Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

先輩社員インタビュー09

写真

インクジェットの印刷技術を向上させ、
様々なシーンで使われる印刷へ。

設計開発

土屋 雄貴Yuki Tsuchiya
[入社]2013年
[出身]基板理学専攻 物理学コース

※内容や部署等はインタビュー当時のものです。

お客様が求めるニーズに応える製品を開発する

就職活動中、採用ホームページでリコーが変革を加速化させる人材を求めているのを知ったことがきっかけです。入社時に魅力を感じたのは、新入社員であっても自ら希望すれば新規事業にチャレンジできる可能性があること。実際、入社してからは新規事業にチャレンジし、有意義な日々を送れています。現在は、産業用UV硬化型インクジェットの作像プロセス開発に携わっており、お客様ニーズに合わせ、一台一台最適なUVインクジェット装置を構想、設計。より高画質な画像を、より速く形成することを意識しています。産業印刷市場では、従来の印刷技術に対して、インクジェット印刷によるデジタル化が進んでいますが、生産性と画像品質が劣るという課題があります。それを解決してインクジェット印刷をより普及させることが、現在の目標です。この技術により、衣・食・住に関わる様々なシーンにおいて印刷の可能性を広げ、新たな価値を生みだすことに貢献します。

受け身ではなく、主体的に取り組む姿勢がやりがいに

オフィス領域を中心に事業を展開してきたリコーにとって、産業用分野は新規事業領域。そのため、若手からベテラン関係なく技術に関する意見やアイデアを言い合える、とてもやりがいのある職場だと感じています。また、社員が受け身ではなく、主体的に仕事を推進することが求められます。それも魅力ですね。入社3年目、ある案件でインクジェット印刷機を設計する仕事を担当していました。その中で、お客様が求める高い画像品質を達成するため、試行錯誤しながら納期に追われたことがあります。その後、開発したインクジェット装置は画像品質に対し満足する結果を得ることができ、とても嬉しかったです。今後は、海外市場での事業創出にチャレンジし、特に欧州での産業用インクジェット市場において、技術営業職を目指しています。

写真

ワークライフ・マネジメント

週末は趣味である釣りと音楽を楽しむことで、ストレス解消に努めています。特に、有給休暇は取得しやすい環境ですので、定期的に休みをいただいています。

私の一週間

月曜
プロジェクトマネージャーとの打ち合わせ。先週までの進捗と今週の実施内容の整合。
火曜
週1回の定例テーマミーティング、実験。
水曜
実験、特許届出書の作成。
木曜
お客様への提出用印刷サンプル、技術報告書の作成。
金曜
実験、週報の作成。
土曜
日曜
友達とお酒を飲んだり、趣味をして過ごすことが多い。

これまでのキャリア

2013年〜現在/設計開発
産業用UVインクジェットの作像プロセス開発を担当。