Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

トップメッセージ

変革の当事者でありたいあなたへ、

画像:株式会社リコー 代表取締役 社長執行役員 山下 良則

株式会社リコー 代表取締役 社長執行役員
山下 良則

リコーはお客様の「知の創造」を支援していく会社

かつて、オフィスは作業の場でした。紙があふれ、作業に追われながら働く人々が多く見られました。リコーは1977年にOA(オフィス・オートメーション)を世界に先駆けて提案するなど、お客様のオフィスの生産性向上を支援しつづけてきました。

昨今、オフィスは人と人、あるいは人と情報のネットワークの場になっており、私たちは、オフィスを含む働く場所すべてを『知の創造』の場にしていきたいと考えています。リコーグループは、お客様への提供価値メッセージを「 EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」と定義しました。長年培ったキャプチャリングやプリンティングの技術を強みとしながら、お客様の働くオフィスや現場の業務をデジタル化し、つなぐことで、生産性を飛躍的に向上させたい。今、世の中では急速にデジタル化の進展を背景にした働き方改革が進んでおり、私たちもその機会を捉え、その取り組みを加速させています。

画像:株式会社リコー 代表取締役 社長執行役員 山下 良則

株式会社リコー 代表取締役 社長執行役員
山下 良則

会社の目指す姿を実現するのは「社員」。「社員」のモチベーションは宝

会社の未来を作るのは「社員」です。私は、「すべての社員がモチベーション高く、いきいきと働ける職場環境」を実現したいと考えています。なぜなら、多種多様な人材がそれぞれの個性を存分に発揮し働くことにより、多くのアイデアが生まれ、それが『知の創造』へとつながっていくと信じているからです。「誰もが活躍できる環境づくり」と「一人ひとりの働きがいづくり」の両輪で、個々人の価値観に合わせた多様な働き方を実現し、お互いのよさを認め合える、そんな姿を目指していきます。このような取り組みを通して、私たちは自らの働く場・環境を変革し、その社内実践から生まれた先進的な商品やサービスをお客様へ提供していきたいと考えています。

前例にとらわれず、失敗を恐れず行動する社員に期待

私たちは、お客様の未来を創るために自ら考えて行動する人を求めています。ときには失敗をすることもあるでしょうが、行動しなければ、成功も失敗もありません。今、世の中は変革の渦中にあります。その中で、リコーが新しい価値を生み出しお客様に提供しつづけていくためには、社員一人ひとりが失敗を恐れずに「行動」を起こしていくことが必要です。

私たちは次に挙げるような資質を持った人材を歓迎します。

1. 自己主張ができる人。 (ただおとなしい優等生より、少し“やんちゃ”でも、自己主張がしっかりでき存在感を示せる)
2. グローカルに生きる人。 (グローバルな視野で考え、ローカル(現場)で実行できる)
3. リーダーシップを発揮する人。 (まわりに影響を与えて効果的な行動を引き出していく人)

リコーの力で世の中の変革をけん引する、その当事者になっていける人を求めています。変革の当事者でありたいと思う、そんなあなたと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。