Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、4.8倍ワイドズームレンズを厚さ25mmのボディに搭載したデジタルカメラ「Caplio R1」を新発売

2004年8月19日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、快速レスポンスの400万画素デジタルカメラとして、新開発のレンズ収納機構を採用することにより、厚さ25mmのボディに28~135mm(35mm判フィルム換算)の4.8倍ワイドズームレンズの搭載を実現した「Caplio(キャプリオ) R1」を開発し、新発売いたします。
製品名 Caplio R1
ボディカラー シルバー、ブラック
希望小売価格 オープン価格
発売日 2004年9月3日
月産台数 50,000台
  • *付属品として、AVケーブル、USBケーブル、単三アルカリ乾電池(2本)、CD-ROM(ソフトウェア)、ストラップなどが含まれます。
  •  リコーは、ワイドズームを搭載したコンパクトデジタルカメラとして、2003年9月に発売した「Caplio G4wide」を皮切りに「Caplio RX」、「Caplio GX」を順次商品化し、その便利さや楽しさを訴求してまいりました。新製品「Caplio R1」は、さらなる高倍率化、薄型化を実現したほか、様々な特徴を備えた高性能機です。
    <Caplio R1の主な特徴>
    1. 新開発のレンズ収納機構を採用することにより、わずか25mm厚のボディに4.8倍ワイドズームレンズの搭載を実現しました。
      レンズ収納時にレンズ群の一部を鏡胴外に逃がす独自の機構「リトラクティングレンズシステム」を新たに開発。これにより、28~135mmの4.8倍ワイドズームレンズをわずか25mm厚のボディに搭載することを実現。(従来機の3.6倍ワイドズーム機「Caplio RX」に比べて4mm薄型化)
      リコー独自の7群9枚のレンズ構成により、ワイドズームで課題となる周辺光量は、広角端においても充分な値を確保。各種収差も良好に補正。
      大きな建物を背景にした写真や、被写体との距離が取れない室内での撮影、自分自身の撮影など、従来撮影しにくかった写真に加え、被写体により迫った迫力ある写真が容易に撮影可能。
      ステップズーム機能をONにすれば、任意の5段階の倍率(28、35、50、85、135mm)に素早く設定することが可能。
    新開発のレンズ機構の仕組み
     
    稼動(電源ON)時の状態
    null
    レンズ群の一部が振り子状に移動し・・・
    null
    鏡胴外に逃れることで、レンズ収納(電源OFF)時のレンズ長を削減
    稼動(電源ON)時の
    状態
    レンズ群の一部が振り子
    状に移動し・・・
    鏡胴外に逃れることで、
    レンズ収納(電源OFF)時の
    レンズ長を削減
    2. 400万画素CCDと独自の画像処理プロセッサーによる高画質を実現しています。
      400万画素CCDの搭載と新開発の画像処理プロセッサー「スムースイメージングエンジン」により、描写力に優れた高画質を実現。同プロセッサーは、画像処理スピードの向上、省電力化にも貢献。
    3. 最高で0.05秒のレリーズタイムラグなどレスポンスをさらに向上しました。
      レリーズタイムラグ(フォーカスロックを使用しない状態でシャッターボタンを押してから露光開始までの時間の遅れ)は、最高で0.05秒という高速性を実現。(平均0.07秒、従来機の「Caplio RX」は平均0.12秒)。
      とっさの撮影が要求される子供やペットなどの一瞬の表情や動き、通りがかりの自動車など、一瞬のシャッターチャンスを逃さないストレスのない撮影が可能。
      フォーカスロックした状態(シャッター半押しの状態)でのシャッターを押してから露光開始までの時間の遅れも最高で0.003秒と高速。
      起動時間も約0.8秒と短縮(従来機のCaplio RXは0.9秒)した上、撮影間隔も0.9秒と高速。
    4. 定評のマクロ機能などリコーならではの特徴を継承しています。
      最短1cmまで近づいて撮影できるマクロモードを搭載。さらに「AFターゲット移動機能」により、構図内の任意の被写体にピントを合わせることが可能。
      露出補正やホワイトバランス、ISO感度変更といった高度な設定を素早く行える「アジャストボタン」を搭載するなど、速写力を支える優れた操作性を装備。
      単三型アルカリ電池で約200枚の撮影が可能。さらに、長時間駆動が可能な大容量リチウムイオン充電池(オプション)では約500枚の撮影が可能。室内での撮影に便利なAC電源(オプション)とあわせ、3種類の電源に対応。
    5. 質感の高いデザインです。
      「持つ喜び」と「飽きがこない長く使えるデザイン」を目指しディティールの形状、材質などを吟味。
      ヘアライン処理を施したアルミボディーとステンレス材にスピン処理したレンズバリア、操作ボタン(スピン処理は十字キーのみ)により高品質感を醸成。
      スピンメタル処理されたレンズバリアにより、未使用時のデザイン性を高めるとともにレンズを保護。
      撮影時の操作性を高める、レンズバリアに連動するスライド式電源スイッチを採用。
    <Caplio R1のオプション価格表>
    商品名 型名 希望小売価格 (税込み)
    リチャージャブルバッテリーセット BS-5 5,000円 5,250円
    リチャージャブルバッテリー DB-50 3,000円 3,150円
    ACアダプター AC-4b 3,000円 3,150円
    SDメモリーカード(32MB) FM-32SD オープン オープン
    PCカードアダプター FM-SD53 オープン オープン
    ソフトケース SC-50 2,000円 2,100円
  • *ソフトケースSC-50は、9月9日の発売となります。
  • Caplio R1
    Caplio R1(シルバー)

    このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)