Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
ここから本文です

業績

グループ連結売上高、約2.2兆円。海外売上比率、約65%。オフィスにおける生産性を高め、新たなワークスタイルを実現する機器とソリューションを提供する企業として、グローバルにビジネスを展開しています。

詳しくはこちら

過去10年間の業績推移

  • 売上高
  • 海外売上高比率
  • 営業利益
  • 税引前利益
  • 当期利益
連結売上高
--
--
  • 海外
  • 日本
*2014年3月期より国際会計基準に準拠し、親会社の所有者に帰属する当期利益となっております。
海外売上高比率
--
2016年3月31日現在
--
営業利益
--
--
税引前利益
--
--
当期利益
--
--
*2014年3月期より国際会計基準に準拠し、親会社の所有者に帰属する当期利益となっております。
Prev
01
09
Next

ビジネスの領域を拡大

リコーは複合機(MFP)の販売だけでなく、ソリューション・サービスの提供にも事業領域を拡げてきました。近年では、プロダクションプリンティング市場や産業分野、およびアディティブ・マニュファクチャリング、まちづくりなどへも参入。ビジネスの領域を広げながら、成長を続けています。現在では、売上高においては2兆円規模を超え、海外売上比率は65%以上に達しています。

詳しくはこちら

株主の皆様への還元

中長期の連結配当性向30〜50%を目標に、安定的な配当を。

企業体質を強化し、新事業のスタートに必要となる内部留保を確保しています。株主の皆様への利益還元については、中長期的な連結配当性向30〜50%を目標に掲げ、安定配当に努めています。さらに経営目標を着実に達成することで企業価値を高めてまいります。

1株当たり当期純利益/1株当たり配当金

  • 1株当たり当期純利益
  • 1株当たり配当金

*対象期間は4月1日から3月31日までの12ヶ月となっております。