「GR DIGITAL II」機能拡張ファームウェアの第四弾をリリース

2009年4月15日
株式会社リコー

  株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、2007年11月に発売しました高画質コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL II」向けに、機能拡張ファームウェアの第四弾を4月22日にリリースいたします。
  「GR DIGITAL II」は、2005年10月の発売以来約2年にわたってご好評をいただいた「GR DIGITAL」の後継機で、プロフェッショナルやハイアマチュア、写真好きの方にご満足いただける画質をコンパクトなボディで実現しています。機能拡張ファームウェアは、「GR BLOG」やお客様登録時のアンケート情報などを通じて数多くのお客様からいただいたご意見・ご要望にお応えし、すでにお買い上げいただいた「GR DIGITAL II」を最新の機能にアップデートするものです。今回は、「GR DIGITAL II」向けとしては、2008年3月、7月、11月に続く第四弾となります。
(※) 前機種の「GR DIGITAL」向けには、第一弾を2006年3月24日にリリースして以来5回のリリースを行い、多くの皆様にご好評をいただきました。
  機能拡張ファームウェアおよび機能の使用説明書は、リコーウェブサイト上から無償でダウンロードしていただけます。
<拡張される機能>
(1) 内蔵フラッシュの発光量をマニュアル設定することが可能に
フラッシュモードを「マニュアル発光」に設定した場合の、内蔵フラッシュの発光量が設定可能に。発光量は、フル発光から1/45まで12段階で選択可能。
背景や被写体の反射率に左右されずに発光量を固定することが可能
露出情報を得るためのプリ発光を行なわないためタイムラグが少ない
(2) フラッシュ発光のタイミングが設定可能に
フラッシュが発光するタイミングを、「先幕」(露光開始直後)または「後幕」(露光終了直前)から選択可能に。
通常はシャッターを押したタイミングで光る「先幕」が便利
動く被写体をスローシンクロで撮影するときは「後幕」モードを使用すればより自然な光跡で撮影することが可能
(3) マイセッティング登録へのホワイトバランス補正の登録が選択可能に
ホワイトバランス補正で設定した値をマイセッティング登録で保存するかどうかの選択が可能に。
(4) TODAY'S SHOTS表示機能の追加
電源オフ時に、その日の記録枚数を液晶モニターに表示することが可能に。