RICOH
最新更新日:2017-01-01

HOME > 2016年第70回支援先紹介

FreeWill 支援先紹介

第70回支援先一覧(2016年12月)

チャンス・フォー・チルドレン(子供の健全育成)

家庭の経済格差による子どもの教育格差を解消し、貧困の世代間連鎖を断ち切ることを目的に、経済的な困難を抱える子どもたちのために、塾や習い事、学校外行事に使える「学校外教育バウチャー(CFCクーポン)」の支給を行う公益社団法人
 
大学生ボランティア研修費、東日本大震災被災地で重点的に活動を行うための人件費や交通費として
 
ラオスやカンボジアをはじめとしたアジアの恵まれない子どもたちのための医療支援・医療向上を目指し、小児病院の設立や教育・地域医療など、さまざまなプログラムを実施しているNPO法人
 
「ラオ・フレンズ小児病院」内プレイグラウンドの遊具備品(ブランコ・滑り台など)の設置費用 として
 

ミャンマー医療支援基金(保健・医療・福祉)

重篤にもかかわらず、医療を受けるだけのお金の手配ができないミャンマー・ナマタン地区の村民(約5,000名)のために、支援を行っている団体
 
カンペットレット村にある病院の手術用器具の購入費や、村周辺や近隣に駐在する助産師のための初期治療医療器具を配備する費用として
 

田村希望の里福祉会(職業能力開発支援)

東日本大震災の風評被害が続く福島県田村市において、一般の方でも厳しい雇用環境の中、障がい者が安心して楽しく暮らせる生活環境づくりや自立支援を行っているNPO法人
 
障がい者支援センターの事務所(兼作業所)に設置するエアコン、手工芸品制作のための工業用ミシンと付属品、消耗品等の購入費用として
 

キッズアートプロジェクト(保健・医療・福祉)

病院で過ごす子どもたちのために様々なアートを通して「楽しいこと」を提供することで、日本の病院が子供たちにとって『居心地がよく楽しいところ』になるよう、企画・運営活動を行っているNPO法人
 
外来診察待ちブースにおいて行う、紙アプリを用いたアクアリウムイベント「受診するこどもたちの楽しい特権」開催費用の一部として
 

シリア支援団体「サダーカ」(人権擁護・平和推進)

2011年3月から、未だ止む気配のないシリアの騒乱に対する支援として、ヨルダンの首都アンマンにおける最も脆弱なシリア人難民のために、資金配布・衣類提供・妊産婦支援などをしながら紛争終結を目指し活動している団体
 
世論喚起を目的とした写真展やイベントのためのツール、ウェブギャラリー作成費用の一部として
 

湘南ビジョン研究所(社会教育)

湘南の海岸ごみ問題の解決を目的にビーチクリーン活動からスタートし、「湘南地域の持続可能なまちづくり」をテーマに様々な活動を展開しながら湘南地域全体の「まちづくりプラットフォーム」の形成を目指しているNPO法人
 
「地域とつながる新しい学び場づくり」のため、2017年4月開講する「ソーシャル系大学」の準備のための広告費用として
 

アジェンダ21すいた(環境保全)

大量生産、大量消費、大量廃棄型の社会によるごみ・資源の問題や、生物多様性に関する問題、地球温暖化問題に、市民・事業者・行政が協働で取組んでくために創設された団体
 
「地球温暖化対策啓発プロジェクト」の一環として、環境活動の宣言デーとして行われるEXPOCITYのイベント用「環境宣言ムービー」の制作に関する費用として
 

SLOW LABEL(スローレーベル)(文化・芸術・スポーツ)

国内外で活躍するアーティストやデザイナーと、企業や福祉施設などをつなげ、アートの力で多様な人々の出会いと協働の機会を創出し、誰もが居場所と役割を実感できる地域社会の実現に貢献することを目的としたNPO法人。障がいのある人の芸術活動を支援するプログラムも実施している。
 
障がいのあるパフォーマーの発掘と育成を目的としたプログラム「SLOW MOVEMENT」の豊洲公演・青山公演における、チラシ等印刷物やホームページの作成費用(デザイン費・印刷費)として
 

遊びと環境支援協会(パテス)(保健・医療・福祉)

共に支え合う社会を実現することを目的としたシンポジウム・交流会・セミナー・講演会・イベントなどの企画・運営事業を通じて、身体が不自由な子どもたちが笑顔になる遊びや環境整備、情報提供などの支援を行うNPO法人
 
2017年4月に開催予定の障がい者遊び支援イベント「パテスふじみ2017」の開催準備費用の一部として
 
日本の国際協力NGO団体を正会員とする、ネットワーク型国際協力NGO。NGO同士、またはNGOと政府や企業の協力を進め、NGOが活動しやすい社会をつくるため、NGO全体のために活動している認定NPO法人
 
ウェブサイトをリニューアルし、「持続可能な開発目標(SDGs)」への日本の市民の貢献を促すポータルサイト制作費用の一部として
 

NABADIGANTA(国際協力)

バングラデシュでは、一家の男性の収入だけでは貧困から抜け出すことは難しく、宗教的な理由から地位が低く仕事ができる環境にはない女性たちが自立した生活ができるよう貧困層に支援を行っているボランティアグループ
 
支援地区のナイラ村は農業中心の村で、干ばつ等の気候の影響により安定した収入が得られないため、子山羊が確実な収入源となる。その購入費用として
 
過去の支援先団体
2016年の支援先
◆第70回支援先(2016年12月)
◆第69回支援先(2016年9月)
◆第68回支援先(2016年6月)
◆第67回支援先(2016年3月)
FreeWill 支援先団体