Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

環境データ -パフォーマンスデータ【汚染予防】-

補足説明

大気汚染物質のVOCのデータは2012年度以降第三者検証を受けています(2017年度はSGSジャパン株式会社による検証が行われ、検証範囲は100%) 。
VOC以外の実績データは、第三者検証の対象外です。

環境影響化学物質

データ収集範囲:リコーグループ生産関連事業所

環境影響化学物質の使用量・排出量推移
画像:環境影響化学物質の使用量・排出量推移

  • 18次環境行動計画より、グループ内で使用量が多い化学物質群の実数管理に変更しました。

PRTR対象物質

[国内]

データ収集範囲:株式会社リコー(生産事業所)、国内生産関連会社

  単位 実績
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
取扱量 t 1590.2 1814.2 1450.2 1389.3 1531.9
売上原単位 kg/億円 166.8 216.0 190.4 181.0 191.5
排出量 t 99.4 222.1 217.8 207.5 215.1
売上原単位 kg/億円 10.4 26.4 28.6 27.0 26.9
移動量 t 66.5 87.2 81.1 77.5 72.8
売上原単位 kg/億円 7.0 10.4 10.7 10.1 9.1

Tap to see the table

[海外]

データ収集範囲:海外生産関連会社

  単位 実績
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
取扱量 t 48.6 41.4 36.9 37.1 41.1
売上原単位 kg/億円 3.8 3.0 2.5 2.9 3.3
排出量 t 0.8 0.8 0.6 1.1 0.5
売上原単位 kg/億円 0.06 0.06 0.04 0.09 0.04
移動量 t 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
売上原単位 kg/億円 0.00 0.00 0.00 0.00 0.00

Tap to see the table

[全体(国内+海外)]

データ収集範囲:株式会社リコー(生産事業所)、国内外生産関連会社

  単位 実績
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
取扱量 t 1638.9 1855.7 1487.1 1426.4 1573.0
売上原単位 kg/億円 73.3 83.1 67.3 70.3 76.2
排出量 t 100.1 222.9 218.4 208.6 215.5
売上原単位 kg/億円 4.5 10.0 9.9 10.3 10.4
移動量 t 66.5 87.2 81.1 77.5 72.8
売上原単位 kg/億円 3.0 3.9 3.7 3.8 3.5

Tap to see the table

  • 日本のPRTR法対象物質の第1種、および、特定第1種について集計しています。

PCB

データ収集範囲:国内リコーグループ(2018年3月31日現在)

保管対象 単位 保管量
コンデンサ類(10kg以下含む) 台数 6
蛍光灯安定器 台数 2,955
感圧複写紙 kg 130
その他機器 台数 11
PCB汚染物 kg 29

Tap to see the table

大気汚染物質

データ収集範囲:リコーグループ生産関連事業所

  単位 実績
2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
SOx t 3.6 3.4 2.9 4.4 3.5
NOx t 58.9 60.1 64.2 70.5 65.3
VOC*1*2*3 t 389 396 433 580 585

Tap to see the table

  • *1 電機・電子4団体では自主行動計画として20物質の揮発性有機化合物(VOC)の排出量削減を策定しました。リコーグループもこの活動に参加し、VOC排出量削減を進めています。
  • *2 物質ごとの年間取扱量1t以上の事業所を集計対象としております。
  • *3 2016年度値には、リコーインダストリー御殿場RRセンターの値が含まれております。リコーインダストリー御殿場RRセンターの2015年度(2015年8月~2016年3月の期間)の量は3tとなります。

地下水汚染の状況

データ収集範囲:リコーグループ(2017年度)

事業所 地下水汚染調査の契機 地下水汚染対策対象物質 濃度
(mg/L)*1
目標値
目指している基準の名称 左記の基準値
(mg/L)
国内 リコーエレメックス
(岡崎)
自主的な調査*2 トリクロロエチレン 0.20 地下水環境基準(地下水の水質汚濁に係る環境基準:環境基本法) 0.01
カドミウム 0.170 0.003
六価クロム 1.40 0.05
リコーエレメックス
(恵那)
自主的な調査*2 1.2-ジクロロエチレン 0.09 0.04
トリクロロエチレン 0.18 0.01
六価クロム 0.25 0.05
ふっ素 3.9 0.8
大森事業所 自主的な調査*2 トリクロロエチレン 0.05 0.01
リコーインダストリアルソリューションズ (花巻) 自主的な調査*2 1.2-ジクロロエチレン*3 0.10 0.04
トリクロロエチレン 0.20 0.01
テトラクロロエチレン 0.20 0.01
クロロエチレン 0.009 0.002
砒素 0.02 0.01
海外 リコーインダストリーフランス(フランス) 自主的な調査*2 テトラクロロエチレン

0.25

Each master plan for improvement and water manegement (Prefectural Authorization to operate Order) 0.01
リコーエレクトロニクスアーバインプラント(アメリカ) 法令に定められた調査 テトラクロロエチレン 1.8 EPA Regulation 0.1

Tap to see the table

  • *1年度の平均値が最も高い地点の数値
  • *2リコーグループ標準に定める自主的な調査
  • *3RINS花巻はcis-1,2-ジクロロエチレンの値を表記
  • 地下水目標値を超えている事業所のみを記載しています。
  • 国内外5事業所で地下水基準を超えていない軽微な汚染があります。