Skip to main contentSkip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

リコー、東京都初の「プラチナくるみん認定企業」に

2015年6月23日
株式会社リコー

   株式会社リコー(社長執行役員:三浦善司)は、厚生労働省東京労働局の改正次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定(通称:プラチナくるみん認定)制度におきまして、このたび「プラチナくるみん認定」を受け、本日認定書の交付式が行われました。

 

   改正次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定とは、「子育てサポート企業」として「くるみん認定」を受けた企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が認定を受けるもので、平成27年4月1日に新設されました。東京労働局管内では平成27年3月末現在、790社が「くるみん認定」を受けていますが、このたびリコーを含めた5社が東京都内で初めて「プラチナくるみん認定企業」として認められました。
(リコーは、2007年、2009年、2011年、2013年に「くるみん認定」を受けています)

 

   リコーはワークライフ・マネジメントの実現に向けて、多様な人材が活躍できる、やりがいのある職場環境の整備に積極的に取り組んでいます。なかでも、育児支援制度の拡充や、5日連続の年次有給休暇の取得を奨励する「MVP5(マイ・バケーション・プラン・ファイブ)」、および多様な働き方を可能にする新たなフレックスタイム制度「エフェクティブ・ワーキングタイム制度」の導入、さらに、育児休業の取得人数の多さ(男性:160人、女性:101人)*などが評価され、このたびの認定につながりました。

*今回の認定対象としてリコーが申請した平成25年4月1日から平成27年3月31日の期間で。

画像:プラチナくるみんマーク
プラチナくるみんマーク

このニュースリリースのPDFファイルでもご覧いただけます


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。