Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、環境調和型デジタル融合機のラインアップをさらに強化
リユース部品使用率87%以上(質量比)を達成した「imagio MF5570RC / MF7070RC シリーズ」をレンタル専用機として商品化

2003年11月18日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長:桜井正光)は、環境調和型高速デジタル融合機の新製品として、(1)毎分55枚(A4ヨコ)機の「imagio MF5570RCシリーズ」、(2)毎分70枚(A4ヨコ)機の「imagio MF7070RCシリーズ」の2シリーズを商品化しました。官公庁・自治体や大手企業のお客様を中心とする環境負荷低減活動に関心の高いお客様に対して、2004年1月20日からレンタル専用機としてご提供してまいります。
製品名 imagio MF5570RC imagio MF5570RC モデル5
レンタル標準価格 月額21,800円 月額27,700円
プリンター機能 標準
製品名 imagio MF7070RC imagio MF7070RC モデル5
レンタル標準価格 月額24,700円 月額30,600円
プリンター機能 標準
* このニュースリリースに掲載されている価格および料金には、消費税は含まれておりません。
 新製品は、お客様から使用済みの製品を回収し、先進のリサイクル技術によって再生処理をしたうえ品質保証を行った「リコンディショニング(RC)機」です。製造時の環境負荷を大幅に低減しており、リユース部品 ※1 使用率は業界最高となる87%以上(質量比)を達成しています。また、グリーン購入法や国際エネルギースタープログラム、日本エコマーク ※2 など、各種環境ラベルの基準にも適合した環境調和型のデジタル融合機です。
新製品の発売により、環境調和型デジタル融合機のラインアップは、毎分35枚機の「imagio MF3570RCシリーズ」(2003年2月発売)、毎分45枚機「imagio MF4570RCシリーズ」(2003年1月発売)、毎分65枚機「imagio MF6550RCシリーズ」(2002年1月発売)とあわせ、5シリーズ10機種に拡充されます。

※1・・ 市場から回収した使用済み製品から再使用部品を取り外し、再生処理を行なった後、製品に組み込んだり、サービス部品として再使用すること。
※2・・ imagio MF5570 モデル5、imagio MF7070RC モデル5の場合。
<新製品 imagio MF5570RC/MF7070RCシリーズの主な特徴>
  • 1.リユース部品使用率87%以上を達成しました。
      • 先進の回収・リサイクル技術により、製造時のリユース部品使用率は87%以上(質量比)を達成。ライフサイクル全体におけるエネルギー消費量やCO2の排出量は、新造機※1であった前身機「imagio MF5570シリーズ」「imagio MF7070シリーズ」と比べ、約30%削減※2するなど、環境負荷を大幅に低減。
      • リサイクル対応や省エネ設計により、グリーン購入法やエコマーク※3、国際エネルギースタープログラム、リコーリサイクルラベルなど、さまざまな環境ラベルに適合。
        • 1従来からの新品部品、または一部再製造された部品(ユニット)で構成された製品
        • 2前身機は5年、RC機はそれに加えて3年を使用期間とし、1年当たりの環境負荷に換算して計算
        • 3imagio MF5570 モデル5、imagio MF7070RC モデル5の場合。

  • 2.快適なコピー作業を実現いたします。
      • 連続コピースピードは、「imagio MF5570RCシリーズ」が毎分55枚(A4ヨコ)、「同MF7070RCシリーズ」が毎分70枚(A4ヨコ)と高速。ファーストコピーも3.5秒と高速。
      • 3枚の用紙を同時に搬送させる「トリプルサイクル方式」の採用により、両面コピー時も高生産性を発揮。
      • 集約コピー機能を搭載。複数枚の原稿を1枚の用紙にコピーすることで用紙の削減が可能。両面コピーとあわせて使用することで、さらなる省資源が可能。
      • 標準装備の「imagioフィニッシャー SR31RC」にもリユース部品を使用。コピー後の丁合、仕分けやステープル、穴あけなどを自動処理することが可能。

  • 3.ネットワークプリンター機能を搭載しています。
    (imagio MF5570RC モデル5/imagio MF7070RC モデル5)
      • 高速データ転送を可能にする100BASE-TX・10BASE-Tインターフェースに標準対応しており、高速ネットワークプリンターとして使用することが可能。
      • 連続プリントスピードは、「imagio MF5570RCシリーズ」が毎分55枚(A4ヨコ)、「同MF7070RCシリーズ」が毎分70枚(A4ヨコ)。
      • 「両面印刷」「集約印刷」の活用により、最大で8ページ分の文書を1枚にまとめて出力することが可能。用紙の削減に貢献。

  • 4.コピーサーバー文書として本体HDDに原稿を蓄積し、再出力できます。
      • 本体の大容量ハードディスク(4.3GB)に、最大約200文書(約2000ページ)の蓄積が可能。一度プリントした文書をコピー感覚で再利用することが可能。
      • コピーサーバー機能により、紙文書と電子文書をひとまとめにして蓄積・出力が可能。
  • *このニュースリリースに記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
  • imagio MF7070RC
    imagio MF7070RC

    このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)