Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

お知らせ

経済産業省の「ダイバーシティ経営企業100選」に選定

2013年3月25日
株式会社リコー

株式会社リコーは、経済産業省が「多様な人材を活用して、イノベーションの創出、生産性向上等の成果を上げている企業」を『優れたダイバーシティ経営企業』として表彰する、「ダイバーシティ経営企業100選」に選定されました。

DIVERSITY MANAGEMENT SELECTION 100



「ダイバーシティ経営企業100選」は、様々な規模・業種の企業を対象とした「ダイバーシティ経営」への積極的な取り組みを『経済成長に貢献する経営力』として評価・選定されます。さらに選定企業をベストプラクティスとして広く発信することで、ダイバーシティ推進のすそ野を広げることを目的に、経済産業省が今年から取り組みを開始した事業です。今年は160を超える応募の中から43社が選ばれました。この事業は来年以降も継続され、累積で100社が表彰される予定です。
リコーが評価された主なポイントとしては、ひとつに「両立支援などの制度を導入しているだけではなく、キャリアリカバリー施策を早期に導入し、休業や短時間勤務が昇格・昇級等にマイナスにならない仕組みを構築し、評価制度にも結び付けているという点」があります。
また、二点目として、「女性が働き続けることが可能というだけでなく、さらに活躍できる機会や場を提供することで、女性活躍の質と量を向上させている点」が挙げられています。たとえば、マーケティング部門では、若手社員が海外駐在にチャレンジできる仕組みを導入したことで女性の海外駐在員が増えてきていること、また、CSRの側面でも、BOPビジネスにおいても、女性社員が参画し、女性視点を活かしながら現地女性の社会的自立を支援するビジネスモデルの展開に成果を上げていることなど、様々な視点での取り組みが評価されました。
リコーグループは、グローバル経営への加速に伴い、組織と個人がともに成長するために必要な経営戦略として、ダイバーシティ推進とワークライフ・マネジメントを同軸とした取り組みを進めています。社員一人ひとりの多様性を積極的に活かし、組織のパフォーマンスを高め、新しい価値を創出し続けようという「ダイバーシティ推進」と、効率的な働き方で生産性を向上させることで時間的・精神的ゆとりが生まれ、仕事と生活の双方が充実してより良いアウトプットの創出につながる「ワークライフ・マネジメント」を両軸で同時に推進することにより、より大きな相乗効果が得られるものと考えています。

| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2014年3月期リコーグループ連結売上は2兆1,956億円・国際会計基準)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。