Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

事業活動での取り組み:汚染予防 -アスベスト・PCB-

アスベスト・PCBについて

  • 日本/リコーグループ

リコーグループの事業所や設備に使用されているアスベストは、レベル3までの調査を対象としています。2010年度にはリコー内22サイトについて、レベル3までのより詳細な調査を実施しました。飛散防止対策を施し、周辺の地域住民・従業員を含め、人体に影響がないレベルにあることを確認しています。今後も計画的に改善・除去を進めていきます。
PCBについては、保有するPCB含有製品を調査し、法令に基づく管理を行っています。

PCB廃棄物の保管状況と処理について

  • 日本/リコーグループ

リコーグループでは、各事業所で保管しているPCBを含むコンデンサや蛍光灯安定器などの電子機器や感圧複写紙のPCB廃棄物を漏洩しないよう、密閉容器などに入れ、定期的に点検を行い、適正に保管しています。高濃度PCB廃棄物の処理について、リコーグループでは、2008年度より処理を開始しています。
今後も、中間貯蔵・環境安全事業株式会社の処理施設の稼働状況にあわせて、順次、処理を実施していきます。
低濃度PCB廃棄物についても、2012年度より処理を開始しています。

PCB保管状況について