Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

創造的活動を支援するコラボレーションツール
リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500」を発売

2013年1月29日
株式会社リコー

株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、オフィスをはじめとしたさまざまな場所における会議やブレーンストーミングなどコラボレーションを円滑にするツールとして、新たにディスプレイタイプの「リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500」を開発し、2月5日から発売します。本製品では、その場に集まったメンバーがPCやタブレット端末、スマートフォンなどの情報機器を本製品に接続するだけで、1つの大画面を見ながら共同作業をすぐに始めることができます。持ち寄った資料のディスプレイ表示、電子ペンでの書き込み、会議結果の保存・共有といったインタラクティブな機能を限りなくシンプルにしたほか、ネットワークを経由した遠隔拠点との画面共有*1、テレビ会議システム画面の同時表示にも対応するなど、生産性をより高める遠隔コラボレーションも可能にしました。リコーは、プロジェクター*2やテレビ会議システム*2に加えて、本製品を投入することにより、ビジネスの現場における共同作業の効率化や、組織の活性化を加速させ、新しいワークスタイルを提案するとともに、お客様の創造的な活動を支援してまいります。


  • *1 オプションの「リコー インタラクティブ ホワイトボード リモートライセンス タイプ1」が必要です。
  • *2 リコーは、効果的で革新的な会議・コラボレーション環境を提供する製品・サービスとして、超短焦点プロジェクターをはじめとしたプロジェクションシステム、遠隔映像コミュニケーションを実現するリコー ユニファイド コミュニケーション システム(以下、「RICOH UCS」)を提供しています。

製品名 リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500
画面サイズ(液晶パネル) 55v型ワイド(フルHD対応、LEDバックライト搭載)
電子ペン検出方式 光遮断方式
標準価格(消費税別) オープン価格
提供開始日 2013年2月5日
販売目標 1,800台(2013年度)


本製品の開発には、初期段階からエスノグラフィー手法*3を取り入れ、共同作業に求められる、誰にとっても直感的で使いやすい操作性と機能を追求しました。また、図面などの精細な画面表示に対して正確な書き込みを実現するために、表面の保護ガラスとディスプレイとの距離を狭め、視差を大幅に低減したほか、高速で鮮明な線を表示するリコー独自の画像処理技術を搭載し、書き込む人のイメージに忠実な、なめらかな書き心地を実現しました。さらに、独自開発のコントローラーを内蔵しており、電源を入れるだけですぐに書き込みが行えることに加え、PCやタブレット端末などにアプリケーションソフトをインストールすることなく、プロジェクターのようにケーブルを接続するだけで、表示した画面への書き込みも容易に行えます。このほか、会議結果のメール送信や、遠隔地とのリアルタイムな共同作業*4を実現する充実の共有機能を搭載。これらにより、新しいコラボレーションスタイルを提供します。


本製品を開発した背景には、経済環境が厳しさを増す中で、お客様のビジネスの現場では、組織を越えて新たな価値創造を目指すことが求められているという現状があります。ICT(情報通信技術)の急速な発達により、個人レベルでの生産性が向上しています。リコーは、本製品をラインアップに加えることで、オフィスにおける会議やコラボレーションの場においても、ワークスタイルに変革をもたらし、チームでの生産性を向上させることに貢献してまいります。


  • *3 もともとは文化人類学等で異文化理解のために用いられたフィールドワークの手法。ユーザーの活動現場で、詳細な観察に基づき、人やそれを取り巻く環境を深く理解・洞察するアプローチ
  • *4 オプションの「リコー インタラクティブ ホワイトボード リモートライセンス タイプ1」が必要です。


<新製品 リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500 の活用イメージ>

活用イメージ1
活用イメージ2

リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500(オプションの専用スタンドを装着したもの)
リコー インタラクティブ ホワイトボード D5500
(オプションの専用スタンドを装着したもの)