Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESとは

私たちリコーが、グローバルの全社員が一丸となって向かっていく方向性を、「お客様にご提供していく価値」として定義したものです。
「EMPOWERING」とは「人」に焦点を当て、個々人はもちろんのこと、チームや組織の持つ個性をスマートに伸ばし活力をもたらしたいという私たちリコーの想いです。
人が「はたらく場」は業種ごとに特徴があり、それはオフィス・現場・社会まであらゆる場所に拡がっています。またグローバル化や働き方改革の流れから、時間や空間を越えた「はたらく場」もあります。 これらを「WORKPLACES」と表現しました。
WORKPLACESをつなぎ、はたらき方を変えていくのが「DIGITAL」技術です。昨今、デジタル革命や働き方改革が進んでおり、リコーもその取り組みを加速させていきます。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESに馳せる想い

1970年代、リコーはOA(オフィス・オートメーション)という言葉を世界に先駆けて提案するなど、「オフィス」で働くお客様を中心にサポートしてきました。お客様の生産性向上をご支援しつづけ、高い技術と誠実な姿勢で良いものを作ってきたからこそ、リコーはここまで成長することができました。
昨今、オフィスは人と人、あるいは人と情報のネットワークの場になっており、私たちリコーは、オフィスを含む人が働く場所すべてを『知の創造』の場にしていきたいと考えています。
そのためには、リコー社員1人1人がお客様とこれまで以上に向き合い、お客様が求める価値を提供しなければならないのです。そして、お客様の力を最大限に引き出し、世の中を良くしていくこと、これこそが社会に対するリコーの使命なのです。

——EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES
私たちリコーは本気で思っています。ひとの力、可能性を信じたい、一人ひとりの個性を大切にしていきたい。それが、新たな価値を生み出すことにつながると。

ひとの力の集結で実現した
具体的な事例の一部を紹介します。