Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
ここから本文です

事業分野

基盤事業である「画像&ソリューション分野」をさらに強化しています。「産業分野」「その他分野」などにおいてもリコーの強みを活かしながら、事業の拡大をはかっています。

画像&ソリューション分野

複合機 (MFP) やプリンターといった、オフィスや商業印刷で用いられる画像機器。これらを中心として、幅広いラインアップを取り揃えています。各種ソフトウエアや関連消耗品、ネットワーク環境の運用支援、ユーザーサポートなどもご提供。双方を組み合わせたトータルソリューションで、お客様の課題を解決しています。

オフィスイメージング

 複合機

 プリンター

プロダクションプリンティング

 プロダクションプリンター

ネットワークシステムソリューション

 インタラクティブホワイトボード

 プロジェクター

 テレビ会議システム

産業分野

サーマルメディア、光学機器、半導体、電装ユニット。これら産業向け製品を製造・販売しています。お客様ニーズを先取りしながら複写機やカメラを開発することで培ってきた画像処理技術や光学技術を最大限に活かせるのが、この産業分野です。

 サーマルメディア

 ステレオカメラ

 電子デバイス

その他分野

デジタルカメラ、全天球カメラ、時計などを製造・販売しています。関連会社によるリースや物流なども行っています。

 デジタルカメラ

 全天球カメラ

 時計

新たな価値提供

アディティブ・マニファクチャリング事業

RICOH Rapid Fab

設計業務において20年以上に渡り、3Dプリンターを活用してきた実績。試作や金型加工などの技術を活かすプロの視点。これらを元に3Dプリンターを軸とした、ものづくりの現場におけるイノベーションを支援しています。その一環としてイノベーション拠点「RICOH Rapid Fab」を開設。コンサルティング、設計、造形サービスを展開中です。

詳しくはこちら

環境事業

リコー環境事業開発センター

環境を機軸とした新規事業を生み出すこと、およびその拡大を目的として「リコー環境事業開発センター」を開所しました。

「リユース・リサイクルセンター」
「環境技術に関する実証実験の場」
「環境活動に関する情報発信の場」
の3つの機能を併せ持ちます。

「お客様とともに進化する環境経営」の実現に向けて、環境事業で2020年度に1,000億円規模の売上を目標としています。

詳しくはこちら

まちづくり事業

RICOH Future House

新しいまちづくりを支えるソリューションやサービスを提供することで、地域社会の発展と成長に貢献しています。その一環として、神奈川県海老名市に商業施設「RICOH Future House」を開設。ここでは小・中学生向けにリコーの技術などとノウハウを活かして科学を好きになる体験教室を開催。将来のものづくりを担う科学者や技術者の育成をサポートしています。

詳しくはこちら

ヘルスケア事業

脳磁計

医療機関に向けて、基盤事業であるプリンティングシステムやドキュメントのソリューションを提供しています。2016年4月、横河電機株式会社から脳磁計*1 事業を継承。ヘルスケア分野へと本格的に参入しました。

*1 脳の神経活動により生じる生体磁気を計測する装置

詳しくはこちら