Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

業績予想及び期末配当予想の修正に関するお知らせ

2017年1月31日
株式会社リコー

   最近の業績動向を踏まえ、平成28年10月27日に公表しました平成29年3月期の連結業績予想及び期末配当予想を下記の通り修正いたしましたので、お知らせいたします。

 

 

1. 業績予想の修正

(1)平成29年3月期通期連結業績予想数値の修正内容

(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

売上高
(百万円)
営業利益
(百万円)
税引前利益
(百万円)
親会社の所有者に帰属する当期利益(百万円) 基本的1株当たり当期利益(円)
前回発表予想(A) 2,010,000 40,000 38,000 18,000 24.83
今回修正予想(B) 2,000,000 40,000 38,000 10,000 13.80
増減額(B-A) △10,000 △8,000
増減率(%) △0.5 △44.4
(ご参考)前期実績
(平成28年3月期)
2,209,028 102,295 95,684 62,975 86.87

(2)修正の理由

   平成29年3月期通期の連結業績予想数値につきましては、最近の業績及び事業環境を反映し、売上高は前回予想を下回る見込みです。また、独立企業間価格の算定方法等に関する事前確認(APA)に係る相互協議が日本および米国の税務当局間で合意したこと等に伴い、法人所得税費用が増加しました。その結果、親会社の所有者に帰属する当期利益は、前回予想を下回る見込みです。

 

2. 期末配当予想の修正

(1)平成29年3月期の期末配当予想の修正内容

年間配当金
第1四半期末 第2四半期末 第3四半期末 期末 合計
前回予想 22.50円 45.00円
今回修正予想 12.50円 35.00円
当期実績 22.5円
前期実績
(平成28年3月期)
17.50円 17.50円 35.00円
前回予想: 期末配当金の内訳 普通配当 17.50円 記念配当 5.00円
年間配当金の内訳 普通配当35.00円 記念配当10.00円
今回修正予想: 期末配当金の内訳 普通配当 7.50円 記念配当 5.00円
年間配当金の内訳 普通配当25.00円 記念配当10.00円

(2)修正の理由

   平成29年3月期通期連結業績予想の修正等を鑑み、期末配当金につきましては、まことに遺憾ながら1株当たり22.50円(通常配当17.50円、記念配当5.00円)から12.50円(通常配当7.50円、記念配当5.00円)に修正することといたしました。これにより年間配当金は、12月に実施済みの中間配当22.50円と合わせ、35.00円(通常配当25.00円、記念配当10.00円)となる予定です。

 

(注)上記の予想につきましては、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

 

以上

このニュースリリースはPDFファイルでもご覧いただけます



| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2016年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,090億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。