Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

AI・クラウドアプリを活用したアグリセンシング事業を開始

~牛群管理システムの実地検証に協力いただけるモニターを募集~

2018年8月28日
リコーインダストリアルソリューションズ株式会社

リコーインダストリアルソリューションズ株式会社(社長執行役員:中田 克典)は、2019年度から新たにアグリセンシング事業を開始します。これまで培ってきたエッジセンシング/コンピューティング技術を活用した畜産IoTサービスとして、センサーとAIによって牛の基礎活動情報を把握する牛群管理システム「RICOH CowTalk」を2019年4月に発売します。

本システムは、首輪型センサーから取得した加速度データを、クラウド上のAI(機械学習モデル)を用いて3つの活動情報(反芻/活動/休息)に分類し、専用アプリを介してスマートフォンをはじめとするユーザー端末に表示・通知するものです。牛の活動情報を24時間測定し、可視化した情報を端末で確認できるため、個体ごとの体調変化や悪化兆候の見逃しを防止し、経営損失の低減に貢献します。

また、日々の作業内容や飼育状態の記録など、これまで口頭や手書きで行っていた業務管理を、牛の活動情報とあわせて専用アプリで一元管理することができ、作業の抜け漏れを防ぎ効率化します。

牧場の24時間を見える化

本システムの発売に向けた実地検証を行うために、本日からモニターとなっていただける畜産農家様の募集を開始します。実際に本システムをご使用いただき、活動情報の可視化や専用アプリの使いやすさについてご意見やご要望をいただくことで、さらなる機能の強化や操作性の改善に活用します。

リコーインダストリアルソリューションズは、公的機関や畜産業界キープレイヤーとの連携を強化し、自社の光学・画像処理技術を活用した製品・サービスの研究開発を加速してまいります。

モニター募集概要

応募条件
畜産農家
飼養頭数は問いません。
募集期間
2018年8月28日(火)~2018年9月28日(金)
お申込み多数の場合は予告なく募集を終了する場合がございます。
モニター期間
2018年9月10日(月)~
9月10日以降、順次実機を配送いたします。
モニター期間は要ご相談とさせていただきます。
応募特典
モニターにご協力いただいた方全員にRICOH THETA SCをプレゼントいたします。
応募先
(Website)
https://industry.ricoh.com/solutions/farm-sensing
(電話)
050-3814-6518

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます



| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。