RICOH
最新更新日:2017-04-01

HOME > 2017年第71回支援先紹介

FreeWill 支援先紹介

FreeWill 支援先について

会員からの拠出金を、最大限に活かせる活動を支援したい。FreeWillでは、社員から推薦のあった団体の活動内容や社会的な意義、支援金の活用目的を事前に調査し、会員の代表である運営委員会がその調査結果に基づいて審査を行い、支援先を決定しています。
ここでは、FreeWillが発足した1999年から現在までの支援先のご紹介と、支援先を訪問した時のレポート、各団体からの報告をご覧いただけます。
第71回支援先一覧(2017年3月)
医療資源が不足するアフリカにおいて、日本の伝統的な「富山の置き薬」(配置薬)の仕組みを普及させる活動を通じ、アフリカ農村部の医療環境改善に寄与することを目指すNPO法人
 
「タンザニア置き薬プロジェクト」における、新たな地域での置き薬事業展開開始のための初期費用(薬剤購入・教育ツール整備など)として
 
海の自然や生き物に親しみ、自然の仕組みや大切さを学ぶ機会を創出することにより、自然を守る人と社会を育むことを目的として活動するNPO法人
 
干潟生物群集のネットワーク解明のための関連干潟調査費および、ボランティア動員によるゴミ回収活動・自然観察会を兼ねたモニタリング活動に使用する消耗品の購入費用として
 
「支援を必要としている人びとに必要な支援を」をモットーに、国内外を問わず人道支援、災害支援、復興・開発支援を行っているNGO。東ティモールにおいては、コーヒー生産者たちの経済的自立を目指した支援活動を行っている。
 
東ティモールのコーヒー産地倉庫の増設費用として
 

レスパイト・ケアサービス萌(保健・医療・福祉)

「お母さんのほっと一息をお手伝いします」を合言葉に、重度障がい児の生活向上を目指し、訪問看護やヘルパー派遣を通じ在宅支援を行っているNPO法人
 
業務用パソコンの買い替えおよび、新規購入費用として
 

車椅子ウォーカー(情報化社会)

車椅子ユーザーがより外出しやすい社会を目指し、車椅子ユーザーを応援してくれるスポット、バリアフリースポットなどを紹介する動画サイトを運営している団体
 
パソコン購入、バリアフリー情報画像撮影のための費用として
 

生命と環境保全(環境保全)

地球が抱える温暖化・省エネルギー問題を通じ、国内外における環境や健康に対する人びとの意識を高め、将来にわたり環境を守ることの大切さを知り、行動する人材を育むことを目的として活動するNPO法人
 
東日本大震災の津波被害により失われた宮城県亘理郡山元町の海岸防潮林再生活動における植樹・育樹費用として
 

乳房健康研究会(保健・医療・福祉)

乳がん検診の受診率向上および、乳がん罹患者の生活環境・治療環境の改善を目指し活動している認定NPO法人
 
乳がん・乳がん検診に関する調査を行なうための費用として
 

山梨安心サービス(保健・医療・福祉)

高齢者が在宅で自立できる社会をめざして、介護だけでなく生活全般における支援ネットワークの構築を目指し活動している協同組合
 
イベント用コピーボード、会議用テーブルの購入費用として
 

福井市自然史博物館友の会(子供の健全育成)

自然に対する知見を広め、触れ合うきっかけとして毎月行事を開催し、活動の輪を広げている団体
 
野外活動(昆虫採集、魚採集、天体観測)のための備品購入費用として
 
さまざまなハンディキャップにより「生きづらい」と感じている人たちのリアルや、それを打ち破るための知恵などを発信するWebマガジンを通じ、誰もがが納得した人生を送ることができる社会を目指し活動している一般社団法人
 
「生きづらさ」をテーマに毎月開催しているイベントの実施費用として
 
過去の支援先団体
2017年の支援先
◆第71回支援先(2017年3月)
FreeWill 支援先団体

第11回支援先(2002年3月)
一般財団法人民際センター
推薦者:渡辺さん(00'52'')

第34回支援先(2007年12月)
海の環境NPO OWS
サーフライダー・
ファウンデーションズ・ジャパン
推薦者:伊藤さん(01'16'')

第31回支援先(2007年3月)
財団法人 日本盲導犬協会
推薦者:中井さん(00'49'')

第36回支援先(2008年6月)
JCBL 地雷廃絶日本キャンペーン
第42回支援先(2009年12月)
フレンズ・ウィズアウト
・ア・ボーダーJAPAN
推薦者:伊勢谷さん(00'42'')

第40回支援先(2009年6月)
川崎市登録手話通訳者団
推薦者:宮澤さん(01'15'')