Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

ニュースリリース

ユニット交換式カメラシステム「GXR」専用拡張ユニット1機種を新開発

2011年2月1日
株式会社リコー

 株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗)は、2009年12月18日に発売したユニット交換式カメラシステム「GXR」の専用拡張ユニット1機種を新たに開発し、その概要を発表します。


 「GXR」は、レンズ、撮像素子、画像処理エンジンが一体となったカメラユニットをボディに着脱することで、レンズ交換ができる画期的なユニット交換式カメラシステムです。また、そのユニークな特性を生かし、カメラユニット以外のユニットに交換することで、さまざまなデバイスに発展します。
 現在カメラユニット4機種をラインナップしていますが、今回新たに開発発表するのは、拡張ユニット1機種です。


開発機種名称 GXR用レンズマウントユニット
このレンズマウントユニットにライカMレンズ等を装着することにより、GXRでの撮影を楽しんでいただけます。
このレンズマウントユニットは、装着したレンズの光学性能を生かす設計となっています。撮像素子としては、23.6mm×15.7mm(APS-Cサイズ 総画素数約1290万画素)のCMOSセンサー、及び新開発のフォーカルプレーンシャッターを搭載。
2011年秋発売予定


 尚、「CP+ (CAMERA & PHOTO IMAGING SHOW)」(2月9日(水)~2月12日(土)パシフィコ横浜にて開催)において、GXR用レンズマウントユニットのデザインモックを参考展示する予定です。


※上記の開発機種の、名称・仕様・発売時期は最終決定ではありません。

このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)