Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

環境経営のここが疑問!そこが知りたい!Q&A

リコーグループの環境経営のコンセプトであるコメットサークルや長期環境ビジョンについて特集した環境経営Webサイト内のスペシャルサイトをご覧になった皆様からご意見やご質問をいただきました。
その中で、リコーグループの環境経営について数多く寄せられたご質問を抜粋し、お答えいたします。

コメットサークルについて

使用済み製品の回収はどのように行っているのか?
回収やリサイクルのコストやエネルギーがたくさんかかるのではないでしょうか?

オフィス機器は、販売と回収が一体となったリース販売という形態が中心であるため、製品の販売時に使用済み製品の回収を行っております。
また、回収やリサイクルを効率的に行わなければ、コストやエネルギーがかえって増えてしまうというのは、ご質問のとおりです。
リコーグループでは、1990年代初頭より、機器の再生を前提として製品に リサイクル対応設計を施すとともに回収リサイクルネットワークの構築などに取り組み、さらに、それらの仕組みを継続的に改善しているため、環境負荷がより小さく、経済的にも成立するリサイクルが実現しています。


複写機を購入する際、私たち消費者は新製品とリサイクル製品のどちら選べば環境に良いのでしょうか?

機器製造時の環境負荷は、原材料である資源と製造に必要なエネルギーに大きく分けられます。資源の側面から考えれば、リサイクル製品の方が環境負荷は小さくなります。
また、製造時のエネルギーについては、機種により消費エネルギーが異なるため、一概には言えません。
また、使用時の環境負荷については、旧式の製品と比較して、新製品の省エネ性能が大幅に進んでいる場合は、使用時の電力の環境負荷が大幅に小さくなります。
このような場合は新製品に買い換えた方がトータルの環境負荷が小さくなるでしょう。


顧客が機器を頻繁に買い替えて、消費を繰り返さなければ、メーカーとしては経営的にやっていけないのでは?

石油や金属などの資源枯渇問題を踏まえると、これからの社会では資源の大量消費を伴うビジネスモデルは持続可能でないとリコーは考えています。
お客様のニーズの本質は、必ずしも新しい資源を消費することではありません。新製品でもリサイクル製品でも、あるいは、リユース部品を内蔵した製品であっても、お客様のニーズを満たす品質であればご納得いただけるはずです。
将来的には、お客様は機器を一度購入したら、その後、機器自体を買い替えることなく、中身のシステムや機能を買い替える(バージョンアップする)ことで、最新の機能がご利用いただけるスタイルが当たり前になるでしょう。
オフィス事業は、今、物を販売するという従来のビジネスモデルから脱却し、サービスを提供するビジネスへと転換していくべき時を迎えているとリコーは認識しています。


コメットサークルによるリサイクルの取り組みは、リコーだけでなく他のメーカーも一緒になって行った方が効率がよく、効果も大きくなるのでは?

リコーでは、使用済み製品を原材料に戻して再利用するのではなく、なるべく形を変えずに部品や製品として再使用することが経済的にも環境負荷的にも最もよいリサイクルであると考えていますので、製品を製造したメーカーが自ら製品を回収して行うリサイクルを推進しています。
一部の部品や地域については、オフィス事業数社による共同回収も行っており、一緒に進めるべき部分と個別に進めるべき部分を明確にしています。

環境目標について

なぜ、2050年をターゲットにして環境目標を立てているのでしょうか?

地球環境保全はやり直しのきかない課題であり、短期的な視点で活動していては成果が得られにくいと考えているからです。着実に成果を上げていくためには、まず地球環境と人間社会の将来における「目指す姿」を描いた上で、その実現に向けた通過点としての目標を設定し活動を進めていく必要があります。
リコーグループでは、目指す姿に向けた通過点として2030年、2050年の環境目標を設定し3年毎の環境行動計画を策定し環境経営を進めています。地球環境と人間社会の未来に貢献するため、リコーグループは、長期的なビジョンと明確な目標を持って活動していきますが、この目標を達成するには、リコーグループの努力だけで達成することは困難です。社会インフラのさらなる効率向上、仕入先企業、お客様、リサイクル事業者による一層の取組みが必要となります。リコーグループは、事業活動に関わる全てのパートナーと連携を深めながら、目標の達成、社会全体の環境負荷削減に貢献していきます。

●リコーグループでは、環境経営についての皆様のご意見やご質問をお待ちしています。
http://www.ricoh.com/ecology/contact/