Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcumbs

Share

Main content

リコーサステナブルプロダクツプログラム(RSPP)

リコーサステナブルプロダクツプログラム(RSPP)

“地球にやさしい、人にやさしい”を両立したサステナブルプロダクツの認定制度

リコーグループはビジネスを通じて生み出す新しい価値の提供により、持続可能な社会の実現に貢献していくという意志を示した新たな活動スローガン「Driving Sustainability for Our Future.」のもと、サステナビリティの向上に総力を挙げて取り組んでいます。
2016年4月、よりサステナビリティ向上に貢献する製品・サービスをお客様にお届けしていくため、全世界で「リコーサステナブルプロダクツプログラム」を開始しました。これは、「地球にやさしい(環境配慮)」と「人にやさしい(使いやすさ、快適性、CSR)」という視点でリコーの製品・サービスを独自の指標に基づき評価・改善する仕組みです。技術開発の促進による更なるサステナビリティ向上、そしてお客様への提案力向上に役立てていくことを目的としています。各製品・サービスの評価にあたっては、 ①省エネ ②省資源 ③汚染予防 ④CSR ⑤快適性 ⑥使いやすさの6つの評価軸について製品群ごとに基準を設け、前身機との比較を行います。その評価結果によって「サステナブルプロダクツ」、特に優れている製品を 「サステナブルプロダクツPremium」として認定します(認定条件詳細はこちら)。
今後、このプログラムを有効に活用し、2020年までにすべての製品で「サステナブルプロダクツ」基準適合を目指したものづくりをおこないます。
リコーグループは、すべての企業活動の基礎となる考え方「リコーウェイ」の中で「私たちの使命」として「世の中の役に立つ新しい価値を生み出し、提供しつづけることで、人々の生活の質の向上と持続可能な社会づくりに積極的に貢献する」と掲げています。この「私たちの使命」を果たすべく、独自の厳しい基準を設け、自ら認証する「サステナブルプロダクツプログラム」を運用していきます。

サステナブルプロダクツの体系
基準適合製品比率の推移目標