Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

Company会社を知る

事業について

社会やお客様のニーズに応えながら、
常に変革し続けるリコー。
さまざまな事業領域で
革新的な製品やサービスを提供しています。

オフィスプリンティング・オフィスサービス事業

多様化する現場のコミュニケーションをより快適に

MFP(デジタル複合機)をクラウドサービスの入出力端末として活用し、お客様のワークフローを支援するソリューションサービスの展開を加速しています。操作パネルからクラウド上のアプリケーションサイトにアクセスすることで、業務に合わせたアプリケーションをインストールすることが可能です。また、時間や場所にとらわれずに働くことを可能とするコミュニケーション支援サービスを拡大させるため、オフィスでは、超短焦点プロジェクターやインタラクティブ ホワイトボード、テレビ会議システムなどのビジュアルコミュニケーション製品の提供や、これらを活用した仕事の効率化についてのノウハウやソリューションなどのサービスを提供。
働く環境をトータルにサポートすることで、お客様の生産性を向上させる価値の創造を目指します。

コマーシャル&インダストリアルプリンティング事業

ビジネスの可能性を拡げる印刷プロセスを革新する

商用印刷の分野では、従来の企業内における集中印刷や基幹業務印刷をはじめ、印刷物を必要な分量だけ随時印刷するオンデマンド印刷やバリアブル印刷などを展開しています。また、産業印刷分野においては、リコー独自のインクジェットヘッドやインクの技術の強みを活かし、壁紙や建材、衣類など、紙以外のさまざまな媒体への印刷にも対応。お客様の印刷ニーズに対してトータルソリューションを提供し、ものづくりのイノベーションをサポートしています。

インダストリアルメディア&ソリューションズ事業

カスタマイズ化を実現する“高付加価値”感熱紙を開発

熱に反応して紙やフィルムに発色・印字させるサーマルメディアを開発・生産・販売しています。例えば、食品や飲料品のパッケージやラベル、衣服のタグ、バーコード、コンサートやスポーツ観戦のチケットなど、サーマルメディアは幅広く活用されています。リコーは独自の製造技術で、100℃まで対応できる「高感度(耐熱)」、鮮明かつ高精細な印字に対応する「高信頼性」といった “高付加価値”感熱紙を開発し、業界で競争優位な地位を築いています。またこのサーマルメディア技術とレーザー等の最先端技術を組み合わせた次世代印字システムを開発し、お客様への新たな価値提供を目指しています。

産業プロダクツ事業

幅広いものづくり領域での開発を支える

リコーの強みである光学技術と画像処理技術を最大限に活かし、人の目では認識できない情報の把握が可能な特殊カメラを開発。近年、世界最小の車載用ステレオカメラの開発、量産を開始しました。また、今までのものづくりで培った精密加工技術を活かし、自動車用精密機器部品を中心に、産業用途向けの多様な分野で事業を展開しています。

Smart Vision事業

ユニークな技術によって今までにない新表現へ

360°カメラ市場では、全天球カメラ「RICOH THETA」を一般消費者だけでなく、ビジネスで活用していただくために、販売体制の強化に注力しています。また、データサービス分野においては、画像・映像データを蓄積・解析するプラットフォームの構築とサービスメニューを拡大。さらに、従来から展開しているデジタルカメラでは、プロユースに対応する一眼レフカメラ、高機能ながらコンパクトなカメラ、防水・防塵・耐衝撃性能に優れたアクションカメラなど、お客様の用途に合わせた機種を開発し、ラインナップしています。

新規育成事業

価値ある未来を創造するビジネスモデルを目指す

高齢化社会による医療費の増加や地域間の医療水準格差などの課題解決に取り組む「ヘルスケア」では、ヘルスケアソリューション・メディカルイメージング・バイオメディカルの3つを重点領域に定め、事業展開しています。また、省資源、創エネ、省エネにつながる事業を創出する目的で2016年に開所したリコー環境事業開発センターなどによる「エコソリューション」、さらに、3Dプリンターとその関連サービスを提供する「アディティブ・マニュファクチャリング」を展開しています。