Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

製品への取り組み:汚染予防 -規制への対応-

化学物質の影響を最小限に抑える社会を目指し、JAMPと連携

  • グローバル/リコーグループ

欧州における化学物質規制であるREACH規則*1の影響はサプライチェーン全体におよぶため、川上、川中に当たる素材・化学品、部品メーカーは、複数の取引先から個別に情報提供を求められることになります。その際に、共通のルールや書式、データベースなどがあれば、サプライチェーン全体で化学物質情報を効率よく、円滑に伝達・開示することができます。アーティクルマネジメント推進協議会(Joint Article Management Promotion-consortium:JAMP)は、アーティクル*2に含まれる化学物質情報伝達の仕組みを業界横断でつくり、普及させることが産業の競争力向上につながるとの認識のもとに発足した組織で、電機、化学、精密機器などのメーカーが参加する、世界初の業界横断的な取り組みと言われています。
JAMPの主な活動は、製品含有化学物質情報を伝達するための基本的な情報伝達シートである「MSDS plus」や「AIS」*3の提供と普及であり、タイ、マレーシア、韓国及び台湾の政府系機関とJAMP活動に関する基本覚書を締結するなど、これらの情報伝達シートの国際的な普及とサプライチェーンのグローバル化への適切な対応を目指しています。リコーは、発足当初からJAMPの理念に賛同して発起人企業の1社として参画し、JAMPの事業企画実行委員会や国際化企画実行委員会などで、組織の運営実務サポートとシステムの国際的整合性の向上に協力しています。
また、産業環境管理協会が運営するグローバルポータルシステム(JAMP-GP)には、各メーカーのもつ化学物質情報を登録及び共有できる仕組みが構築されていますが、これによりメーカーは個別の情報提供システムを構築する必要がなくなり、効率的に規制に対応できるようになりました。
リコーグループでは、独自のサプライヤー情報伝達インフラである「Ravender-Net」とJAMP-GPの両方をサプライヤーとの情報伝達基盤として使用可能としており、今後も、自社の情報伝達活動およびJAMPと連携した活動を通じて、化学物質による環境への影響を最小限に抑える社会づくりに貢献していきます。

JAMPによるアーティクルの化学物質情報伝達システム
画像:JAMPによるアーティクルの化学物質情報伝達システム

AIS(Article Information Sheet)
JAMPが推奨する製品含有化学物質情報の基本的な情報伝達シート。アーティクルの「質量」「部位」「材質」「管理対象法規に該当する物質の含有有無・物質名・含有量・アーティクル当たりの濃度」などの情報を記載し、ダウンストリームユーザー(DSU)に伝達するために使用されます。
「MSDS」や「MSDS plus」で化学物質情報を入手したDSUは、アーティクルに含有される化学物質の情報を自社での加工による物質変化を反映させて変換し、AISで、さらに川下のDSUへ伝達します。複数の部品から構成されるアーティクルのAISは、それらの部品のAISを複合化することで作成できます。
AISは、アーティクルの生産過程で使用され、残留する可能性がある「管理対象法規に該当する物質の情報」を途切らさずにサプライチェーンの川下側に伝達することを求めているところが特徴です。MSDSplusから部品のAISへ、さらに複合化されたAISへと構成または含有物質に関する情報を、業種業態を超えてつなぐツールとして使用することで、JAMPが提唱する仕組みを実現します。