Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、東京・銀座の三愛ドリームセンターにフォトギャラリー「RING CUBE(リング キューブ)」を開設
~「GR DIGITAL」発売3周年の2008年10月21日オープン~

2008年10月2日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、気軽に写真を楽しんでいただく「Candid Photo文化」を育む場として、東京・銀座の三愛ドリームセンターの8、9階にフォトギャラリー「RING CUBE(リング キューブ)」を、「GR DIGITAL」発売3周年となる2008年10月21日(火)に開設いたします。

 「RING CUBE」は、「写真を展示する場、鑑賞する場」としてだけではなく、写真を楽しみ、写真を通じて自己表現をしたい方々が集える場所を目指します。写真をもっと身近に感じていただくために、写真を観る楽しみ、撮影する楽しみを体験していただき、お客様とリコー、お客様とお客様がつながって、写真の可能性を広げていく拠点にしたいと考えます。展示内容に合わせてフレキシブルに演出される円形の写真展示空間「ギャラリーゾーン」に加え、新しい写真表現や楽しみ方を探求する「クリエイティブゾーン」、新製品の体験やリコーの歴代カメラを展示する「カメラゾーン」で構成されます。

 また、運営においては、人々に写真の楽しみを伝えていきたいという共通の意思を持ったサポーター集団「doughnuts(ドーナツ)」を一般公募し、企画提案や実務支援を行う体制を取り入れることで、常に進化し続けるフォトギャラリーを目指しています。(応募要綱は後日Webサイト上で公表します)

 リコーは、「気軽にカメラを持ち歩き、気軽に撮影した写真を大切にして、楽しむ」ことを「Candid Photo文化」と位置付け、これを支援するための活動を「Candid Photo Project」と名付けています。撮影を楽しむ道具としてのカメラのご提供や、各種フォトコンテストの開催、美術館や教育機関などとの協力により、芸術・文化支援活動に一歩ずつ取り組んでいます。今回のギャラリー開設もこの活動の一環となるものです。

 銀座のランドマーク的建物の一つである三愛ドリームセンターは、リコーの創業者・市村清が、同じく市村が設立した婦人服の三愛などを含む「リコー三愛グループ」のシンボルとして昭和38年に建設したものです。アートやファッションの感度が高いこの地にギャラリーを開設することで、「Candid Photo文化」の活性化に微力ながら取り組んでまいります。
<概要>
■名称 : RING CUBE(リング キューブ)
名前の由来: 写真を通じて人と人とのつながりが輪となり広がっていくイメー ジと三愛ドリームセンターの形をモチーフに命名
■場所 : 東京都中央区銀座5-7-2 三愛ドリームセンター8階/9階(受付9階)
■電話 : 03-3289-1521(10月21日開設予定)
■URL : http://ringcube.jp
■施設構成 :
(1) ギャラリーゾーン(RING CUBEのメインゾーンとなる写真展示空間)
(2) クリエイティブゾーン(ワークショップスペース、新しい写真の楽しみ方を創造する実験ラボスペース)
(3) カメラコーナー(新製品の体験や、リコー歴代カメラの展示コーナー)
■オープン : 2008年10月21日(火)
■開館時間 : 11:00~20:00 (火曜日および年末年始休館 ただし10月21日を除く)
■展示内容 : 2008年10月21日(火)~11月10日(月) リコーフォトコンテスト展
2008年11月13日(木)~11月24日(月) フォトカレンダー展
■入場料 : 無料
(*) ギャラリー企画については別途ニュースリリースをご参照ください。 11月26日(水)以降の企画につきましては、弊社Webサイト上で順次ご案内いたします。
RING CUBE外観(イラスト)
RING CUBE外観(イラスト)