Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

デジタル一眼レフカメラ用SDKを公開

~PC、スマートフォンからデジタル一眼レフのコントロールが可能に~

2018年5月16日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)は、PENTAXブランドのデジタル一眼レフカメラをPCやスマートフォンから操作できるソフトウェア・デベロップメント・キット(SDK)4種を公開いたします。本SDKを利用することで、カメラの遠隔操作や外部モニターへのライブビュー出力などが可能になるほか、複数のカメラの同時操作や各種設定をおこなうことができ、さまざまな産業分野においてデジタル一眼レフカメラを利用したシステムの開発が容易になります。

公開SDK

  • RICOH Camera USB SDK for Microsoft® .NET Framework
  • RICOH Camera USB SDK for C++
  • RICOH Camera Wireless SDK for iOS
  • RICOH Camera Wireless SDK for Android™

対応機種

  • PENTAX 645Z 注1
  • PENTAX K-1 Mark II
  • PENTAX K-1
  • PENTAX KP
  • PENTAX K-70 注2

製品の特長

  • 対応機種との組み合わせにより、USB接続とワイヤレス接続の両方式から選択可能
  • PENTAXブランドのデジタル一眼レフカメラ用SDKとしては初公開

取得方法

Webサイト(https://api.ricoh/ 英文のみ)にログインの上、ダウンロードしてください。

なお、本SDKは無償で取得していただけますが、サポートはありません。

注1:
RICOH Camera USB SDK for Microsoft® .NET Framework、RICOH Camera USB SDK for C++のみ対応
注2:
RICOH Camera Wireless SDK for iOS、RICOH Camera Wireless SDK for Androidのみ対応
  • Microsoft、Windows、.NET Frameworkは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • iOSは、米国およびその他の国における商標またはシスコの登録商標であり、ライセンスのもとに使用されます。
  • Androidは、Google Inc.の商標です。

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます



| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。