Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

大空間でも高輝度・高画質の投写が可能なネットワーク機能搭載プロジェクター
IPSiO PJ WX6170N / X6180N」2機種を新発売

2012年1月25日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、液晶方式による明るい映像投影とワイヤレス投写*1などネットワーク機能が充実したハイエンドモデル*2のプロジェクター「IPSiO(イプシオ) PJ WX6170N / X6180N」2機種を新発売します。ハイエンドモデルを新たにラインアップすることで、企業や文教市場における大ホール・会議室・講堂などの幅広い利用シーンでお客様のニーズに対応いたします。
*1 オプションの「IPSiO PJ 無線LANユニット タイプ1」が必要となります。
*2 出力光束(明るさ)5,500lm以上


製品名 IPSiO PJ WX6170N IPSiO PJ X6180N
リアル解像度 1,280×800ドット(WXGA) 1,024×768ドット(XGA)
出力光束(明るさ)*3 5,500lm 6,000lm
質量*4 約7.7kg
保証期間 3年間無償保証(光学ユニット込み)
本体標準価格*5 オープン価格
月販台数 40台
発売日 2012年2月2日

*3 オプションレンズ「IPSiO PJ 標準レンズ タイプ1」装着時。
*4 本体のみ/レンズを除く。
*5 レンズは別売りとなります。


 本製品は6,000lm(IPSiO PJ X6180Nの場合)の出力光束(明るさ)と3LCD方式を採用し、明るくクリアな映像投写を実現したプロジェクターです。設置場所に応じた5種類のオプションレンズを用意したほか、投写位置の調整が可能なレンズシフト機能の搭載など、設置の自由度を高めました。また、有線/無線LANでのPC画面の投写に加え、LANに接続された他のPCやサーバーに保存してある静止画や動画のファイルを投写したり、投写中の画面を他のPCにも同時表示したりすることができるなどネットワーク機能を充実させました。リコーは、これらのネットワーク機能を活かしたさまざまな使い方をご提案いたします。

 さらに本製品では、待機時の消費電力0.2Wを実現するなど環境に配慮した省電力設計となっているほか、業界唯一の「光学ユニット込みオンサイト保守」を標準で3年間付け、全国均一のサポート体制で安心のサービスをご提供いたします。


[製品画像]IPSiO PJ WX6170N/X6180N
IPSiO PJ WX6170N/X6180N
(オプションの「IPSiO PJ 標準レンズ タイプ1」を装着したもの)