Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

効率的な舗装の点検技術で、
社会インフラをより安全に
効率的な舗装の点検技術で、社会インフラをより安全に

路面の状態を
効率的にモニタリング

維持管理の負荷を軽減

経済活動や地域生活を支える社会インフラの老朽化が進む一方で、その維持管理にかかる体制や技術者等が十分ではありません。リコーは、最も身近な存在である道路の維持管理の負荷を減らすソリューションとして路面性状モニタリングシステムを開発しています。
現状、計測に使われている大型の専用車は、費用面や、生活道路まで入れないなどの問題を抱えています。リコーが開発している路面性状モニタリングシステムは、複数のステレオカメラのみで構成されたコンパクトなシステム。一般車両に搭載することができ、生活道路の測定も可能です。また、撮影から調査結果作成までの業務プロセスを自動化することで、大幅に工数を削減できます。測定作業の負荷を軽減し、実施水準の向上を目指しています。

現場の人手不足を解消

現状の社会インフラの点検作業は、目視点検によるものが多く、人員不足の問題により質の低下、実施頻度の縮小を招いています。路面性状モニタリングシステムでは、これまでの人の目視による判定工程から、AIによる機械学習によるモデルへ置き換えたことで、判定作業の効率と精度を大幅に向上させました。さらに、測定結果から舗装状態を地図上にマッピングして、路面性状を可視化することができ、より効率的で迅速な判定が行えるようになります。
リコーは、より安全で快適な社会環境を実現するために、機能面・費用面からインフラ維持管理の課題解決に取り組んでいます。

画像:路面性状モニタリングシステム

研究開発

路面性状モニタリングシステム

ステレオカメラの情報で、「ひび割れ率」、「わだち掘れ量」、「平たん性」(縦断凹凸量)の3要素の計測を実現。