Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

複合機のアクセシビリティ

複合機のアクセシビリティ

  • 見やすい画面
  • 引き出しやすいトレイ
  • 手が届く原稿セット
  • 動かせる操作部
  • 判断しやすいランプ
  • 片手で可能トナー交換
  • わかりやすい音
  • マニュアルの読み上げ

見やすい画面
  • 弱視や色弱の方に有効な機能です。
  • 高齢の方への使いやすさを意識した機能です。

簡単画面

操作パネルの主要項目の文字高を5mmにするほか、「キー色反転」で操作パネルのボタン色の諧調の反転ができるなど、高齢者や弱視・色弱の方にも見やすいように配慮しています。
また、機能を絞り込み、操作を単純化した「簡単画面」機能も搭載しています。

画像:簡単画面

※簡単画面表示 キー色反転時。

引き出しやすいトレイ
  • 手の力が弱い方や義手を利用されている方に有効な機能です。
  • 車椅子を利用されている方などに有効な機能です。
  • 高齢の方への使いやすさを意識した機能です。

上下アクセス取っ手と軽い引出し力

握りやすく、順手でも逆手でも操作が可能な給紙トレイ。少ない力で引き出すことができるためかがみ込む動作も少なくなり、楽に用紙の補給ができます。

※トレイの引き出しの軽さは機種により異なります。

画像:上下アクセス取っ手と軽い引出し力

手が届く原稿セット
  • 車椅子を利用されている方などに有効な機能です。

座ったままでラクラク操作

複合機本体の高さを低くすることにより、車椅子の方でも原稿セットや操作を簡単に行なえます。また、ドキュメントフィーダーハンドルを使えば、高い位置にあるARDF(自動原稿送り装置)をラクに下げることができます。

画像1:座ったままでラクラク操作

給紙テーブル、キャスターテーブルを装着
すると、本体の高さを低くして設置可能

画像2:座ったままでラクラク操作

軽い力で操作できるドキュメントフィーダーハンドル

動かせる操作部
  • 手の力が弱い方や義手を利用されている方に有効な機能です。
  • 車椅子を利用されている方などに有効な機能です。
  • 高齢の方への使いやすさを意識した機能です。

操作部チルトと操作キー

操作部の角度を動かせるようにすることで、車椅子の方にも見やすく、簡単に操作できるようにしました。また、文字も見やすいオリジナルユニバーサルフォントを採用しています。

画像:操作部チルトと操作キー

判断しやすいランプ
  • 弱視や色弱の方に有効な機能です。
  • 高齢の方への使いやすさを意識した機能です。

誰にも識別しやすいLEDランプ

スタートボタンや機能選択ボタンの使用可を示す緑LED、待機中の赤LEDの表示位置を分離することにより、色弱者にも容易に識別することが可能になりました。また、LEDランプは、色弱者にも判別しやすい色調を採用しました。

画像:誰にも識別しやすいLEDランプ

※ランプの表示状態は撮影用のイメージです。
※全ての色弱の方が写真と同様に見えるとは限りません。

CUD対応印刷モード

プリンタードライバーに「CUD印刷モード」を搭載。
「カラーユニバーサルデザイン対応印刷」を選択すると、色弱者にも見やすい色味に変換して出力されます。

画像:CUD対応印刷モード

  • ※色弱の方にとって見分けづらい色味を変換するので、色によって変化がない場合があります。また、本来のデータの色と出力結果の色が大きく異なる場合があります。
  • ※全ての色弱の方にとって、効果が確認できると保証するものではありません。
  • ※対象ドライバ:RPCSドライバ、PCL6ドライバ、PS3ドライバ

片手で可能トナー交換
  • 手の力が弱い方や義手を利用されている方に有効な機能です。
  • 車椅子を利用されている方などに有効な機能です。
  • 高齢の方への使いやすさを意識した機能です。

片手で交換可能なトナーボトル

画像:片手で交換可能なトナーボトル
※トナーボトル形状は機種によって異なります。

取り出しやすいつまみのついたトナーボトル形状により、片手でも簡単にトナー交換を行なうことが可能です。
また、各ボトルの形状は色により異なるため、交換の際にボトルの場所を間違えて入れる心配もありません。

わかりやすい音
  • 弱視や色弱の方に有効な機能です。
  • 高齢の方への使いやすさを意識した機能です。

加齢変化に対応した報知音と音圧

高齢の方にも聞きとりやすい報知音パターンと音圧を採用しました。

画像:加齢変化に対応した報知音と音圧

  • 注釈:正しく使用することを目的に製品から発せられる音を報知音と言います。
  • 注釈:(社)ビジネス機械・情報システム産業協会JBMIA規格 JBMS-71事務機器-報知音-準拠

マニュアルの読み上げ
  • 弱視や色弱の方に有効な機能です。

操作マニュアルやプリンタードライバーの読み上げ

画像:操作マニュアルやプリンタードライバーの読み上げ

視覚に頼らずパソコンからの印刷ができるように、HTML版マニュアルやプリンタードライバーをPC画面読み上げソフト*対応にしました。

  • *95ReaderやJAWSなどの市販品(ソフトの特性により、一部正しく読み上げできないことがあります)
  • 補足:Web Image Monitor、ユーティリティーソフトは一部未対応です。

日本工業規格 JIS X8341シリーズについて

X8341の一連の規格は、高齢者や障がい者及び一時的な障がいのある方に対応した日本工業規格(JIS)です。Xは情報分野の規格、8341は規格番号をそれぞれ示しています。工業標準化法においては、国及び地方公共団体は、調達の仕様を定める際にはJIS規格を尊重することとされています。

  • 工業標準化法(抄) (日本工業規格の尊重) 第六十七条 国及び地方公共団体は、鉱工業に関する技術上の基準を定めるとき、その買い入れる鉱工業品に関する仕様を定めるときその他その事務を処理するに当たつて第二条各号に掲げる事項に関し一定の基準を定めるときは、日本工業規格を尊重してこれをしなければならない。
  • 障害者基本法の改正 2004年6月に改正された本法では、情報利用等に関する条文において、障がい者の情報利用の便宜により一層配慮することが強く求められています。改正後、行政や事業者は法的な面からも、情報のバリアフリーへの配慮が必須となりました。

米国リハビリテーション法508条(Section 508 of the Rehabilitation Act)について

2001年6月21日に米国で改正施行された連邦政府委員に課せられた法律の調達基準に関する法律。連邦政府が購入するIT機器やソフトウェアは、障がい者が使用可能なものでなければならないという規則です。