Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

使用済みカートリッジの回収(回収のフローとリサイクルシステム)

全国各地でご使用いただいた製品を、効率的に回収・リサイクルするためには、高品質なリサイクルシステムを全国ネットワークで展開する必要があります。リコーグループは、グリーンセンター(回収センター)、再生センター、リサイクルセンター、プラスチック部品メーカー様などとのネットワークにより、全国から回収した製品、カートリッジ、サービスパーツなどを高い経済効率で再生・リサイクルしています。

リユース部品入りカートリッジの製造フロー
リユース部品入りトナーカートリッジの製造フロー

※GELJETカートリッジの一部はお客様から直接回収センターに回収されます。

トナーカートリッジは1998年から本格的に回収をスタート。リコーの品質基準に基づいて再生・出荷されるほか、分解・分別・洗浄・検査を行い、リユース部品として生産ラインへ供給しているものや、マテリアルリサイクルされているものもあります。また、メンテナンス時の交換部品も回収・再生・リサイクルしています。今後も、より多くの再生機・再生トナーカートリッジをお届けできるよう、回収量の確保・回収品質の向上を推進します。

再資源化率を向上させるため、リコーは、リサイクル会社と共同で、トナーカートリッジやGELJETカートリッジ、ボトルなどすべてのサプライ製品に応用できる再資源化技術を開発し、2001年度にはサプライ製品の新再生・リサイクルシステムの全国ネットワークの構築を完了し、高い再資源化率を達成しております。これにより、エコマーク、グリーン購入法のリサイクル基準を満足しています。

グリーンセンター(回収センター)

お客様からの回収オーダーに基づき、直接お客様のオフィスなどへ製品やトナーカートリッジを回収に伺います。全国80カ所のグリーンセンターに集められた回収製品やトナーカートリッジは、全国11カ所の主要グリーンセンターに送られ、選別基準に従って、再生センターまたはリサイクルセンターに送られます。

グリーンセンター(回収センター)の全国主要拠点

グリーンセンター(回収センター)の全国主要拠点

再生センター

再生センターでは使用済み製品やトナーカートリッジの分解・洗浄・部品交換・再生・検査などを行い、再生機や再生トナーカートリッジとして再出荷しているほか、リユース部品の選別なども行います。対象製品の製造ラインを持っている事業所やグループ各社が、再生センターとして稼動しています。

再生センターの全国拠点と再生対象製品

再生センターの全国拠点と再生対象製品

リサイクルセンター

リサイクルセンターに送られた使用済み製品やカートリッジは、分解・分別され、リユースするものとリサイクルに回すものに分けられます。リユース対象の部品やユニットは、再生センターに送られ、新製品や再生製品に組み込まれます。リサイクルに関しては、最終処分量の削減を目指し、再資源化率99%以上を達成しています。

リサイクルセンターの全国拠点

リサイクルセンターの全国拠点