Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

危険な作業を機械化し、
より安全で効率的な
点検作業を実現
危険な作業を機械化し、より安全で効率的な点検作業を実現

ドローンを利用した
構造物検査・点検

高所にある橋梁の現状をドローン+カメラで可視化

国や自治体にとって、橋梁などの構造物の老朽化が大きな社会問題となっています。しかし、その安全維持のための検査には、高所作業の危険が伴うことに加え、検査員の人手不足や予算不足も喫緊の課題です。
このような課題を解決すべく、人に代わってカメラを搭載したドローンを活用する実証実験をはじめました。カメラを搭載した球殻(きゅうかく)ドローンは、点検対象となる構造物から適切な距離を保ちながら、安全に橋梁の床版や支承部の接写(マクロ)撮影を行うことができます。これまでは見ることができなかったものを可視化し、人手に頼らざるを得なかったことを機械化することで、点検作業の負荷を軽減し、検査員の安全を確保するとともに、人員や予算問題の解決に挑戦しています。

オフィスワークも省力化

公共構造物点検は、実地検査後も、事務所での損傷個所の抽出や報告書作成など煩雑な作業が続きます。リコーの橋梁点検支援は、最新の画像処理技術を駆使して、オフィスワークの大幅な負荷低減も図っています。
このシステムでは、撮影画像を自動的に3次元で復元し、点検する部分を俯瞰できるパノラマ画像を生成。損傷個所の特定と損傷程度の判定を容易にします。さらに、点検要領に沿った報告書の自動作成化も支援し、作業時間を大幅に削減する上、報告品質のばらつきもなくします。球殻ドローンの構造物検査への活用は、トンネル、超高層建造物、プラント施設など、橋梁のみにとどまりません。
リコーはこれからも、公共構造物点検のトータルソリューションの提供を目指していきます。

画像:公共構造物点検システム

研究開発

公共構造物点検システム

より安全で効率的な橋梁点検を支援する球殻ドローン