Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

お知らせ

「エコプロ2018」出展のご案内

2018年11月28日
株式会社リコー

リコーは12月6日から3日間、東京ビッグサイトで開催される「エコプロ2018 ~ SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」に出展します。本展示会は、日本最大級の環境・エネルギーの総合展示会です。持続可能な社会の実現に向けたリコーグループの取り組みをご紹介します。

主な展示内容

メインステージ

リコーは、国際社会で合意された持続可能な開発目標(SDGs)とパリ協定、そして自らの経営理念を踏まえて、2017年4月に5つの重要社会課題と新環境目標を設定しました。目標達成に向けて「脱炭素社会の実現」「循環型社会の実現」に貢献するさまざまな取り組みを映像でご紹介します。

個別展示

  • 脱炭素社会の実現

    オフィスや工場のエネルギーマネジメントによる省エネ、木質バイオマスの利活用やマイクロ水力発電による創エネの取り組みをご紹介します。また、色素増感太陽電池、発電ゴムなど開発中の環境発電モジュールもご紹介します。

  • 循環型社会の実現

    リコーグループが実践しているリユース・リサイクルの取り組みについて、効率よく再生機を製造するための回収機管理システムや再生プラスチック、循環型エコ包装などをご紹介します。また、ペットボトルに直接レーザーで印字することで、ラベルが不要になり省資源化を実現する技術を展示します。

  • 森林保全の取り組み

    生物種の生息域や住民生活を守ることを主眼に環境NGOなどの専門家とのパートナーシップのもとにグローバルに展開している「森林保全プロジェクト」と、自治体・地域住民を主体としたステークホルダーの皆さまと、リコーグループ社員が、地域コミュニティの発展に貢献する「ステークホルダー協働による森づくり」をご紹介します。

セミナーのご案内

エコプロ主催セミナー “エコ&SDGsステージ”

  • テーマ:「脱炭素の世界潮流とリコーの環境経営」
  • リコー 執行役員 サステナビリティ推進本部 本部長 加藤茂夫
  • 12月7日(金) 10:30-11:10 東6ホール特設ステージ

エコ&SDGsステージ

同時開催セミナー “世界のグリーン公共調達と環境ラベルの最新動向”

  • テーマ:「世界の環境ラベルに対するリコーの取り組み」
  • リコー サステナビリティ推進本部 審議役 佐藤多加子
  • 12月6日(木) 14:30-14:50 会議棟6階 607・608会議室

同時開催セミナー

同時開催セミナー(詳細プログラム)

展示会の概要

 名 称 
エコプロ2018[第20回] ~ SDGs時代の環境と社会、そして未来へ
 会 期 
2018年12月6日(木)-12月8日(土) 10:00-17:00
 場 所 
東京ビッグサイト[東ホール] ※リコーブース 2-033
 主 催 
一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社
 入場料 
無料(登録制)


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供しています。(2018年3月期リコーグループ連結売上は2兆633億円)。

創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行っています。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES - 人々の"はたらく"をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションでお客様とともに実現します。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。