Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

高輝度レーザー光源による色鮮やかな映像投影

スタンダードプロジェクター「RICOH PJ WUL5670/WXL5670」を新発売

2017年2月9日
株式会社リコー

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、レーザー光源を採用したスタンダードプロジェクター「RICOH PJ WUL5670/WXL5670」2機種4モデルを2017年2月23日から発売します。

 

画像:HDMIポケット

   新製品「RICOH PJ WUL5670/WXL5670」は、レーザー光源(約20,000時間の長寿命)を採用しており、電源ON後、数秒でレーザー光源による色鮮やかな映像投影を実現しました。メニュー画面で「色の濃さ」「色彩」「色温度」などについて調整可能で、色味にこだわるお客様に最適です。レーザー光源のため、これまでのランプ式プロジェクターに比べてメンテナンス性が向上し、消耗品のコスト削減も可能です。また、豊富なデジタル端子を搭載しております。例えば、フロントポケット内のHDMI®/MHL端子に無線機能を持つHDMI®ドングルなどを差し込めば、外からは見えずに、無線LAN機能を使うことができ、PCなどからのネットワーク投影が可能です。このほか、冷却ファンの静音設計により、動作音が低減しました。

   従来、好評いただいている安心3年モデルもご用意しており、長期にわたり安心してお使いいただけるサポート体制を提供いたします。

 

製品名 RICOH PJ WUL5670 RICOH PJ WXL5670
方式 単板DLP®方式
画素数 2,304,000画素(1,920×1,200) 1,024,000画素(1,280×800)
出力光束(明るさ)*1 5,200lm
コントラスト比*1 100,000:1
投写画面サイズ 30 ~ 300型
投写距離 1.3 ~ 9.2m 1.4 ~ 9.6m
質量 約11.4kg
本体保証期間 1年間無償保証(安心3年モデルは+2年間保守付き)
本体標準価格 オープン価格
発売日 2017年2月23日

 

*1:出荷時における本製品の全体的な平均値で、JIS X6911:2015データプロジェクターの仕様書様式に則って記載しており、測定方法・測定条件については、附属書に基づいています。

 

画像:RICOH PJ WUL5670/WXL5670
RICOH PJ WUL5670/WXL5670

 

   リコーは、テレビ会議・Web会議システム、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)、プロジェクター、デジタルサイネージといったビジュアルコミュニケーション機器の提供を通して、様々な業種での生産性向上、新たなワークスタイルを提案します。

 

 

※DLPは、テキサス・インスツルメンツの登録商標です。
※MHLは、米国およびその他の国々におけるMHL, LLCの商標、登録商標またはサービスマークです。
※HDMIは、HDMI Licensing, LLC. の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※その他の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。



| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2016年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,090億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。