RICOH
最新更新日:2017-04-01

HOME > 2017年 FreeWill TOPICS

FreeWill Topics

「買う&知るボランティア」を開催しました!(2017年2月)

2月6日(月)、リコー大森事業所において「買う&知るボランティア」を開催しました。今回は「難民を助ける会(以下AAR Japan)」様と「ESAアジア教育支援の会(以下ESA)」様、「協力隊を育てる会」様の3団体にお越しいただいての販売会となりました。

ボランティアとして参加したFreeWillの運営委員が呼び込みをする中、昼食を終えた社員が立ち寄ってくれ、販売会場は賑やかに盛り上がりました。
賑わう会場の様子
賑わう会場の様子
AAR Japanはチャリティチョコレートの販売とともにシリア難民支援の活動も紹介。
AAR Japanはチャリティチョコレートの販売とともにシリア難民支援の活動も紹介。
ESAのオリジナルスパイスは、2袋の購入で子どもひとりが1ヶ月学校へ通う支援に。 ESAのオリジナルスパイスは、2袋の購入で子どもひとりが1ヶ月学校へ通う支援に。
協力隊を助ける会の可愛らしいフェルト雑貨。縫製などもしっかりとした質の高い商品です。
協力隊を助ける会の可愛らしいフェルト雑貨。縫製などもしっかりとした質の高い商品です。
AAR Japanの売上げは難民や途上国支援のために、ESAの売上げはバングラデシュやインドの子どもたちの教育支援に役立てられます。
また、協力隊を育てる会はキルギス共和国の人々がつくった羊毛フェルトの雑貨を販売し、キルギスの女性支援や経済成長の支援についても紹介していました。

誰でも気軽に参加できる「買う&知るボランティア」は、美味しいものや良質な雑貨品の購入を通じて社会問題を知り、その解決に向けての活動を応援する機会として、各事業所で実施しています(不定期開催)。





「世界に届け!FreeWill絵本プロジェクト2016」(2017年1月)

FreeWillでは、今年度も「世界に届け!FreeWill絵本プロジェクト」として日本の絵本をアジアの子どもたちに贈ります。
今回はインドのダージリン地区・セントメリー校の生徒たちのために、7種類の絵本にネパール語のシールを貼り、合計600冊の翻訳絵本を完成させました。
年少から10年生までの生徒に、7種類の絵本を選びました。
年少から10年生までの生徒に、7種類の絵本を選びました。

2016年10月から11月にかけFreeWill会員とその家族が、家庭や職場で翻訳シールを貼り完成した本には、受け取る子どもたちの暮らしや笑顔を思いながら、心を込めて書いたメッセージカードが添えられています。
この「絵本プロジェクト」は、家族とともに気軽に参加できる企画として実施を楽しみにしている会員も多く、笑顔で、そして真剣に作業に取り組む子どもたちの様子もたくさん報告されています(以下写真)。
プロジェクトに参加したFreeWill会員とそのご家族。たくさんの子どもたちが参加してくれました!
職場の休憩時間に作業するFreeWill会員
職場の休憩時間に作業するFreeWill会員
絵本に添えられたメッセージカード
絵本に添えられたメッセージカード
ESA様のFacebookでも活動の様子がご覧いただけます。