製品安全活動基本方針

<製品安全基本方針>

製品安全は顧客満足(CS)の基本条件である。そのため、リコーグループ各社は製商品に関わる全ての人々の生命、身体、財産を尊重することを基本とし、関連部門が英知を集め、一致協力して活動を積極的に行い安全性に優れた商品を提供する。



<製品安全活動行動指針>

1. 法令の遵守
リコーグループ各社は、消費生活用製品安全法その他の製品安全に関する国内外の諸法令に定められた義務を遵守する。

2. 製品安全確保の企業文化の確立
リコーグループ各社は、製品安全管理体制の継続的な改善を行うことにより、「顧客満足」、「製品安全の確保」の企業文化を確立・維持する。

3. 製品安全を確保するための管理体制の構築
リコーグループ各社は、法令で定められた安全基準に加え、独自の安全基準を整備し、製品の全てのライフサイクルにおいて、常に適正な安全性管理を行い、継続的な安全性向上に努める。

4. 製品事故情報等の収集と開示
リコーグループ各社は、製品に関わる事故について、その情報をお客様等から積極的に収集するとともに、お客様等に対して適切な情報提供を行なう。

5. 製品事故への対応
リコーグループ各社は、製品事故が発生したときには、法令に基づき、迅速に監督官庁等に報告を行なうとともに、不慮の製品事故に関し、必要と認められるときには、製品の回収など危害の発生・拡大の防止措置を講ずる。

6. 誤使用等による事故防止
リコーグループ各社は、お客様に商品を安全にご使用いただくため、取扱説明書、製品本体等に誤使用や不注意による事故の回避に役立つ注意喚起や表示を行う。

7. 製品安全教育の実施
リコーグループ各社は、安全性向上に向けた教育・研修を実施する。

Close