Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

7.1倍ズーム(28~200mm)・手ブレ補正機能搭載の小型デジタルカメラを604万画素化「Caplio R4」を新発売

2006年3月3日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:桜井正光)は、コンパクトボディにクラス最大の光学7.1倍(35mm判カメラ換算で28mm~200mm)広角・高倍率ズームと手ブレ補正機能を搭載した上で、604万画素CCDを採用することにより、さらなる高精細の撮影を可能にしたデジタルカメラ「Caplio(キャプリオ) R4」を開発し、新発売いたします。
  • 3月2日現在、重量150グラム以下のコンパクトデジタルカメラの中で
  • 製品名 Caplio R4
    ボディカラー シルバー/ブラック
    希望小売価格 オープン価格
    発売日 2006年3月17日
    月産台数 50,000台
  • *付属品として、リチャージャブルバッテリー、バッテリーチャージャー、AVケーブル、USBケーブル、CD-ROM(ソフトウェア)、ストラップなどが含まれます。
  •  新製品「Caplio R4」は、厚さ26mmのコンパクトなボディに光学7.1倍広角・高倍率ズームと独自のCCDシフト方式手ブレ補正機能を搭載した「Caplio R3」(オープン価格、2005年11月21日発売、有効513万画素CCD搭載)の後継機です。従来機の特徴はそのままに、お客様のニーズにお応えして、(1)有効604万画素CCDの採用、(2)バッテリーの更なる長寿命化、(3)高画質液晶の搭載など、様々な進化を実現いたしました。

     リコーは、従来から“撮影領域の拡大”をコンセプトに、特徴ある商品作りを進めてまいりましたが、今回の「Caplio R4」は、そのコンセプトをさらに推し進めたものです。
    <新製品Caplio R4の主な特徴>
    1. 新たに高精細604万画素CCDを搭載しました。
      有効604万画素のCCDを新たに搭載。独自の画像処理システム「スムースイメージングエンジン」とあいまって、高精細かつ描写力に優れた高画質を実現。
    2. 標準付属のリチャージャブルバッテリーで約330枚という長時間撮影が可能です。
      内部回路の省電力化により、バッテリーの長寿命化を実現。手ブレ補正機能や大型液晶を搭載しながらCIPA規格で約330枚という長時間撮影が可能(Caplio R3は約310枚)。
    3. 2.5型・15万画素の大型・高精細液晶を搭載しました。
      見やすい2.5型・15万画素の液晶を搭載(Caplio R3は2.5型・11万画素)。
      大きく高精細な画面を活かし、再生時に同時に12枚の写真を表示可能。また前後の写真を確認しながら送り・戻しできる3画面表示も可能。
      撮影アイコン拡大機能を搭載。頻度の高い機能のアイコンを大きく表示することが可能。
      液晶の明るさをワンタッチで最大輝度に切り替えることが可能。明るい場所での見易さを向上。
    4. わずか26mm厚、質量約135gのボディにクラス最大の7.1倍広角・高倍率ズームレンズを搭載しています。
      レンズ収納時にレンズ群の一部を鏡胴外に逃がす独自の機構「リトラクティングレンズシステム」を発展させた「ダブルリトラクティングレンズシステム」を採用。これにより、28~200mmの7.1倍ワイドズームレンズをわずか26mm厚のボディに搭載することを実現。
      広大な風景や被写体との距離が取れない室内でのワイド撮影から、被写体に迫った迫力ある望遠撮影まで幅広く対応可能。
    5. CCDシフト方式による手ブレ補正機能を搭載しています。
      手ブレを感知すると、CCDがそれを打ち消す方向に動いて補正する、独自開発のCCDシフト方式手ブレ補正機能を搭載。シャッタースピード2~3段分の効果を発揮。
      レンズに補正機構を組み込む必要がないため、レンズ設計の余裕度が高く、薄型と広角・高倍率の両立に貢献。
      高倍率の望遠撮影やマクロ撮影、フラッシュを使用しない室内撮影などに威力を発揮。
    6. リコー得意の強力なマクロ機能を搭載しています。
      最短1cmまで近づいて撮影できるマクロモードを搭載。
      「ズームマクロ機能」を搭載。通常のマクロ撮影よりも被写体を大きく撮影できる様にレンズ位置を自動的に設定。さらに、デジタルズームを使用しての撮影も可能。
      「AFターゲット移動機能」を搭載しており、カメラを固定したまま構図内の任意の被写体にピントを合わせることが可能。また、被写体の大きさやコントラストの情報から最適な測距エリアを決定することにより、マクロ撮影時の高いピント合わせ精度を実現。
    7. 好評の快速レスポンスによるストレスの少ない撮影が可能です。
      レリーズタイムラグ(フォーカスロックを使用しない状態でシャッターボタンを押してから露光開始までの時間)は、約0.09秒(手ブレ補正OFF時)と高速。とっさの撮影が要求される子供やペットの一瞬の表情や動きなど、一瞬のシャッターチャンスを逃さないストレスの少ない撮影が可能。
      フォーカスロックした状態(シャッター半押しの状態)でのシャッターを押してから露光開始までの時間も約0.007秒と高速。
      撮影間隔は約0.5秒(手ブレ補正OFF時)、起動時間は約1.1秒と高速。
    ※フラッシュOFF時の測定値
    8. ななめ補正機能を搭載しています。
      撮影時の構図に基づいて、特徴的な四辺形を画像から自動的に抽出し、それを長方形に補正する独自アルゴリズムにより、斜めから撮影した画像をあたかも正面から撮影したように補正することが可能。黒板、OHP、時刻表、看板などの被写体を正面から撮影できない場面など、ビジネスシーンに威力を発揮。
    9. リコーのカラー複合機・プリンターとの連携により、ビジネスシーンで多彩な機能を発揮します。
      PictBridgeに対応したプリンターならUSB接続によるダイレクトプリントが可能。
      さらに、リコーの高速カラー複合機「imagio MP C3000/C2500/C1500」やレーザープリンター「IPSiO CX9800/8800」などと接続することで、業務の効率化に役立つ多彩な帳票印刷がパソコンを介さずに可能。
    (1) 一覧形式のプリントが可能。撮影した後すぐに、複数人で撮影漏れなどを確認可能。
    (2) 報告書や回覧文書などIPSiO/imagioに登録された帳票フォームにプリントすることが可能。帳票はカメラの液晶表示から選択。

    10. 美しさと持ちやすさを兼ね備えたデザインです。
      握りやすさにこだわったグリップ部や操作しやすい各種スイッチ類、高品位な材質、表面処理など、幅95mm×高さ53mm×厚さ26mmというコンパクトボディに機能性、質感を凝縮したデザインを実現。
    <Caplio R4のオプション価格表>
    商品名 型名 希望小売価格 (税込み)
    リチャージャブルバッテリー DB-60 4,000円 4,200円
    バッテリーチャージャー BJ-6 4,000円 4,200円
    ACアダプター AC-4c 5,500円 5,775円
    ソフトケース SC-60 2,800円 2,940円
    Caplio R4(シルバー)
    Caplio R4(シルバー)

    このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)